月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『天然コケッコー』14巻  この夏毎日読み返しました。

<<   作成日時 : 2011/08/22 12:22   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像


ブックオフで全14巻購入したものを数年ぶりに読み返しました。
全く読んだ覚えがないエピソードの回があってびっくり!!
カッちゃんの遠足と、シゲちゃんのお見合いに、興味が全然なかったのね(;´▽`A``
そういう場面は、つまんないな〜って思いながら流して読んでたんだった!

だって興味があるのは主人公そよと
東京から来た転校生大沢君との恋の行方だから。

大沢君はスラリと背が高くて、イケメンでカッコいい男の子。
でも作者は大沢君は苦手なタイプなんだって。

「ちょっとひねたところがあってクール。
実際、こういう子がいたら、どうつきあっていいかわからないですよね。
今の私ならなんとかしますが、たとえば同年代だったとしたら、
こういう子にはまず近づかないですね。そういう子です。
それを自分が描いたら、逆に、おもしろいのではないか。
そういう興味もあって描いてみたんです」


・・・と。
私も大沢君は苦手だなぁ
絶対に付き合いたくないタイプだ。
結婚してから苦労するのが目に見えてるし。

そよちゃんも大沢君との結婚生活を思い浮かべてみてたけど
大沢君は仕事をほったらかしにして、ギャンブルに行っちゃったり
酔って帰ってきて寝転がって他の女の名前を呼んだり・・・
とろくでもない想像ばっかり。

でも好きなんだからしょうがないよね〜!
見た目がカッコいい人ってタチ悪い・・・ (-~-;)なんかリアル…



少女漫画は顔が命ってところあって・・・
こういう男の子が『カッコいい』の基準になってしまうのよね。
もし大沢君の顔がシゲちゃんだったら、誰も好きにならないと思うんだけど(笑)
(それにしても くらもちさんは顔を描き分けるのが、本当に上手い!!)

少女漫画を読んで育つと顔がいいろくでなしを好きになってしまう人もけっこういるかもね。

・・・ああ、良くないなぁ(笑)




そよの両親はだいたい今の私と同い年ぐらい、かな?
(私は今年45歳)

でも親の気持ちでは読んでなくて
やっぱり中高生のほうに感情移入してるんだよね。




作者のくらもちさんは1972年デビュー。
私は年の離れた姉が「別マ」を購入してたので
1975年ぐらいから読んでたと思う。
当時小学校3年生ですね。


そんなに昔から描いてる方なのに
なんでこんなにいつまでも瑞々しい恋愛の感覚を持っているんだろう。

すごいな。くらもちふさこさんって


青春の思い出と共にあるくもふち作品の数々。
「おしゃべり階段」「いつもポケットにショパン」「東京のカサノバ」「アンコールが3回」「海の天辺」
なんかは本当にキラキラと輝いてました


私は最近 読みたくなるような漫画ってない・・・
チャビもこの頃は読みたくなるような漫画がない
って言ってたけど。

2人とも年のせいなのかなぁ。
それとも実際に昔の漫画のほうが面白かったからなのかなぁ。

どうなんだろう。
実は「天然コケッコー」よりも上記にあげた作品のほうが
私にとっては何倍も面白かったんですよね。

「天然コケッコー」は作者の大人の部分が出過ぎていて。
ちょっと引いて第三者的な目で描いてるような。
私にはそんな感じに思えた。

人間関係が幅広いところも漫画というよりも小説的なのかもね。


くらもちさんの漫画の『恋愛』以外のエピソードって、私にはとて退屈に感じちゃって。
『恋愛』が入ってないとなぜか途端につまらなくなるのです。
コミックスにも恋愛漫画じゃない短編が収録されていたけど
同じ作者が描いたとは思えないほどでした。

『恋愛』があるかないかで、ここまで落差が大きい漫画も珍しい。


それって私だけなのかなぁ? (´〜`υ)




「天然コケッコー」(私もチャビも『コケコッコー』だと思ってた(笑))

ちゃんと四季が描いてあるけど、特に夏がいい
夏に読むと田舎の夏気分を味わえて、すごくいいですよ







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!面白いよね〜。ときどき引っ張り出しては読んでます。妹もしげが気持ち悪すぎるとかさっちゃん将来可愛くなるかもとかいいながら二人で毎回発売するの楽しみにしてました。あの方言聞いたことなくて余計インパクトありました。でも島根県の大家族の番組みてて、島根弁なのでは?と思ってるんだけどどうなんだろう。ミヤネヤのみやねさん島根県出身だったと思うけどまるで生まれも育ちも大阪の人みたい。変なの〜!話がズレてすみません。ルナさんも好きで嬉しいですe
みどぽん
2011/08/22 13:13
■みどぽん

わぁみどぽんも「天然コケッコー」
読んでたの〜

シゲちゃん、私もダメだなぁ。あのKY感(笑)
そよちゃんを狙ってるのがみえみえで
「そよちゃん、逃げて〜!」
って思ってた(笑)
でもシゲちゃんが自分を見向きもしなくなったら
寂しい気持ちを感じてしまうってところが意外だったなぁ。
そんなに嫌いじゃないのね〜って(笑)


そうそう島根弁みたいだよ!
「行って帰ります」とか。
くらもちさんのお母さんが島根出身なんだって。
本人は渋谷区鉢山町出身みたいだけど。

昔、出雲を舞台にした漫画も描いてたよ。
バリバリ出雲弁で、そっちの人にセリフを直してもらったって
書いてあったような記憶が。


え〜!?宮根さんて、島根だったの〜!?
私もてっきり大阪の人だと思ってた〜。
今では完璧な大阪弁を使えるのかな???
そうなんだ〜教えてくれてどうもありがとう

みどぽんは大沢君、タイプ?
ルナ☆
2011/08/23 08:51
ルナさん、こんばんは!大沢君って格好良すぎよね。くらもち先生の描く男子はちょっと普通の子には手が届かないですよね。孝太郎が好き うちの実家この前帰ったら何もつけないで洗ってました。ビックリしたけど汚れも落ちてるし食中毒もおきてないからラクでいいかもしれませんね。石鹸使わなくていいならお小遣いになるなー。私も殆ど使わないで洗うけどルナさんはナマモノがついた物はどうしてますか?
みどぽん
2011/08/23 23:16
■みどぽん

う〜ん、大沢君、見た目はいいかもしれないけどなぁ〜
私は中身で好きになるタイプだから
大沢君って、なんとも思わないんだよね

浩太朗君が好きなのか〜。
もう1人イケメンですごく性格のいい男の子が出てきてたら
もっと面白かったのになぁ。
宇佐美君は無表情過ぎちゃってて。
宇佐美君がもっと魅力的な男の子だったら良かったのに。

石けんについては椿油のところで書くね〜。
もしかしたら化学物質過敏症のところだけ読んでる人が
いるかもしれないから。
ルナ☆
2011/08/24 09:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
『天然コケッコー』14巻  この夏毎日読み返しました。 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる