月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『西渓園』は梅満開♪

<<   作成日時 : 2008/03/24 21:53   >>

トラックバック 0 / コメント 8

3月22日土曜日
とてもいい天気なので昼過ぎからバイクで出かける事に。
行き先は実家。

画像画像
画像画像

東京では桜が咲き始めたけど、実家 足利では
梅が満開の見頃なので
『西渓園』(地元の人は『さいけいえん』と言っていた)
の梅を見る事にしました。
実家の人間は1回も見に来た事がなくて
私も今回が初めて!
母親いわく
「梅の花なんか、そこいらじゅうに いっぺぇ〜咲いてるで!」
だそうで・・・
(つまり、わざわざ梅なんか見に行く必要もないって事)

しかし、しか〜し、ここは山の斜面一面に梅の木が植えられていて
プチ桃源郷って感じなんですよ。
梅の木の本数が多いから(1200本)香りも濃厚で。すごかったよ〜

画像
画像

梅を眺めながら山道を登って
上から見下ろすと、谷間を流れる川のように
梅の花の真っ白なじゅうたんが広がっていて
それはそれは美しい〜。
頂上から見た景色が圧巻で素晴らしいので
思わず写真を何枚も撮りました!
画像画像

画像画像
ここいらは、いのししが出るんだよね〜。うちの近所にも。

それから実家に。
実家の人達に梅の花の写真を見せようと
チャビちゃんがパソコンにデータをコピーしてくれたんだけど・・・
事件勃発。
「あのね。大変な事が起こったんだよ・・・(O_O;)」
と、暗い顔をしたチャビが言うには・・・
頂上から見た時の写真がごっそりと、消失してしまったそうな!
「ええ〜!うそでしょう!?

なんか実家のパソコンのハードがいっぱいになってて容量不足だったんだって。
もう〜がっかり・・・(´_`。)

今日一番、大切な景色だったのにぃ〜!
撮れてたらすごくいい写真だったはず。

あまりの事に気が動転して
「これからまた撮りに行こう!」って言ったんだけど、すでに夕方。
薄暗くなってしまった。。。
一泊して明日また撮ろうか・・・とも思ったけど
泊まるための用意もしてないし。
泣く泣くあきらめたのでした・・・。
天気のいい満開の日って、なかなかないから
「今日はすごくいい日だったぁ
って大喜びしてたのになぁ。
画像


気を取り直して、母親へ編んだベストをプレゼント。
すごく喜んでくれて、よかったぁ〜
・・・と思ったら、肩の目が三箇所ほどけてる!?
なんで!?全然気が付かなかった!
ちゃんと、はいだはずなのに、おかしいな〜
かなり気分が落ち込み気味に。 llllll(O_O;)llllll ずーん・・・
とりあえず普通の白い糸でほどけないように留めておいたけど。
画像

その後、なぜか茨城県まで
海の写真を撮りに行っていた兄が帰って来た。
兄が
「さみぃ〜さみぃ〜、海はさみぃ〜よ、なんにもなくてつまんねぇしよぉ」
とずっとブツブツ言っているので
「なんでこんな時期に海に行ったの?
もっと花の写真とか撮ればいいのに・・・ 梅とか・・・」
と言ったら
「梅なんか、つまんねぇ〜な!撮ったって、しょうがねぇ〜よ!!」
・・・と、吐き捨てるように言っていた。
実家の人間は梅の花に全く興味を抱いていない事が判明。

私とチャビは顔を寄せて
チャビ・「この時期はやっぱり梅でしょう〜」
ルナ・「なんで、『海』!?」
チャビ・「一字しか違って、ないのにね!」
ルナ・「『うみ』と『うめ〜』!!!!(*≧∇≦*)げらげらげら」
などと、こそこそ小さな声で内緒話。
どうも実家の人間とは気が合わない事を確認し合ったのだった┐(´〜`;)┌ 

その後、みんなで『元気寿司』へ。
さらにその後、チャビは私の実姉の離婚した元夫の話し相手をする。
(あ〜ややこしい !(; ̄ー ̄川 )
 
姉の元夫なのだから、私の実家とはもちろん血縁関係はないのだが
姉は出て行ってしまい、今はその元夫が私の実家の敷地に住んでいる。
(あ〜ややこしい!o(´ ^ `)o )

実の娘が実家に残ってくれたほうが、何かといいんだけどねぇ。
チャビちゃんにとっては、私の姉の元夫 ってものすごく遠い関係だね。。。

姉の元夫は、なぜか話し終わったあと
「聞いてくれてありがとう
と、お礼を言っていたそうな。
私は煙草臭い家に行くのが嫌だから、行かずじまい。 画像
姉一家に捨てられた犬、もこちゃん8万円


帰りはものすごく冷え込んで来て、真冬のように寒かった。
帰り道は、親孝行をまだまだ し足らなかったような気がして
せつないような落ち込んだような気分になる。
それ以前に実家は帰ると 息苦しい気分になる。
いつも寂しい気分になる。
閉塞感のある なんだか独特の寂しさだ。
実家付近は、物悲しい『気』で満ちている。

東京に戻ると徐々に、その気色悪い気分が晴れてくる。
何が原因なのか・・・よくわからないけど。
親のそばにいて、いろんな事をしてあげられないからかもなぁ。
罪悪感かな?

泊まりもせずに日帰りしちゃうしね。
でも、実家だと寝れなくて、体が弱っちゃうんだもん。

母親はベストをとても喜んでいたから、また違うのを編んでやろうかなぁ。
せめてもの償いに。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
満開の梅!!羨ましい〜☆
すてき〜いいなぁ、満開の梅が見られたなんて〜…
お花って難しいよね、満開で空が青くてってなかなか見られるもんじゃないもの。
きっと日ごろの行いが良いのよ〜☆

綺麗な色のベストだね、お母さん似合ってる〜☆
肩の目なんて落ちなきゃ良いんだよ、大丈夫ごまかしちゃえばOK!
始めて編んだのに綺麗に編めてるよ、ちゃんと完成しない人だっているんだから偉いよ、完成したんだし。
今度は是非お父さんとお母さんにペアで…是非☆

梅に興味ないなんてなんだか切ないね〜?
今年も綺麗だね!とかの会話が出来ないのね…私も海を見に寒い思いをするよりも綺麗な梅やいろんなお花を見たいわ。
私とは話が合うね(笑)
ゆき☆
2008/03/24 23:02
綺麗なお花のなかに
一際うつくすぃ〜大輪の花≡( ̄ー『+』ゝ発見☆
ほんま べっぴんさんやねぇ〜
惚れ惚れするわぁ+。:.゚+゚(〃∇〃人)゚.:。+。:. 
…と
ベスト いいやないですかぁ〜o(´▽`〃)o
お母さん うれしそぉなんが
むちゃにじみ出てはるぅ♪
こんないいお顔してくれはったら
また作りたくなっちゃいますよ(* ^▽^)(^▽^ *)ネ〜ッ♪
ばぁ
2008/03/24 23:10
■ゆき☆ちゃん
一番いいところから見た写真がないのが
ものすごく残念だよ〜。・゜・(つД`)・゜・。
着いたのがすでに夕方近かったから
なんか黄色っぽい景色になっていますが。
日ごろの行いがイマイチだったから
写真が消去されちゃったのかも〜(´囗`*)

なんかこういうベストって年寄りのほうが似合うよね〜。
もう何年も着てるように似合いすぎてびっくりしたよ(笑)。
そうね〜、完成しない人だっているよね!!
いい毛糸があったら今度また挑戦してみようかな〜。
今度の冬になっちゃうね。

なんで梅に興味ないのかね〜?
海もいいけど、梅は咲いてる期間が短いから
貴重なのにね。
ルナ☆
2008/03/24 23:18
■ばぁ
またまた、ばぁ〜ったら〜上手い事、言っちゃって(〃ー〃)
写真写りがたまたま良かっただけなんだよ〜ん。

ベスト、着せてみたら、似合いすぎてびっくりだよ!
とりあえず喜んでいたから、苦労した甲斐があるよ〜。
頑張ってまた編んでみようかな〜。
ルナ☆
2008/03/24 23:24
違うよ〜きっと「良いもの」が無くなった分、悪いことを持っていってくれたのかもしれないじゃない??
そう考えた方が幸せじゃない〜☆
きっとそうだよ☆

こういうベストね、本当に似合うよね〜(笑)
あったかくて着易いベストが一番欲しがるんだよ。
お店でもベストの編み図が一番人気だよ〜
夏物でもベストが人気☆

木に咲く花は本当に咲いている期間が短い。
貴重だよね…
今日の公園の枝垂桜も私、公園に始めて行った時から満開を見たかったの。今年ようやくだよ〜!嬉しいもん!8,9年越しだよ??
あれで青空だったら桜のほのかなピンクがよくわかるのに…
贅沢は言えないよね、また良い時に見られると信じて…
公園に遊びに行くわ☆

ゆき☆
2008/03/24 23:37
■ゆき☆ちゃん
さすがポジティブシンキングのゆきちゃん (*´‐`*人)
若いのに偉いわ〜。
きっと悪い事も持って行ってくれたんだよね。
でも悔しい〜(笑)!!なんで頂上から見た写真だけないの!?

セーターに比べたら、編みやすいもんね、ベストって。
今度は拾い目をしないですむ襟と袖で!!

ソメイヨシノよりちょっと早いと
見損なっちゃうよね。満開で良かったよね☆
今日は雨で寒かったのが残念!!
やっぱりお花は青い空の時が一番綺麗に見えるよね!
また見る機会があると思うよ☆
ルナ☆
2008/03/24 23:49
こんばんは おひさしぶりです
実家にいてもの悲しいって感じ 私も感じます
いつのまにか自分がよそ者になった感じで…
わたしは生まれた土地を 家を 捨てたつもりはありません
その土地を離れた理由はたしかにありましたけど
でも わたしは帰る場所があるっていうのを支えにしていたときもありました

たしかに 時間の流れにズレがありましたね ここと彼の地にはね
cocopelli
2008/04/03 00:52
■cocopelliさん
お久しぶりですね〜。
お返事が遅くなりましてごめんなさい。
cocoさんも実家にいると、もの悲しい気分になりますか?
なんとも説明しにくい感情なんですけどね〜。
男性の感じ方と女性の感じ方ではまた違うかもしれないですね!
女性の場合は、子供の頃からどこかにお嫁に行くって
いうのが前提で暮らしているから家から出て行く事に
あんまり抵抗はないんですよね。
そういう意味でいったん嫁に出たら帰る場所もないですし。
まぁ〜今は昔に比べたら出戻るのは、普通みたいですけど。

時間の流れは確かに違いますねぇ。
それってそういう土地のせいなのか、親の家だからなのかは
よくわからないんですけどね。
ルナ☆
2008/04/04 19:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
『西渓園』は梅満開♪ 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる