月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ボーン・コレクター」を読んで DVDも見ました!

<<   作成日時 : 2010/04/24 18:21   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像画像

1999年の本なんだけど
全く古さを感じさせない本当に面白い本でした

そして読み終わってすぐに映画を借りて見た。配役も知らずに。

うう〜ん、映画はちょっとね〜・・・
やっぱり原作本とは別物だね。
いやぁ、本を先に読んでおいてよかったぁ〜〜〜
そしてデンゼル・ワシントンとアンジェリーナ・ジョリーが
出演者だという事を知らなくて本当によかった

ひねくれてて倣岸だが、魅力的な主人公・リンカーンライムが
デンゼルワシントンによって、ただのいい人になってしまい
「こ・これじゃ、ただのいい人じゃん!」
と思わず叫んでしまった!
ま〜ね〜、映画だから反発されるような性格じゃなくて、
万人受けしなきゃいけないんだろうけどね〜。

映画ではリンカーン・ライムの魅力が全く伝わって来なかった。
だっていつものデンゼル・ワシントンにしか見えないんだもん。
そんなのデンゼル・ワシントンの魅力でしかないじゃない。

原作本で読んだ時のせつな〜い気持ち・・・
リンカーン・ライムの絶望・・・
ひそやかな恋心・・・
私はこの本の人間的な部分に、かなり感動を覚えた。
映画が謎解き中心になって、そこいらへんがおざなりになるのは
どうしても仕方ないとは思うけどね〜。

あと、この人にずっとそばにいて欲しい!
って思うぐらい私のお気に入りだった介護士のトム・・・。
お母さんのように小言の多い世話焼きで頼れるトムが
映画では黒人女性になっていた。
「トムは映画では、どんな感じの人がやるんだろう?」
って楽しみにしてたのに。

がっかり
トムが女性ではダメだよ〜!
ぜひとも ものすごいイケメン君にこの役をやってもらいたかった・・・
ああ、私なら絶対に若い美男子にトム役をやらせるのに。
はあぁぁぁぁ〜〜〜萌えの心がちっともわかってない

「この映画、面白いのかな?」
と、すでにストーリーを知っている私は
映画において正しい判断をすることが出来ないので
チャビに聞いたら
「まぁ、そこそこ面白いよ?でも安い感じだよね。B級映画って感じ」
との事。

そっか!やっぱりそんな感じですかぁ〜
・・・という事で、ひたすら
「何も知らずに本を先に読んでおいてよかった!」
と思う私なのでした (;^〜^A )







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ボーン・コレクター」を読んで DVDも見ました! 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる