月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 草食系男子 と バブルに踊ってたのは、あなた達だけ(;´▽`A``

<<   作成日時 : 2009/05/20 18:01   >>

トラックバック 0 / コメント 16

画像

『草食系男子「お嬢マン」が日本を変える』 (牛窪恵・著)という
今、流行の草食系男子の実態に迫った本を読んだ。
(草食系の特徴→酒、車、海外旅行、セックスに興味なく、親と仲良し、節約上手で貯金をする)
でも実は草食系男子の生態に驚くというよりも、この本を書いた人の感覚に私は驚いたよ。
取材の過程でいちいち草食系男子に驚いて、理解できないって…
(取材し終わってから、その考えは古いとようやく気がついたそうだが)

あまりにも頭が固い!!
おばさん過ぎる!!
一体いくつなんだ( ̄。 ̄;)!?


と思ったら
私よりも2歳も年下の1968年生まれだとか…。
この人、バブル期にジュリアナ東京で、扇子持って踊ってたんだって。
別にジュリアナで踊ってた人は特に嫌いではないけどさー。
嫌いじゃないけど『私たちバブル世代』って、一括りにして語らないで
って思っちゃう。

特に若い世代に言っておきたいんだけど
バブルの時代を経験してるからと言っても
ウハウハおいしい思いをしてたのは、ほんの一握りの人達なんだからねーーーーー
だいたい大企業や金融・不動産業の人間ばっかりでしょう〜?
(あと水商売とか?青田典子とか…(笑))


中小企業に勤めてた私たち夫婦なんて、ボーナスはないわ
若いから給料安いわ(10万ちょっと)
土曜日は休日じゃないわ…。
夫婦2人で住んでたのは家賃5万円の安アパートだし。
(東京で5万はかなりボロイです。今学生が住んでるような1Kはだいたい7万円)

その上、今のデフレ時代と違って、物価がモウレツに高かった
1,000円台で売ってる洋服なんてなかったし、100円で売ってる物もなかった。
生活をして行くのがやっとこさ。

「なんでOL達は、しょっちゅう海外旅行行けたり、グルメ、エステに大金が使えるんだろう???」
って その当時、心の底から不思議に思ってたんだからね。

それを十把一絡げに「私たちバブル世代」とかって言ってもらいたくな〜い
嫌なのは、この人が「バブル世代」はみんなこうだった
みたいな書き方をしてる事。
ああ、どうかあなた達と一緒にしないで下さい・・・ (^_^;) 


この本を書いた人の価値観って
「アッシー・メッシー・ミツグ君は当たり前!
どれだけ私にお金をつぎ込んでくれるかが、愛情の証なのよね

って感じなんだよね。

それに『3高(高身長・高学歴・高収入)』?
なによ、それ。
うちのダンナは『3低』だよ。
悪かったね(でも幸せ〜

そして取材したお嬢マンから
「フッ、能天気な時代でしたよねー
テレビで見たことはあるけど、単なる資料映像って感じ。バカっぽいですねー」

と言われて、一瞬いきり立つ著者。
うう〜ん・・・草食系男子でなくっても
「バカっぽい」って思いま〜す(^□^;)



思うに…こんなにお嬢マン達に対して、理解出来ないとか言ってるのは
この人の周りには高収入で女にお金を使うのが大好きな肉食系男子しかいなかったからじゃないの?

昔からいた事はいたよ?
草食系な人。
でもこの人の場合、自分の周りに草食系がいたとしても
はなっから相手にしないで無視してたから
いないも同然だっただけなのでは?

私なんかは、若い時から男友達とワリカンは当たり前だったけど
この人は「男は女におごるもの」って思いこんでるし。
ワリカンにするような男性は付き合いから除外してたから
今、草食系男子の事を昔はこんな男いなかった…理解出来ない…って思うんでしょ?

あと女の子と一緒の部屋で寝てて手を出さないのは変だ…とか。
普通、女友達に手は出さないでしょうが(^□^;)

こういう人ってただの男友達にも襲ってもらわないと気がすまないのかなぁ(;´▽`A``
まんま「肉食系女子」なんだね〜

10年前ぐらいに、私より10歳くらい年下(大学生)の娘が、おじさんに
「終電に間に合わなくて男の友達とラブホテルに泊まった」と軽く言ったら
「男と女が一緒にいて、何もないなんて変だ。そんなの絶対嘘だ!」
としつこく言い張られて、私たちは
「何?それ〜?
ってびっくりした事があるんだけど。
その娘と私は、おじさんがいなくなってから
「友達同士なんだもん、普通だよね〜?なんかしなきゃいけないっていうほうが変だよね?」って。
上の世代の人は頭固いなぁ〜って、かなり思った事があったけどね。
その人は今は50歳代かな。

きっと「肉食系女子」は必ず襲ってくれるこういうおじさんとならフォーリンラブなんだろうね。
う〜ん、女に金つぎ込んでくれそうだ〜(笑)

別にいいんだけど・・・
そういう人はそういう人同士で、勝手にやってて下さ〜い (;´▽`A``


…と、草食系の男子に対して「ホントこいつらは、わからん…」
と思うよりもお立ち台に上がってパンツを見せて
男をアゴで使っていたバブル謳歌組のほうが
私からは遠い存在なのでした(Θ_Θ;)


この本を書いた人にはバブル世代をハスに見てるのは
若い子達ばかりではないという事をぜひ知っておいてもらいたいですね(U〜U;)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
いたね〜そんな人たち…
あの頃の人たちって私から見ても違う世界の人。
パンツを見せたり、胸にシールだけ張ってディスコで踊ったり…
それってもう服じゃないじゃん!って思ってた。

草食系の人、私世代くらいから多いんじゃないかな?
私は違うけれど…

ところで…
この本は面白かった?
ゆき☆
2009/05/20 23:35
確かに在りました。バブル時代。
その頃私は仕事に追われるばっかりで、その為確かに収入は多かったけど、遊ぶ余裕は有りませんでした。
で、稼いだ金は車とバイクに注込んで今は全く残っていません。

草食系? 肉食系? そんな括りかたしている感覚が理解できません。
だって人はそれぞれ違うんですから。

P.S.
『ワイルドソウル』を読みました。
正直言って、結末が安すぎる…
koo
2009/05/21 04:52
■ゆき☆ちゃん

いたでしょう〜?
不思議な生き物たちが・・・(笑)
パンツ見せて踊ってた人達は
下着売る女子高生とかに文句言えないよね(笑)

草食系はそうね〜
ゆきちゃんぐらいの世代にも多いかもね。
私達は猫系だよね←どんな意味が…(笑)???

この本、面白いか面白くないか
といえば、面白くなかったよ。
テレビでもうさんざんやってるしね〜。
目新しいところもなかったし。

まず第一に書いてる人が嫌だった。
バブル期に浮かれてた人間とは気が合わないと思うわ
ルナ☆
2009/05/21 14:33
■koo さん

仕事が忙しくても、収入が多かったんなら
それはそれでまぁいいですよね〜(笑)
うちの場合、夫婦2人で働いていても低収入だったから

そういうくくり方すると、本が売れるんですよ!
「負け犬の遠吠え」の時も、読んでイライラしました〜!
何?その分け方って!

人はそれぞれ違うっていうのは、正にその通りですよね。
草食系だからと言って
酒や車に全く興味がない人ばっかりでもないし。
日本人って、わけのわからない物に
役割や立場を与えて、安心するんですよね。
本当は一人一人、違うのに。
まぁ、この本を書いてる人も浅はかな雰囲気があるから
こんなもんか…って感じです
ルナ☆
2009/05/21 14:54
『ワイルドソウル』読まれたんですね〜。
もしかして骨太な物を期待しちゃいましたか
まぁ、エンターテインメントなんで
物語の軽さは仕方ないかな…っと。
安いのは結末だけではないと思いますよ
でも私は読んでその時楽しめれば、それでいい派なので(笑)
自分でお金出して買ってたら
ちょっと腹が立つかもしれないですけどね。

今『大地の子』を読んでますよ
すごく面白いです。
読む前から、辛くなるかな〜ってちょっと気が重かったんだけど
物語の最初からいきなり辛い話でしたね〜。
こういう本を出来るだけ多くの人達に読んでもらいたいなぁ。
でも、若い世代には受けないでしょうね・・・きっと
ルナ☆
2009/05/21 14:56
うん、言えない!子供が今いたら言えるのかな?
昔はパンツ見せて踊って、男を顎で使っていたなんて。
人としてもうダメだね…。

猫系か!なるほど〜
そうだね、猫系、いいな☆のんびりいつまでも…お昼寝していたい(笑)

面白くないなら読まない〜!
つまんない本を読むと時間を返して!!って思ってしまう。
今、ワイルドソウル読んでいるんだけど〜
最後が軽すぎるの???
え〜…今は面白く読めているんだけど〜…
ちょっぴり不安(笑)
ゆき☆
2009/05/22 12:35
■ゆき☆ちゃん

人としてもうダメ(o≧▽≦o)って
ホント、ホント。
でもそういう人に限って、昔の自慢話して威張ってるんだよね〜。
どういうつもり?って感じ〜。
恥ずかしいって気持ちが全くないのね

猫系…いいでしょう(笑)?
家の中でのんびりするのが大好き〜みたいな

ああ〜ゆきちゃん、ワイルドソウル読んでるんだ〜!!
最後が軽すぎる…っていうよりも
移民の話以外は、全体的に軽い感じじゃない?
別に私はそれはそれでいいと思うけどね。
暗く終わるよりも、明るく元気に終わってる感じで。
あんまり重すぎても、『大地の子』みたいに
読むのが辛くなっちゃって、苦しいよ〜
大地の子は名作だと思うけどね。
ルナ☆
2009/05/22 21:25
私、そういうひとって嫌いなの。
仲良くなんてなれないな〜
そういう人って大概、無作法で下品で…何より下品なのが大嫌い。

猫系流行るといいね〜(笑)
でも増えてきているかもよ?猫流行だし…表面上だけで終わって欲しくは無いけれどね。

ワイルドソウル、なんだか段々わかってきた(笑)
コカインの話になりつつあって、あれ?と。
入植時代の部分はどんどん読めちゃって…
珍しく今日、自宅で読んでいたのよ〜
で、コカインの部分であれ?と思い始めたからも通勤時間で良いやって辞めちゃった!
この本、あっという間に読めちゃいそう〜
井沢さんの本は2週間でもなかなか読めないのに…この前ようやく逆説…の三巻を読み終わりました☆
ゆき☆
2009/05/22 23:15
■ゆき☆ちゃん

仲良くなったら楽しいのかもしれないけどね〜。
でも会話がバカそう…
そういう女性が好きな男性って
一緒にいて会話が楽しいのかな…。
時事的な話とか出来なさそうだし、政治経済の話も出来なさそう。
知性が感じられない人間て男も女も係わり合いになりたくない。
特に男の人!自分の周辺の話しか出来ないような人はダメだなぁ。
昔はいろんな事を教えてくれる大人が回りにいたけど
今はいなくてね〜。
退職して暇になってる知的で博識なおじ様募集しま〜す
とか言って
いや、知的で博識なら若い人でももろちん結構です
でも、そういう人って暇がないから
ブログにコメントなんか書かないよね〜
ルナ☆
2009/05/23 13:15
ワイルドソウルは読むの途中で止めたの?
どんどん読めちゃって…
というのは、悪い意味で言ってるのね?
私はどんどん読める本は面白い本が多いから
悪い意味では使わないけどね。
でもこの本が今まで読んできた本の中ですごく良かったかというと
そうでもないのは事実ではあるが。

井沢さんの逆説は、宗教を教えてくれた巻が
すごく面白かったなぁ〜。
1回読んだだけでは忘れちゃうから、
また読み返したほうがいいかもなぁ。
でも宗教に興味を持ってる人って、少なそうだよね。
ゆきちゃんとは宗教感が合ってて良かったわ
ルナ☆
2009/05/23 13:16
お久しぶりです!
しばらく前にルナさんに解説してもらって
本当のことがわかりましたが(^^;)、
あの時代を経験しても皆同じというわけではないんですよね〜。
今でもメディアに出てくる人は皆バブル時代の武勇伝(?)を披露されますが、ああいう価値観って変わらないんでしょうね…。ゆきさんが書かれているように、無作法・無遠慮な印象があって…身近にいたらうまく話せなさそうな気がします(^^;)
あき
2009/05/23 20:33
ワイルドソウル、読んでるよ〜
違うの!悪い意味じゃないよ〜面白く読んでるよ☆
初めの方は入植の頃の話で興味深くてどんどん読めちゃって。
でもコカインの話になってきてから入植時代の話は一旦終わったのね、と思って通勤時でいいや〜ってなったの。
文章の書き方が読みやすいからどんどん読めちゃいそうだなって思ったの。
だって〜井沢さんの本、面白いんだけど考えながら真剣に読むからとても時間がかかって(汗)そういう本じゃないから早く読めそうだなって思ったの。
井沢さんの本、現代に近づくにつれてもっと面白くなりそう〜☆
神話の時代や、平安の頃とかって名前が覚えられない…それも時間がかかる原因(笑)
ゆき☆
2009/05/24 00:40
■あきさん

お久しぶり〜
いや〜解説はしてないけど(笑)
バブルを知らない下の世代が、
「バブル謳歌組みが普通だったんだ!」
って思われてしまうのが嫌なんだよね〜

タレントはバブルの時に派手な生活してた人が多かったから
自慢話するんだよね。
タクシー止めるのに1万円札をヒラヒラふって止めさせたとか…
「そんな生活、あんたらだけだよ!」
って、テレビの前であきれてますよ〜

この本の著者もジュリアナで踊った後に
男の人にナンパされてお持ち帰りされていたとか。
え〜、そんな恥をよく本に書くな〜
って感じでした。
自分のバカさ加減をさらけ出しても恥ずかしいと思わない
その感覚が、もうズレまくってると思うんだよね…。

どんな世代にも嫌なタイプの人はいるとは思うけどね。
サッチーみたいな
自分の欲望に忠実で、人の迷惑なんて関係ないって人。
あんまり係わり合いになりたくないです
ルナ☆
2009/05/24 12:55
■ゆき☆ちゃん

ああ、面白く読んでるんだね(笑)
今後の話は結構軽い感じで進んでいくと思うよ〜。
ただこの作者さんて、現代の感覚で戦後の時代を判断しすぎてるかな
とは思うんだよね。
その時代は、官僚や国もみんな必死だったんだと思う。

井沢さんの本、そうなんだよね〜。
名前が難しくて、覚えられないし、
読んでいるうちに
「そんな昔のマニアックな事なんてどうでもいいか〜」
って思えてきちゃうんだ。
私も読んだはずなのに、今となっては何一つ覚えてないの!
確かに現代に近いほうが面白くなる気がするね!
私も早く続きが読みたくなってきた〜(笑)
ルナ☆
2009/05/24 13:03
 私もバブル時代は仕事が忙しい時期で、お金は入ってきたけど、バイク
乗る暇もない休みもとれない時期でストレス溜まりまくりでした。
今より残業規制も緩やかな時期だったし。kooさんが書かれてますが、
私もこの時代に稼いだお金は、バイクや家電に投下して残ってません。
お金があってもバイクも乗れない、本読む暇も取れないなんて「豊かさ」
とは対極にある「貧乏な」生活だったなぁと思いますよ。
 この本は読んだことはありませんが、全然わからん括りですね。
ほんとに、バブル時代を謳歌していたなんて、一部と思います。
FZ-A
2009/05/27 00:04
■FZ-Aさん

FZ-Aさんもバブル期は忙しく過ごされてたんですね〜。
仕事ばっかり忙しくても「なんのために生きてるんだろう」
って気がしてきちゃいますよね。
心の豊かさにはほど遠い生活になっちゃいますよね〜。
かと言って、収入が低いと
結婚できない若者とかが問題になって来ちゃうし。
お金がなくても困りますよね。
結局1人1人が頑張って生きていくしかないんだろうなぁ。
棄民政策が行われていた頃の日本よりも今はましだし。

この本は「草食系男子」の分析(?)です。
こういう括り方で語ると、本が売れるってだけですね(笑)
バブルの頃か後ぐらいにも「オヤジギャル」
って流行ってましたよね。
きっと何十年か後には「そんな風に言われた事もあったな」
って程度だと思いますよ〜。
ルナ☆
2009/05/27 13:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
草食系男子 と バブルに踊ってたのは、あなた達だけ(;´▽`A`` 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる