月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『夜行観覧車』 湊かなえ・著  関西弁で書けばいいのに!

<<   作成日時 : 2012/01/27 18:54   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像



内容紹介

父親が被害者で母親が加害者--。
高級住宅地に住むエリート一家で起きたセンセーショナルな事件。
遺されたこどもたちは、どのように生きていくのか。
その家族と向かいに住む家族の視点から、
事件の動機と真相が明らかになる。
『告白』の著者が描く、衝撃の「家族」小説。




読後感が悪いので、この作者さんの本は私には合わないかな〜
とこの前、思ってたけど、5月に図書館で予約してたのが9ヶ月経って
今やっと届いたので、読んじゃいました(笑)
とても人気がある作品なんですね!


「ちょっと合わないかも」
と思いながらも、この本には引き込まれて、集中して読めました。

この作者さん、嫌なタイプの人間を描くのがやたらと上手なんです。
嫌な人が出てくると、ムカつきながらも
集中して読んでしまうのが、なんか不思議なところですね(笑)

でも嫌な人をこれでもか、これでもか!・・・と、書き過ぎてるような(笑)
作品自体が品が無く思えてくるんですよねぇ (;^_^A


という感じで、面白く読んだ事は読んだけど
この作者さんにしては、謎もないし、どんでん返しもないしで
読み終わったあとは、少し物足りなさがありました。

なんていうか…謎解きでも入れとかないと
こういう話はかなりの文章力でもない限り、難しいように思いますねぇ。

謎解きのミステリー物って、登場人物に難があって
そんな動悸で人殺すわけないでしょ!
という納得のいかなさがあっても
「まぁ、謎解き物だから、こんなもんか」
って思えるんだけど。
(決して謎解き物を下に見てるわけではありません
面白くていい作品はたくさんあります)

この作品はミステリーというわけでもないのに
「そんな事で殺すか?」という気がしちゃいました。
殺人の動機が弱いと思いましたね。

加害者の気持ちを周りが推測するばかりで
加害者自身がどう思っているのかも全く描かれてないし。

推理物にするつもりがないのなら
もっと書き込まないと、文学作品としては読めない…と私は思ったけど。
(文学って、どういうのさ?って突っ込まれると
私も説明できないんだけど…



あと標準語でセリフ書くのって、どうなのかなぁ〜って思いました。
その地方の言葉で書いたほうが絶対に生き生きしていいと思うのに。
標準語って、東京が舞台ならまだいいけど
なんか、硬くて平坦な感じを受けるんだよね。
ドラマのセリフみたいな…棒読みっぽい感じ。

関西出身の芸能人(例えば藤原紀香とか)が標準語のドラマだと
セリフが下手で演技が下手な人みたいに思えたりするじゃないですか。
それが関西弁で話し出すと
急に生き生きとして輝いてる感じがする。
そういうのに、ちょっと似た感じ。

普段東京で使ってる言葉は標準語とちょっと違うし
こんな喋り方してないのになぁ〜みたいな。
変に標準語のままだと、作られたセリフっぽくなっちゃう。
東京で暮らしたことがない作家さんの書く標準語って
けっこうみんなそういう印象が強いんだ。
この作者さんは広島出身で、兵庫県在住みたいだし
テレビから流れてくる標準語しか聞いた事がないんじゃないかなぁ。

絶対に関西弁とか広島弁で書いたほうが
もっとセリフが生き生きとして、ガツンと来ると思うんだよね。
そういうところが、少し気になっちゃった。

(宮本輝…っちゅう、ダンディーなオッチャンが書く関西弁は
胸にキュンキュン来て、最高だ
あっ、宮本輝…みたいな本が『文学』って気がする…)




医師の父親が殺されたところは
2006年に起きた奈良の少年事件を思い出しました。
少年の継母と異母弟妹の3人が遺体となって発見された
「奈良エリート少年自宅放火事件」です。
少年が医師になる事を強く望んでいた父親から
暴力を受けながら勉強させられていた少年が起こした事件でした。

そこから、ちょこちょこと、借りてる部分もあるんだろうなぁ…と思いました。


あと高級住宅地に無理して住んでる別の一家が出てくるんだけど
「あれ?最近、こんな感じの人がいたなぁ〜なんだっけ?」
とよくよく思い出してみたら
角田光代の『森に眠る魚 』の登場人物の繭子だった。
結局、無理して自分の経済力以上の場所に住んでも
いい事が全くないよ、、、という話でもあるんですね。


嫌な人が多かったからイライラしたし
読後、物足りなさが残ってしまいましたが
父親を殺された3兄弟が、この先 どんな困難にも立ち向かって
力強く生きていきそうな雰囲気で終わってて良かったな
と思いました。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ルナさん、本日二度目です(笑)本当にルナさんのあらすじ説明いいですねN今日は新幹線の中でずっと本のカテゴリーを読ませて頂いてましたよ。読んでみたいな…と思う本が結構有りました。 まだまだ本のカテゴリーも読み終えてませんので次はどんな本が出てくるんだろ?って楽しみですU後、何かKISSの質問にきちんと答えて居なかった様な気がして…小学校3年生の時に大好きになってフアンクラブにも入っ てましたよ♪武道館へは姉と行きたかったんですが(二人居るんです…)二人共ベイシティローラーズのフアンではっきり言ってKISSは毛嫌いしてました(笑)だから一人で行くしか無くて…親父が結構、粋な人で「一人で行って見ろ!どうせなら飛行機で」って感じで、結局一人で行ったんですよU伯母さんが居たんでその娘さんに武道館迄連れてって貰いました。ちなみにそのお姉さんは確かクィーンのフアンだったな〜。LIVEはもうそれはそれは感動でしたよニ大音響に花火は上がるはギターは燃えるはm。でもあの感動は忘れません… 何か話し長くなってすみませんFちなみに自分はリードギターのエースが大好きでしたcoイクなんですが今は手元には無いんで…気分だけでもと、昔着てたエアロレザーのハィウェイマンをタンスから出しました(笑)そして「すごいよマサルさん」って最初読んだ時最高でしたねDあの意味の無い笑い!確か何巻迄か買ってたと思うんで本棚を探して見ますaおやすみなさい…
しんじ
2012/01/28 00:21
■しんじさん

おお
ご愛読ありがとうございます(笑)

本の感想・・・
どんな事書いたっけかなぁ。
私、自分のブログを読み返さないので
書いた内容って、忘れちゃうんですよね

本は前にも言ったけど、自分でお金出して
買ってたら、もっと文句多くなってると思います (;´▽`A``

それから、ブログを始める前までに
読んでる本で、「これは絶対にお薦め!」的な
すごく面白い本がけっこうたくさんあったんだけど
何が面白かったのか、忘れちゃってて!(笑)
本の感想は直後に書かないとダメですねぇ。

KISSの事、よ〜くわかりました!
なんか小粋なお父さん、GOOD
お姉さん達はベイシティーローラーズだったんだ!
いとこのお姉さんが大好きでポスターとか貼ってあったなぁ。
大人気でしたよね!
しんじさんのいとこのお姉さんはクイーンだったのね〜!
うちのダンナさんはクイーンも大好きなんですよ。
私も好きになりました!

小学4年生で、KISSの洗礼を受けてるなんて
かなりすごいですよね。
バイクが好きな男の人って、いつまでも若々しくて
生き生きしてる人が多いですよね。
バイクに乗ると脳が若返るという研究結果が
出てるらしいですが。
気分だけでも、いいかも!?

「すごいよマサルさん」って、知ってましたか!あはは。
そう、なんか最初読んだ時面白かった。
内容はもう忘れちゃったけど!
.ルナ☆
2012/01/29 19:26
この本、とても読んでみたいのですが、地元の図書館では予約が80超えです。よって、予約を諦めていましたが、多少予約数が減ってきたような感じなので、今度予約しようと思います(図書館では10冊購入しているので、夏頃には読めそうです)。
くに
2012/02/09 22:24
■くにさん

やはり人気があるんですね!
夏ごろに読めるといいですね。
ルナ☆
2012/02/10 16:01
先日、市内の移動図書館で見つけて読みました。我が家はこのような家族にならないようにします。殺人の動機が弱い、と、私も感じました。
くに
2012/04/10 20:29
■くにさん

お読みになられたんですね〜
夏前で良かったですね!

くにさんも殺人の動機が弱いとお感じになられたんですね!
全然、心理が説明されてなくって納得出来ないですよね。
こんな事で人を殺してたら
日本中殺人犯だらけになってしまいそうです(笑)
私は出てくる娘さんの性格が嫌でした。

私はもう湊かなえさんの本は読まないかも…
ルナ☆
2012/04/13 10:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
『夜行観覧車』 湊かなえ・著  関西弁で書けばいいのに! 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる