月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『関白宣言』が子供の頃から嫌いなのです。

<<   作成日時 : 2010/06/10 11:41   >>

トラックバック 0 / コメント 9

さだまさし氏がテレビで『関白宣言』を生で歌っていました。
生で歌うのは30年ぶりって言ってたかな。

初めてこの歌を聞いた時は、ショックを受けた。
中学1年生の時の歌なんだけど
私はこの歌の内容が嫌い。

全部嫌いだけど、特に嫌いなのが
「俺より先に寝てはいけない
俺より後に起きてもいけない」
という部分なの

子供の頃から体が弱かった私は、長時間寝ないと体が言うことを利かなくなる。
だからダンナよりも睡眠時間を少なくしろ…
という要求は、かなり腹が立つんだよね。

まっ、寝かせないと具合が悪くなって
面倒くさい事になるのは、ダンナさんのほうだけどね(笑)


びっくりする事に、この歌が好きだって言う人が、けっこういるんだよね〜。
最後の歌詞が、本当に愛してるのは奥さんだけという内容だから
と言うんだけど、、、

そうか〜(≡_≡|||)?

死ぬ間際になってようやく
「愛する女は生涯お前ひとり」
「お前のおかげでいい人生だった」
って言われてもね…。
全然共感できん!

照れ屋で愛情表現が下手で普段は何も言わないけど
いざと言う時は、どん!とやる・・・
というタイプよりも
日常生活で毎日、愛情を感じさせてくれる人のほうがいいんだ、私は。

「俺より先に死んではいけない」
ってのも・・・私なんて1人で生きていくのは無理だから
出来る事なら先に死なせて欲しいんだよね・・・。


うちの姉なんかもこの歌をかばっていたなぁ。
「色々、言ってるけど『出来る範囲でかまわないから』
ってちゃんと女の人に逃げ道を作ってるあげてるんだよね

と、なんか大絶賛。(結婚前にね)

ふ〜ん、きっとこういうタイプのダンナさんが好きなんだろうなぁ
と、中学1年生の結婚にはまだまだ遠い私は思った。

その後、姉が結婚した相手は、案外威張ってて
けんかになったら、手もあげちゃうみたいなダンナで。。。
「関白宣言」が好きな姉からしたら、男らしくて、理想的?

でもまぁ〜結局 姉はものすごく嫌いになって離婚したけどね…。
だってうちの姉って
ダンナさんの言うことを黙って何でも聞くようなタイプじゃないんだもん。
激しく逆らって、むしろダンナを支配しようとしていた・・・。

亭主関白が好きっていう女の人は
逆らわず、何を言われてもされても「はい
と言って従わうような人じゃなきゃダメだと思うんだよね〜。
「黙って俺について来い」って歌でも言ってるし・・・。

一体、亭主関白の何に憧れてたのやら


とにかく、子供だった私はこの歌と真逆の人で
出来たらこの歌が嫌いだという人と結婚したいなぁ〜
って、思ってました。

そして理想どうりのチャビの事が好きになりました
おかげで23年間、超〜幸せ〜


でも亭主関白って本来の姿は、
器が大きくて頼りがいがあって
この人の後について行けば間違いがない!
黙ってついて行きたい!
と思えるような男性のことだよね〜。
なのに勘違いしてる男の人のほうがほとんど。

理不尽で勝手な事ばっかりして
無理な要求をしたり、勝手に借金したり
ちょっとでも意見すると
「女の癖に生意気言うな!口答えするな!」と殴ったり。。。

妻を乱暴に扱って大事にしないのが男らしい
っていう時代が確かにありました。

現代でも、手ぶらのダンナの後をたくさんの荷物を持たされて
ちょこちょこ歩いている奥さんを見ると
「ど・奴隷扱い?」
って思っちゃう。そういうダンナ、私には無理 乂(`□´*)ムリッ!
 
この歌、さだまさし氏が妹さんに作ったそう。
結婚前にこういうような覚悟をしておけ
という意味で。
でも、妹さんは未だに結婚せずに家にいるそうです(笑)

そしてさださん自身も結婚前だったので
「世間知らずでしたね(笑)」
と言っていた
結婚生活でなんかあったのかしら(笑)






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
え?この歌マジな歌だったの?

私は、男性の妄想ソングだとばかり思ってました!
妻の尻に敷かれたかわいそうなお父さんたちのうっぷんを晴らす歌だと。

妹さんのために作ったんだー。
知らなかったよー。

でも、あまり妹さんのためにはならなかったみたいだね・・・
スノーボール
2010/06/11 23:37
■スノーさん

妄想ソング
確かに妄想のような歌詞だよね〜(笑)
当時は今よりも威張ってる男の人が多かったから(田舎は特に)
けっこうこういうタイプの男性いたよ。
男は黙ってサッポロビール・・・
みたいな(笑)

でもスノーさんはまだ小学生だったでしょう?
よくそう思ったね(笑)

妹さんのために作ったとは私も初めて知ったよ。
でもお兄さんからこんな内容の歌をもらったら
私ならかなり引いちゃうだろうなぁ。
「はぁ〜?自分の恋人に歌ったらどう!?」
って。
もらっても、あんまりうれしくない・・・
ルナ☆
2010/06/13 09:02
亭主関白を検索したらここにたどり着きました。関白失脚って爆笑ソングを歯医者で聞いてから気になってたんで亭主関白について調べてました。もうお聞きになられましたか?ていうかこれいつの日記でしょうかね?(笑)ではでは。
むーみん
2011/10/11 11:08
■むーみんさん

コメントどうもありがとうございま〜す

「関白失脚」知りませんでした〜(笑)
1994年に発表されたアンサーソングなんですね!
内容を調べたら歌詞、面白い

「精一杯がんばってんだよ俺なりにそれなりに」
って(;´▽`A``
主人公は仕事も出来ない男に成り果ててしまったのね!

たぶんいろいろあったんでしょうね〜さださん自身も(笑)
借金すごかったし

教えてくれてどうもありがとう
これは2010年の日記ですね!
ルナ☆
2011/10/12 09:44
「できる範囲で構わないから」って言ってるじゃない。
男です
2013/12/23 18:05
前時代的な歌ですよね。僕も好きになれません。
夫婦と言うのはもっと対等であるべきだと思います。
この歌の通りでは主従関係ですよね。
カツドン
2015/10/28 10:29
テンプレート的な古典的な関白像を挙げて強がって最後にできる範囲で構わないって結局言ってしまってる「男が一度言ってみたいだけ」の歌詞を女性蔑視とか読解能力の低さを感じるよなぁ。日常生活が心配なレベルに。て言うかこの記事もコメも釣りですよね?そうじゃないと心配になってしまう笑
女だけど
2015/12/10 08:52
この歌は、結婚する相手に対する 溢れんばかりの愛情と これから、家庭を持つ事への不安に 対して、精一杯の虚勢を張っている男の歌 ですよ
大海原
2016/02/11 14:33
読解力の無い、見当違いな解釈で騒いだ人が当時もいました。
シャレも通じないってつまらないよね。
愛する人に向けて歌ってるんです。

ぽん
2016/10/26 17:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
『関白宣言』が子供の頃から嫌いなのです。 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる