月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『粘膜蜥蜴』 『悪人』を読みました

<<   作成日時 : 2010/01/25 17:16   >>

トラックバック 0 / コメント 8

毎日柿の種とチョコを食べ過ぎて、太ってきた・・・。
気をつけなくっちゃと思いながら、手を出すと止められなくなって
胃がムカムカするほど食べてしまう。
あると食べちゃうから、買わないほうがいいかも。

柿の種はいつも亀田を買ってたんだけど
たまには・・・と思ってドン・キホーテが企画開発したのを買ってみた。
ピーナッツがやたらと多くて、そこまでピー好きじゃないのでなんかやだ。
おせんべいは亀田のほうが美味しかった。
「へ〜柿の種の味に違いなんてあるんだ?」
と言ってるチャビにピーだけあげる。
「ピーナッツだけならいいのに・・・」
というぐらい、おせんべいのほうが好きではないらしいので。
辛いから嫌なんだそう。

辛いからクセになって、食べちゃうのにね〜。





『粘膜蜥蜴』と『悪人』を読みました。

画像

『粘膜蜥蜴』 飴村 行著
ちょっと評判がいいので、どんなんだろうと思って読んでみたけど
女性の9割からは好かれない本って感じ?
全く恐くないからホラーっていうのも違うし
どっちかというとグロかな?
でも気持ち悪くなるほどグロでもない。
最後まで読めたからまぁまぁ面白かったんだけど
またこの作者の本を読みたい!
という気にはならなかった。



画像

『悪人』 吉田修一・著(↓話がわかってしまうので、これから読もうとしてる方はご注意を!)


想像してたような鬼畜の話じゃなくって良かったぁ〜!
タイトルの雰囲気で嫌〜な気分になりそう・・・
と思ってなかなか読まずにいたんだけど、普通の人ばっかりが出て来ててよかった。
むしろその普通の人々の中にこそ悪人がいるという話だった。

殺人犯だけが一番の「悪人」ではない。
犯人以外の人間・・・
マスコミ、世間のほうがよっぽどの「悪人」だ
という作者のメッセージがこめられているタイトルだった。

私が一番憎く思えたのがワイドショーとかのマスコミだった。
それに殺人を犯した人間よりも、悪く嫌な感じの性格に描かれている
登場人物が出てくるので、作者の意図はわかりやすい。

殺された女の子は嫌な感じの女の子として描かれているで全く同情出来ず。
殺された女性がいい人だと、主人公・祐一に同情する事が出来なくなってしまうから
こういう性格に設定したんでしょうね。
でも祐一が思わず殺しちゃったシーンは
「こんなことぐらいで人を殺しちゃうかな?
こんな事でイチイチ人を殺してたら百人殺しても足りないわ」
と思った。
祐一が悪いわけじゃない、殺された女の子のほうが悪いんだ・・・
と読者に思ってもらいたかっただろうけど。ちょっと疑問だ〜。

それから、ラストで口下手な祐一が、べらべらと警察で供述する場面は
とても違和感があったけど。
一緒に逃げ回っていた光代をかばって本当とは違う話をするんだけど
どうしても、そういう話が出来るようなタイプの男の子に思えないんだよね〜。

そこらへんは私にはリアル感がなかったかな。
でもリアルにしようとしたら、作者の意図通りの作品は書けないだろうから
まぁ、これでいいのだ〜。

ちなみに光代は私の中で、光浦靖子が浮かんで来ちゃって
ベッドシーンで、ふと「なんか違うんでないかぃ?」と思って
途中でなんとか違う人を思い浮かべるようにしたけど。
マンガの絵の女の子とか。


面白くて一気に読んじゃいました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ルナさん

柿ピー、おいしいよね〜。食べ込むと(笑)味の違いも分かるようになる。分かります。東京の事務所にいた時に、近所のスーパーで柿ピーとチョコを買って仕事中にぼりぼりやってました・・・。でも、ルナさんが柿ピー食べすぎて太るかも・・・って、なんだか想像つきませんよ〜。
ちなみに他にはオレオとかも癖になって止められない時が・・・
りょう
2010/02/03 11:09
■りょうさん

柿ピー、マジヤバイって
ピーナッツのカロリーが高いせいかなぁ〜?
いやチョコも食べすぎてるんだよね〜。
そりゃ太りますよ〜。マズイな〜って感じ

柿ピーアメリカ進出し始めたの知ってる?
今アメリカ人にも受け入れられるらしいよ〜。

りょうさんはオレオが止まらないのね。
美味しいよね〜食べ始めるとお菓子は止められないから
最初っから食べないほうがいいかもね
ルナ☆
2010/02/03 13:31
ルナさん・・・

>最初っから食べないほうがいいかもね
って、分かってるのに食べちゃうんですって!(笑)

柿ピー、アメリカ進出ですか?やばい事教えないで下さいって!(笑)

以上、突っ込み2連チャンでした(笑)

ところでバーボンのつまみにカシューナッツ食べてるんですが、何か?
りょう
2010/02/04 10:41
■りょうさん

そうなんだよね〜。
最初っから食べないほうがいいかも・・・
って、自分に言ってただけなんだけどね(笑)
でも止められないんだよね〜。
あ〜マジヤバイ

アメリカの柿ピーはピーナッツを大きくしたらしいよ。
アメリカ人のこだわりがピーナッツに出てるよね〜(笑)

カシューナッツも美味しいよね
中華料理で鳥肉とカシューナッツの炒め物とか
あって食べた事があるけど、私はけっこう好きでしたぁ〜
ナッツ類はカロリーが高いけど
お肌にとってもいいらしいの
多少太ってもツヤツヤお肌のほうがいいよね!?
ルナ☆
2010/02/04 15:00
ルナさん

カシューナッツ、大好きなんですよ。鶏とカシューナッツの炒め物?それ、中華屋さんに行った時、何も考えないといつも選んじゃうので、あえて今日は違うのにしよう、位に定番です(笑)
ちなみにアメリカは日本以上においしい中華料理が手軽に安く食べられますよ。

ナッツのオイルが肌に良いのかもしれませんね。写真で拝見するルナさん、すごくスリムですから、ちょっと位太っても全然問題ないと思います〜。

ふと気付きましたが、『粘膜蜥蜴』『悪人』を読みました、が本題なんですね〜(笑)前段の所だけでかなり盛り上がってしまいました(汗)
りょう
2010/02/05 10:10
■りょうさん

あははは〜(o≧▽≦o)
りょうさんたら、のんき〜
そういう人、好き
柿ピーの話題に引っかかってくれる人がいて
よかった

アメリカは中華料理が手軽で美味しいんだ〜。
確かに映画とかでよくテイクアウトの中華料理とか
出て来たりしますよね〜。
でも日本には王将とバーミヤンがあるぞ〜
餃子の王将って知ってるかな〜?
今度東北・仙台にも進出したんですよ!
いつかは北海道まで行くつもりらしいです。

写真はうまくごまかしてるから〜。
痩せて見えるのかも
筋肉量がやたらと少ないんですよね。
運動するの嫌いだし。寝てばっかりだし
意外とぽっちゃりなんですよ〜(笑)
ルナ☆
2010/02/06 21:56
ルナさん

王将、知ってますよ!あの餃子とヤキメシが無性に食べたくなる事があったのを思い出しましたよ〜。学生時代に京都にいたので(王将はもともとあちらのお店です)、下宿の近くにあったんです。たまに金曜日餃子一枚100円って日があって、そんな時は溜め食いしましたよ〜。
でも東北、北海道進出かぁ。すごいですね、餃子パワー。安くて早くてうまいもんね。

って、食べたくなるじゃないですか!!(笑)

ルナさんは痩せてますよ〜。写真ってむしろ太く見えるんじゃなかったでした?見えない所でぽちゃってのもお愛嬌(笑)
りょう
2010/02/07 00:24
■りょうさん

へ〜りょうさんは京都にいたんですか〜
京都の大学だったのかな?
京都の大学生の本なら「万城目学」の
「加茂川ホルモー」とかありますな。

京都には、日本で唯一お皿洗いをすれば
ご飯代がただになるお店があるんでしょ?
学生にご飯を食べさせるためにって…
優しい店長さんがいるんですよね〜。
王将、食べたくなっちゃうでしょう
お店によって味が違うらしいけど
王将はどのお店も美味しいと思います
餃子は自分で作った方が美味しいと思うけど(笑)

う〜ん確かにあんまり見えないところが
太い感じです。太ももとかウエストとか。
まぁ、いっか(笑)
ルナ☆
2010/02/07 21:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
『粘膜蜥蜴』 『悪人』を読みました 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる