月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『隠蔽捜査(今野敏 著) 』 シリーズ読みました☆ 

<<   作成日時 : 2011/12/09 17:30   >>

トラックバック 0 / コメント 36

画像
『隠蔽捜査』


面白かったです


主人公竜崎は46歳で警察庁に勤め
長官官房の総務課長という役職で
警察官僚のキャリアのエリートです。

規律と秩序を重んじていて
組織のためには個人の思惑を犠牲にせざるを得ないこともあると考えてる人で
周囲は変人だと思ってます。

読んでると、全然変人ではないし、むしろカッコいいんじゃないかと思うんだけど。
なんか侍のような人だなぁ・・・と。
四角四面で丸み無しって感じ。(スクエアなヤツって言うの?)

筋を曲げないところが素敵。
大人の男性なのに、小学生時代に虐められたことをずっと覚えてて
イジイジしてるところも、なんか微笑ましいというか。
基本的にはいい人なので、読んでいて清々しさを感じました。

小学生時代に虐めた相手という伊丹も同じくキャリア官僚です。
伊丹には、虐めた記憶がなく、むしろ竜崎を尊敬していたらしいんだけど。
2人の友情が育っていくところは、感動的です



ドラマでは陣内孝則…
舞台では上川隆也が竜崎を演じてるらしいけど
私は豊川悦司がいいなぁ〜


知的で頑固な雰囲気が竜崎に合ってる気がする。
でもまぁ、背が高すぎて、見た目が若すぎるし、かっこ良すぎだから
こんなエリート、いるわけないでしょ!
って、思うけど・・・(笑)
もっと疲れたおっさんじゃないと感じ出ないよね。

伊丹は誰がいいかなぁ・・・
う〜ん、
阿部(寛)ちゃんとかどうかな?
伊丹のかっこつけが激しい部分を上手く演じてくれそう!

これまた背が高すぎて、いい男過ぎて
「こんな刑事部長がどこにいる!?」
って感じはするけど〜

まぁ、私の中では今後この2人で行かせてもらいます(笑)



画像
『隠蔽捜査 2 果断』

これはもう誰が読んでも面白い作品なんではないでしょうか
シリーズ最高傑作と言えるのでは?

やっぱりなんと言っても竜崎のキャラがいいですよね。

2005年発行の作品で46歳だったので
単純に考えると、竜崎の今の年齢は52歳ぐらいになるのかな。

そのぐらいの年の人ってアニメを全く知らないんでしょうかね?
うちのチャビちゃんが今49歳なので、竜崎は3才ぐらい年上なだけなのに。
チャビはアニメオタク1歩手前ぐらいで、すごく詳しいから
アニメを全く見た事ないとかいう竜崎って、かなりおじさんに思えちゃう。

でも私の高校の時のクラスメイトにも「漫画読んだ事ない」
っていう子いたけどね〜。
「(少女)漫画の読み方がわからない・・・サザエさんなら読んだ事あるんだけど」
って、言われて心底びっくりしたよ。
その子、勉強ばっかりしてたからね。
数学と英語が得意で。


竜崎も子供の頃から勉強ばっかりしてたもんね。(東大法学部卒)
鉄腕アトムは知ってるけど、記憶に残ってないぐらいの認識。

そういう人の息子がアニメに関連した仕事をしたいと言い始めたんですよ。
東大に行って。
今では東大にも「コンテンツ創造科学産学連携プログラム」
なんていう講座があるらしい。

「アニメなんて子供のもの」という認識しかない竜崎に
息子は名作アニメのDVDを見るように伝える。

私は
「そうだなぁ〜竜崎に見せるんなら
『ナウシカ』あたりが、わかりやすくていいんじゃないの?」

と思ってたら、本当にナウシカだった!
次に息子が勧めていたのは『攻殻機動隊』だったな。
両方ともタイトルは出してなかったけど。

弱気になってる時に『ナウシカ』を見て
勇気がわいて、血が熱くなってくるところ・・・
良かったですね!
おじさんでも『ナウシカ』を見て、戦う気力が戻ってくるんですね。
感動的!

すごく面白い一冊でした




画像
『隠蔽捜査 3 疑心』

あの朴念仁で唐変木の竜崎が部下の美人キャリアを好きになってしまうのです。
かなわぬ恋に苦しむ姿が、なんか人間的で面白かった。
今や親友とも言えるような間柄となった伊丹に相談するところなんて
内容はほのぼのとはしてないけど、ほのぼのとして来ちゃいましたね。

しか〜し、このダンナさんに奥さんは、よくついて行くよね。
こんなに度量の大きい奥さんって、本当にいるのかな???
家庭の事をまかせっきりで、子育ても手伝わないし
家族に対して何もしてくれないダンナさんに対する奥さんの愛情って
子供が生まれた直後からどんどん下がっていくらしいけど。
(そんなグラフをテレビでやっていた)


この奥さんて、大昔の女性みたいだよね。
武家の奥方みたい。。。

今の50代の女性(小説の中では47歳)で、こんな人いないと思うけど。
この小説にとって、都合のいい奥さんだなぁ〜って感じ。
なんでも我慢して、しっかりしてて仕事に理解があって
文句も言わずにダンナさんを支えてる。

う〜ん、影の大物です。


前回は『ナウシカ』によって救われた竜崎であったが
今回は禅宗の本によって、救われる竜崎であった。

「婆子焼庵(ばすしょうあん)」という禅問答について
じっと考えて、悩みを解決するという・・・
なんとも竜崎らしいやり方。

ようするに「苦しんでいる自分を受け入れて認めれば良い・・・」
という気持ちの問題なんだけどね。

竜崎の人間的な面が、意外な一冊でしたねぇ。


画像
『隠蔽捜査 3.5 初陣』

これは『隠蔽捜査』の『 3.5 』で全て伊丹が主人公の短編集です。
伊丹は伊丹で面白いと思うけど
やっぱり、竜崎にはかなわないなぁ〜。
伊丹だけでは、あんまり魅力ある作品にはならないだろうね。

こうしてみると竜崎って、ものすごいキャラクターだわ。
出てくるだけで面白いんだから。
伊丹がいつもいつも「こいつには、かなわない」
と思ってるのも仕方ない(笑)
いつも颯爽としてるのはうわべだけである伊丹の小心者っぷりがうまく描けていました。

『疑心』の裏話とかも出て来て、面白かったです



『隠蔽捜査』シリーズはただ今『4』まで出ています。
今、図書館に予約して、届くのを待ってます。
楽しみだなぁ






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(36件)

内 容 ニックネーム/日時
鴻泣iさん

相変わらず凄い本の量ですね。うーん、そごいなあと唸っちゃいました。僕は相変わらず読書スピードが遅く、更に古いものに手が行ってしまいます。
新しいのは、「いちばんここに似合う人」著者ミランダ・ジュライ、です。レズの話が多かったです。突然そんな評価はないですよね、でも、読んだのはもう二三ヵ月前だし、内容は大方忘れてしまっていて、でも、面白かったです。
僕は人に本を勧められませんね。この通り確かな言葉で批評できませんので。ルナさんのコメントを見て、いつも凄いなあと感心しています。
こんな僕なんですが、小説を刊行することになりました。「闇の内のブリキ像の夢」楢林彰一郎としてです。本来ならば年末に刊行予定だったのですが、なんと、出来上がった本なのに、ISBN番号が、間違っていた、という、信じられない事が発覚しまして、依頼したその小さな出版社からたいへん謝られて、でも、僕はやっぱり怒る気になれなくって、結果確かな形で刊行出来ればそれでいいですよと返事しました。
なので、刊行は新年の1月半ば当たりには確かだとおもいます。
もし機械があられれば読笑してやって下さい。全くの小品でそので、正直に批評が怖いのですが、どうぞ、温かい目でお願いしますD
なさ
2011/12/26 17:49
■なささん

そんなにすごく多くはないと思うよ〜。
私も読む速度は遅いほうだと思う!

そして私も内容は読んだ直後に忘れる事、多し!!
読んだあとにすぐに書いておかないとダメなんだ。
でも特に書きたい事もない本っていうのも
けっこうあって
「どうしようかなぁ〜」と思ってる間に
どんどん違う本を読んでいってしまうから
困っちゃったりもする〜(笑)

それにしても小説を書いて出すなんてすごいね
すご過ぎるよ〜
ずいぶんと頑張ったんだね!
偉いよ〜!
私、図書館で借りた本しか読まないから
なかなか読む機会はないかもしれないけど…。
ルナ☆
2011/12/26 20:58
鴻泣iさん

良かった、と思いましたよ。ルナさんも内容を忘れると言って貰ったから。だけど、ルナさんの批評は凄いですよ。

僕の本は年明けに全国の書店に配本されることになったんです。でも、置いていただけるかはまだ不確かで、こんな本なんかおけるか! と返品もあり得るので、天に祈る様な心持ちです。
図書館に置いていただけるようになったらいいなあ。そうしたら全く都合が良いのにP
なさ
2011/12/28 17:03
■なささん

すごいね
全国の書店に置かれるの?
それは本当にすごいよ!!自費出版じゃないんだね!

化学物質過敏症で本屋に全く行かないのね私。
将来、図書館に置いてもらえるようになるといいね
ルナ☆
2011/12/28 20:31
鴻泣iさん

いいえ、自費出版です。
アピアランス工房という小さな出版社からです。
全国の書店に配本して頂くのですが、各々一冊ずつ(僕の地元の福岡の紀伊國屋とジュンク堂書店は五冊)なんです。しかも、評価をもらえない場合直ぐに返本ということになって終うこともあるそうです。そうなると、正直に悲しいなあ…
ルナさんのお住まいは東京ですよね? 東京には、千代田 東京堂書店、丸善 丸ノ内本店、神田 書泉グランデ、渋谷 ブックキューム、各々一冊ずつです。
まだ刊行はしていません。あと数日後の予定です。


なさ
2012/01/03 16:48
■なささん

そうなんだ!
そういうシステムなんですね。
すぐに返本されないといいねぇ〜!
でも誰かが自分の本を手にとって
買ってくれると思うと、ドキドキしちゃうね。

東京はその本屋さんだけ?
そうか〜・・・全然行かないなぁ。
ごめんね
ルナ☆
2012/01/03 19:26
鴻泣iさん

いいえ、謝られないで下さい。

もし誰かが、買って頂いて、全部とはいわず、大方、いいえ、少しでも共感して貰えれば、僕はとても満足です。
その反対に批評も貰えれば、それも僕にとってはためになります。
そんな読者の声が頂ければうれしいなあ。
なにせ、孤独だったときに書いたものですから、それが人様の批評を貰えるとなると、それだけで僕としては人との繋がりができた様で、何処かほっ、とするんです。

なさ
2012/01/05 16:12
■なささん

なささんって、本当に偉いよね (*´‐`*人)
私だったら批評までは、まだいいけど
批判なんてもらったら、ムカつくから許せん!(笑)
だから、ぜぇ〜〜〜ったいに、
お金をもらって文章を読んでもらいたいとは思わないの。
ブログは、みんなただで読んでんだから
批判は許さん!とか思って書けるけど
お金をとるとなったら、ひと言も書けなくなっちゃうなぁ〜。
こんなブログでさえも、
上から目線でコメントしてくる人の多いこと・多いこと(笑)
腹立つコメント、本当に多いよ

なささんの文章は性格の良さが表れていそうだね!
きっと共感してくれる人も多いと思うよ
ルナ☆
2012/01/06 14:25
鴻泣iさん

そうなんですかあ。上から目線でこられたら、何を! と、きりと睨みをきかせたくなるのが心情ですものね。 それに回りに万里の長城の様に妙なプライドを張り巡らしているのが嫌に見えて、あー嫌 嫌!! って感じられる人もいますよね。僕はそんなときは、スッポンがする様に、すっとそこから手をひきます。でも、やっぱり、正直、イラッとしますね。

僕の本に共感してくれる人が現れてくれたとしたら、それは最高の報酬ですね。
なさ
2012/01/07 22:30
■なささん

ふふふ
妙なプライドを万里の長城のように
張り巡らしてる人がいるのね。
妙なプライド・・・いるよね〜
なんで、そんな事で張り合ってくるのかなぁ
って人。
私なんて実生活で、そういう人とは付き合わないから
(仕事してないしね)
ネット上にしかいなかったりもするんだけど。

うわぁ〜この人、職場にいたら嫌だろうな〜!
付き合いにくいなぁ〜!
って人、女性だけどいたよ。
文章だけの付き合いでそこまでわかるって
実際に会ったら、どんな人なんだろう(笑)
その人は自分が上にいないと、悔しい人みたいで。
そっちから接近して来て、なんだって
そんなに張り合ってるんだ〜!
って私も困惑(笑)

文章だけのやり取りでも、人付き合いって
なんか難しいね。
顔を見合わせてしゃべってたら
サラッと本音を言えるけど、文章で書いてしまったら
きつくなっちゃうし。


本、たくさんの人が読んでくれるといいね
ルナ☆
2012/01/08 13:22
鴻泣iさん

話すときも、文章にするときも、言葉に気を付けているのに、つい、言ってはいけないことや間違った言葉を残しちゃったりして、失敗することがありますね。また、自分では普通に話していても、相手に誤解され捉えられてしまうこともあります。そんなときは、当たり前なんですが、社会には色々な人がいるんだなあ、とつくづく思ったりすることもあります。またそんなとき僕自身の態度を振り返ってみると自分のミスを発見したりすることもあります。すると、僕は、まだまだ若輩者だし、社会勉強をしているんだあ、とおもっちゃいます。
だけど、あからさまに相手に性格の悪さなどをみとめると、うーん困るなーと唸っちゃいますね。
なさ
2012/01/09 20:54
■なささん

なささんは偉いね
私は特に話す時なんかは、全然気をつけてなくって
あとから思い出して、
「変な事言っちゃったなぁ!あんな事言わなきゃよかったのに」
と思う事がとても多いんだよね。
口は災いの元・・・って言うのにねぇ。
なんであんな事口走ってしまったのか・・・
悪霊に乗り移られていたとしか思えない
って時があるよ!

あんまりひどい事は言っちゃいけないけど
自分の考えは出来るだけ口に出して言ったほうがいいと私は思う。
そういう風にして言った事が
本意とは違った意味でとらえられてしまうのは
ある程度、仕方ないかなぁ〜って思う。
誰だって、その人が言う事の何パーセントぐらいしか
理解出来ないと思うし。
どうしたって本当の気持ちって
人には100%の正しさでは、伝わらないと思うんだよね。
それは若さとは関係ないんじゃないかな。
年をとってても、死ぬまでは誤解されながら
生きるしかないんだと思うの。

性格の悪さか〜!
う〜ん、私もかなり性格が悪いから
人の事、言えないな(笑)
意地悪だしなぁ〜。
好きな相手に意地悪しちゃうところもあって
精神的に小学生みたいな感じなんだよね(笑)
ルナ☆
2012/01/11 14:50
鴻泣iさん

僕も精神的に小学生並なんです。証に甥と姪の六才と五才と遊ぶのは楽しいです。先日もカルタをして大人の強さを見せつけてやりました。でも、甥もなかなか上手くて正直ひやひやもので、少し危ない試合でした。

僕は自分をかなりのマイペースだと思うんです。だから、ややもすれば僕もつい良からぬことを口走っちゃうんです。だから、自制して先ず口をチャック、これを身に付けるようになりました。そして頭の中でこねこね考えてから口にだします。それでも、失敗することがあります…仕様がないですね。
なさ
2012/01/11 20:33
■なささん

ふふふ
小学生並みなの?
でも子供と楽しく遊べるなんて、
自分が子供ではなかなかそうも行かないのでは?
姪っ子が小さい時はよく泣きまねばっかりしてて
扱いにくい子だったなぁ〜。
相手が子供だからそこは我慢我慢!
子供の性格にもよるのかもね。
扱いにくい子と扱いやすい子っているんだよねぇ。

いいじゃん!「ややもすれば」程度ですんで(笑)
私なんて、仲がいい人ほど、変な事を口走っちゃうからね〜。
必ず!
最近、人と接して話す事自体がないから
(歯医者さんの受付ぐらいよ)
今の私はどうなってるんだろう?
相手に気を遣いながら話さないと前頭葉が劣化するわね。

考えてから言っても相手が変な風にねじ曲げて
受け取る時もあるよねぇ。
こっちはそういうつもりで言ったわけじゃないのに!

失敗はきっと誰にでもあるんじゃないのかな。
誰にでも好かれる人って、いないと思うんだよね。
例えその人がすごくいい人であっても
お金を持ってたり綺麗であったり成功してたら
嫉妬する人もいるわけだし。
そういう嫉妬される側の人が言う事に対して
「何言っても気に入らない!」
って思ってる人がいる場合は、何言っても仕方ないよね〜(笑)

誰にとっても都合のいい人になる必要はないよね。
人に合わせる事、ないよ!

私は末っ子で、我がまま放題だからなぁ。
少し反省もするけど…
でもマイペースのほうがいいよ!うん
ルナ☆
2012/01/12 15:45
鴻泣iさん

仲が良ければ気心が通じてるから、変なこと言ったって、良いように受け止めてくれるだろうし、批判することになったとしても、気持ちをこめて怒るだろうし、ああ、そんな友達いたらいいなあ。
でも、そうなるには、まずこっちがこころを開かないといけないだろうし、すると僕にはまだ余裕がたりないんですよね。
でも、そんな僕でもこうしてルナさんと話せるのは嬉しいです。
なさ
2012/01/25 20:11
■なさ君

なさ君が、嬉しいと言ってくれて
私も嬉しいです
(今度からなさ君と呼ぶことにしました(笑))

なさ君は人に気遣いの出来る子だし
優しいし、素直だし、周りの人はホッとするんじゃないかなぁ?
なさ君は、癒し系だと思うよ!

友達か〜。
むずかしいよね、友達って。
どこまで甘えていいのか良くわかんない時あるんだよね。
私、我がままだから、あとから
「あんなに甘えなきゃ良かった」
って後悔しちゃうんだ。
やっぱり気は遣うよねぇ。

心を開くほうが私は簡単なんだ(笑)
心、開きすぎて我がまま言っちゃうほうが問題で!!
そんなだから他人に心を開けない状態っていうのが
私にはよくわかんないんだよね。
私みたいに気にしないで何でもしゃべっちゃうのって
心を開いてる事になるのかなぁ?
なさ君はどういう感じなのかなぁ。
ルナ☆
2012/01/26 20:49
鴻泣iさん

君付けのほうが何かしっくりしますね。新鮮な感じもします。

うーん、こころのことですね、ぼくは、ある人(おおかた大人)と話すと、時間がたつにつれて、妙な緊張で疲れてくる傾向があると思います。だけど、最近はそれも和らいできたようだし、何よりも、甥と姪と遊びにいくときは、本当にこころがリラックスできて楽しいんです。せんの日曜にも高速使って大牟田動物園にいってきました。九州に唯一いるホワイトタイガーがいるんです。いつ見ても格好いいです。動物園って癒されるんですよね。このように、ぼくってこどもなんですね。
いわゆるアダルトチュウルドレンだろうなあ。それだから、社会に馴染めないし、そのために、こころの中には、色々な世界、物語を造り広げてしまいます。
それをもとに実際に物語に書いたりするのを試しています。その作業はぼくにとっては良い時間です。
なさ
2012/02/01 08:32
■なさ君

まぁ、緊張する相手っているよね〜。
今行ってる1,000円カットの美容師さん
女性なんだけど、いつも怒ってるような顔をしてるし
愛想が良くなくて、会話もはずまないんだ。
そういう人と話すと、ちょっと疲れるよねぇ。
その人、決して怒ってるわけじゃないんだけどね。

私は子供って意外と緊張するなぁ。
話が通じるのかな?
言い方変えないとダメかな?
とか、色々考える事が多いし。
ホワイトタイガーがいる動物園か〜。いいなぁ!

アドルトチルドレン…なの?
そうか〜ご両親と色々あったのかな。
親は選べないから辛いね。
でもスピチュアル的にはその親を選んで
生まれて来てるらしいけどね。

それが本当なら、それはきっと乗り越える事が
出来る試練なんだろうね。
なさ君の場合、それによって
物語を作れるようになったから
幸いだったと、思うようにしないとね。
がんばれ〜!
ルナ☆
2012/02/02 13:29
鴻泣iさん

怒ったような顔されてたら息が詰まってしまいそうですね。僕、髪きってもらうのは好きなんですけど、もしそんなふうだったら疲れるだろうなあ。
髪洗ってもらうときが一番の好きなじかん。なんたって気持ちがいい。あ、僕、ルナさんたちに感化されて、美容室でも湯シャンしてもらってますよ。お陰で安くなります。

アダルトちチルドレンと自己評価したんですが、あくまで自分でのことなんで、怪しいです。単にまだ無知で子供だろうとも思えます。でも、これでもちょっとづつ前進してると思います。今とくに思うのはプライベートでは楽に楽に過ごそうというものです。気をぬいてマイナス思考は勿論0でです。
ルナさんは読書量も多いしケーキなど料理も上手だし、なによりもチャビさんと共にいるし、素敵ですね。生はそんなふうに素敵なものにしないと勿体ないですものね。甘い香りだったりピリときいた香辛料だったりよい調味料を僕も見つけるといいだろうなあ、と思います。

なさ
2012/02/04 09:51
■なさ君

え!?
美容院で湯シャンて、してくれるの?
そして、さらにお安くなるとは!!(笑)
すごくいい美容院だね〜。

まだ無知で…って、そんな事ないとおもうけど〜!
きっと謙虚なんだね!
ちょっとづつ前進してるんだったら、いいじゃない。
マイナス思考0なの?
すごいね〜。
私は半々か、いや、マイナスのほうが多いなぁ。
あんまり明るいタイプじゃないし。
暗いことばっかり考えてる…。
でもブログであんまり暗いことばっかり
書いてたら誰も寄って来ないでしょ(笑)!
これでも気を遣ってるっていうか。

素敵・・・
う〜ん、そんな風に思えるのは
実際を知らないからだと思うよ(笑)
生はひどいもんだよ〜。片付け嫌いだし!

なさ君は、きっと素敵な大人になれると思うよ。
(無責任な言い方ですが…)
良い調味料ね。
人生のスパイスっていうのかなぁ。
明太子味っていいかも(笑)
私、明太子大好きなんだよね!
ルナ☆
2012/02/04 18:22
鴻泣iさん

マイナス思考0になれれば、なんて楽にいられるだろう、という思いで、そのようにいようとしてます、が、実際は、多かれ少なかれなにかを考えたり執着してたりでマイナス思考も働いたりするんですよね、これが…でも、マイナス思考があるからプラス思考に繋がるだろうから、まあいいや〜と思います。

生は色々大変なこともあるけれど、美味しい食べ物を食べるときは幸せですね♪ 明太子美味しいですね。焼いて茶漬けでたべたいな。でも、ぼく少し高血圧なので塩控えないといけないんです。お陰でもっぱら薄味型になりました。食材の真の味わいって美味しいんですよね。とくにお肉を獣のようにがぶりと食べると美味しいんですよね、ヨダレでてきました。
なさ
2012/02/09 15:15
■なさ君

ま、「まぁ〜いいや〜」が一番いいやね(笑)

だいたいさ〜世の中ポジティブのほうが
偉いと思いすぎてない!?
勘違いのポジィティブって私は嫌いだけどなぁ。
根拠なくポジィティブな人とかいるよね。
ポジィティブな自分を誇ってるような言い方されるのも嫌〜い(笑)
私は基本ネガティブだから!
まぁ、なさ君が言ってるのは
プラス思考でポジティブとは少し違うかな?
似てるけど少し違うような。。。

え〜なさ訓はまだ若いのに高血圧なの〜?
そうなんだ!
うちも塩分控えめにしないといけないけど
私しょっぱい物、濃い味が好きだから
薄味って我慢できないの〜。
なさ君、偉いね!
お肉を獣のようにがぶりと食べるのね(笑)

福岡って美味しい明太子あるんでしょ?
スーパーとかでもお安く手に入るの?
こっちではひと腹で安くて298円だよ。
ルナ☆
2012/02/10 16:15
鴻泣iさん

そうですね、意味なくボジティブだったら、下品に感じるからかな、うんざりすることもあるよ。
だけど、俗的ちから、あのお金を生む強い力って、たとえ柄が下品っぽくても、羨ましく思うときがあります。あんな体力が備わってたら楽なんだけどなあ…と指くわえてしまいます。

僕ももともと濃い味派だったんです。それが真逆しました。人間慣れるんですね。
明太子こっちでは、スーパーに並んでるのは、2腹398円位であると思います。やはり関東のほうが物価がたかいんですね。消費ですが、灯台もと暗し、で、博多人なのに余り食卓に上りません。ラーメンも寧ろ塩のほうが好きだったりします。
なさ
2012/02/16 08:25
■なさ君

意味なくポジティブにしてる人
なさ君も下品に感じる?
あ、今ちょっとわかった!
自分がポジティブだって事を強調して言うから
嫌なんだ!

「私、ポジティブな人なの!」
…って、わざわざ言わなくてもいいのに。
それは人に言わないで、態度とか考え方で
示して欲しい…ってところ、私にはあったのだなぁ。

それになんか、そういう事を言う人に限って
「無理してるだけなんじゃない?」
という疑いがあるの(笑)

ネガティブな自分を抑えて抑えて
他人からはポジティブに見られたい…
という欲望を感じてしまうんだなぁ。
自分自身の中に少しでもネガティブなニオイを感じると
否定しまくるというような。
別にネガティブな部分があっても、いいと思うのに。
ポジティブ信仰が強すぎると思うんだよね。

お金が生む強い力…かぁ〜。
今の若い人は、お金や物に対する執着が
昔の人間に比べたら、薄いんでしょう?
実際、身近に若者がいないので、私はよくわかんないけど(笑)
なさ君はずっと不況の中で育ってきた?
ルナ☆
2012/02/16 13:47
お金に対しての欲望…
確かにそれに対する体力があるのは羨ましいよね(笑)

お金って、本当は愛する家族が
幸せに暮らせる程度あったら、それでいいんだよね。
必要以上にゼイタクする事もないと思うし。
三食、食べられて、教育がそこそこ受けられて
って感じぐらいのお金でいいよね〜。
(まぁ、それすらもないとなると、ちょっときついですが…)

私は子供の頃、ケーキが1年に1回しか食べられなかったから
今は幸せだなぁ〜(*´‐`*人)
特に自分で作って、お店のケーキと同じぐらいか
それ以上に美味しいのが出来ちゃったりするとメチャ幸せ〜

世の中全体には物があふれてるけど
幸せって、物じゃないよね。

でもお金あったら、それは本当にいいよね!
うちも毎月お金の心配ばかりしてるから
その心配がなくなるだけで、ずいぶん楽になりそうだし。
ルナ☆
2012/02/16 13:48
濃い味から、薄味に出来たの?
すごいね!
スーパーで明太子の値段、見てきてくれたんだね〜(笑)
こっちのは、一腹を半分に切って
2つあるように見せかけて、売ってるの!
東京はやっぱり物価は、高いよね。

なさ君は博多っ子なの?
確かに明太子をあまり食べないって
博多華丸・大吉が言ってた(笑)!
ラーメンは塩?それは意外!!
なんか博多の人って
とんこつの食べ方に対してうるさそうなのにね(笑)
ルナ☆
2012/02/16 13:50
鴻泣iさん

本当に、ネガティブが少しくらい垣間見えたっていいじゃない、って胸のなかで思います。もしそれが見えると俗世間では隙をみせることで、けちな人達はすぐに突っついてくるからね、あ〜面倒だ、て厭になります。
僕は金持ちでも貧乏でも(今のところ)ないとおもいます。でも、今は離婚してるけど、以前家族皆でくらしてたときに、今思えば抑鬱病(当時はそんなに周知じゃなかった)といえる母の浪費癖がひどくって、それが元で貧乏みたいだったよ。困ったものだったょ。
当たり前だけど、お金は大事ですね。だけど僕は贅沢したいとかそんなに思わない、ルナさんと同様そこそこ暮らせる位でいいです。でも、世界あちこちは行ってみたい。だから、お金たくさんいりますね。やっぱりお金欲しいです。何にも束縛されないフリーな時間を持ってみたいな。ヨーロッパの片田舎でノンビリしたい。
灯台もと暗し。日本が一番でしょうね。
博多花丸大吉、大好きです。人もいいですよね。案外福岡のひとでもいつも食卓に明太子が上るってとこはそんなにないんじゃないかなあ。
ルナさん地方では食べ物なにが有名ですか?
なさ
2012/02/20 19:39

■なさ君

そうね〜
少しぐらいネガティブだっていいよね。
でも世間が許してくれないのか。
特に男の人ってそうかもね。
やっぱり心許せる相手と許せない相手を
分けて接するべきなんだろうね。めんどくさいよね。

お母さん、ご病気だったのね。
それで浪費してたのは仕方ないよね。
本人も辛いだろうし。
周りも大変だけどねぇ。

なさ君は世界のあちこちに行ってみたいんだね〜。
夢があっていいよね。
私は日本から出たくな〜い(笑)

博多華丸大吉、面白いよね!
博多のサウナの従業員の真似がすっごく面白いの〜!

あ、明太子、ワンパック一腹って事もなかったみたい。
小さいのが二本入ってるのが標準的だった。
(どうでもいいよね
ルナ☆
2012/02/21 17:51
私の故郷の食べ物?
私は栃木県足利市というところで育ったの。
栃木県なんだけど、食や言葉や風習は
ほとんど群馬なんだ。
(わかんなかったら、地図見てみてね!)

栃木県で言えば、苺とかんぴょうが特産品ですね〜。
足利では「ポテト入り焼きそば」っていうのがあるよ。
ただジャガイモが入ってるってだけだけど(笑)
この前、秘密のケンミンShowで
ポテト入り焼きそば入りベーグルっていうのを
紹介してた(笑)
炭水化物ばっかりだ!トリプル炭水化物(笑)

あとジャガイモを串刺しにして揚げたヤツとか。
ジャガイモばっかり…(笑)

あとね「相田みつを」という書道家
(人間だもの・・・とかの詩で有名だよ)の書いたしおりとか
使ってる最中屋さんがあって
古印最中っていうんだけど、それは美味しいよ。

まぁ海がないから海産物は全滅!
お蕎麦が有名とか聞くけど、1回も食べたことないのよね〜。
あんまり美味しい物はないみたいだね。

その点博多は美味しい物が多そうでいいよね!
ルナ☆
2012/02/21 17:51
鴻泣iさん

うん、栃木は内陸だね。足利は足尾山地の裾にあるね。地蔵岳は1199メートルもあるね。千メートル級って登ってみたいんですよね。家からだと、大宰府に宝満山という八百メートル級のが聳えてるよ。
栃木は山方面は温泉マークがたくさん出てるね。寛げそうだなあ。山川が綺麗だろうからヤマメなど魚が美味しいだろうね。海がきっと羨ましいんだろうけれど、山間の綺麗な川は沢山ありそう。福岡は海も沢山あるけれど、僕は夏なんかは寧ろ海より山を選んだな。マムシがいたりするけど、案外マムシって自ら逃げていくんだよね。
栃木もそうだけど大方日本を知らないなあ。日本の各地を巡る旅が出来れば幸せだろうなあ。
漫才、U字工事、ですね。本当面白い! スクーターでパトカーから逃げるのだったり、最近は、それこそ、かんぴょうネタ。地元ではかんぴょう離れが深刻なそうで、(笑)、でも落ちが牛乳飲んで終うんですね。 やっぱり人柄も出てるようで人も良さそう。地元愛を全国版で全面に出して頑張ってもらうと、やっぱり地元もうれしいし応援したくなりますね。
なさ
2012/02/23 09:03
■なさ君

そっか!足利って足尾山地の裾にあるんだ?
けっこう足尾まで距離があるから
裾って感じしないけど、そういう風に見ると
そうなのかもしれない!

す・す・まん地蔵岳っていう山があるのを
はじめて知った!
地図で見ると確かにあるね
でも行った事はないなぁ。
あんまり道がないのかも。
車で行けるところにしか行かないから。

大宰府天満宮から、宝満山ってけっこう近そうだね。
街からすぐ近くに山があるのかなぁ。

海が近いほうが魚が美味しくていいな〜
って思っちゃう。
美味しいイワナを焼いてるお店が群馬の山の中にあるんだけどね
車で行くと、2時間弱ぐらいかかっちゃうの。
山道だから時間がかかるの。
だから案外山に行くのは大変なんだよね。

福岡は海も山もあっていいよね。
私はマムシに出会ったことはないです(笑)

U字工事のこと、よく知ってるね〜!
なんでそんなによく知ってるの(笑)
足利はああいう方言じゃないんだ。
前に日光に行ったときに華厳の滝(超有名な滝よ)
の駐車場にU字工事の坊主のほうの子にそっくりな子がいた。
しゃべり方もそのまんまで「うわっ、おんなじだ〜!」
って思ったよ。
私レモン牛乳って飲んだことないのよね〜。
ホント、足利って栃木じゃない感じなの。
かんぴょうは、私自分で買ったことが1回もない…(;´▽`A``
だってかんぴょう好きじゃないんだもん。
かんぴょう巻きも食べないな〜。

博多華丸大吉のほうが面白いじゃん(笑)
U字工事ネタって、ザ・北関東!って感じで
「こんなローカルで、他の土地の人は面白く思うのかなぁ?」
っていつも心配なの(笑)
面白く思ってもらえると、嬉しいわ
ルナ☆
2012/02/23 16:19
高驍ネさん

華厳の滝、有名なんだね。行ってみたいなあ。滝ってマイナスイオンたっぷり出すから癒されるんだなあ。
U字工事面白いよ。ルナさん、かんぴょう嫌いなんだね。栃木県民のかんぴょう離れがまた実証されたね。
うん、レモン牛乳、テレビでみたよ。足利にはないんだあ。一体どんな味だろう。のんでみたい。
地元愛芸人もそうだけど、県民ショーなんかも、他見の知らない情報が楽しかったり地元訛の話し方が楽しかったりするんだよね。
無理やりにしめるようだけど、これからは地方の時代だね。
なさ
2012/02/28 08:25
■なさ君

すご〜く有名だよ!
昔(70年代?)は心霊写真でも有名だったけど(笑)

あはは、栃木賢人のかんぴょう離れは
深刻だよね〜やっぱり。

レモン牛乳は、想像するに、フルーツ牛乳に似てそう???
フルーツ牛乳自体、子どもの頃にしか飲んだことないけど…。

これからは地方の時代か〜。
そう言われてからもうだいぶ経ってるような気がするね。
今は若者はあんまり東京に憧れないんだって。
地方でも通販でなんでも手に入るし。
私の若い頃は、東京には夢があったんだけどね〜。
何か楽しい事があると思ってたよ。
でも今は若い人が東京で1人暮らししても
安いお給料でやりくりするのが大変なだけだもんね。
お金ないと職場と
住んでる部屋との往復だけの毎日になっちゃうしね。

自然が豊かな地方のほうが暮らしやすいかもね。
ルナ☆
2012/02/29 10:00
あ、『栃木県人』が、『栃木賢人』になってた!
かしこい感じがして、それはそれで、いいけど(笑)
ルナ☆
2012/02/29 10:02
鴻泣iさん

栃木賢人のかんぴょう離れは深刻、となると、何だかかんぴょうがいよいよ落ち目になるようだね。揚げ足とるようでゴメンなさい。
地方名に賢人ていいな。福岡賢人ていわれたらなんかいいよね。気持ちいいヨ。
なさ
2012/03/03 15:17
■なさ君

あ、3月3日にコメントしてくれてたんだね!
ごめん!気が付かなかった!

確かにかんぴょうって、農家さんに若い人がいなかったら
もう作るのやめちゃうかもしれないよね〜。
かんぴょう文化が、なくなるのも寂しいなぁ。
ルナ☆
2012/03/27 23:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
『隠蔽捜査(今野敏 著) 』 シリーズ読みました☆  月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる