月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「恋愛の昭和史」を読んで

<<   作成日時 : 2005/07/04 20:56   >>

トラックバック 0 / コメント 16

画像
「一人の異性とのみ、排他的にエロティックな関係を
十年も二十年も続けるのは、不自然だと考えるようになった。
むろん、それができる人もいるだろうが、できない人が半分くらい
いるだろうと見当をつけている」
という著者による文学史。
タイトルは「昭和史」だけど、明治の文学からも扱っています。
文学作品の中で描かれている恋愛・婚前交渉・結婚制度・不倫・家族制度などの
紹介をしています。

その中で著者の考えがよくわからなかったのは「結婚外恋愛」に対して。
あからさまには言ってないけど本人は「いいな〜」と思ってるように
私は受け取ったんだけど・・・。
それとも、自分には関係ないけど世間の人達には「許す」
って事なのかな〜?
「一人の人間が一人の異性を選びだしたり、一対の男女が
相手を選びあったりするのは『差別』の最もたるものなのである。
不公平で、不平等なもの、それが『恋』なのである」
と著者は言ってますが。

著者は私の夫、チャビと同い年。
言ってる内容から独身男性なのかな?と思った・・・けど
調べてみたらとても美しい奥様がいらっしゃるとの事。
1999年「もてない男」が大ベストセラーになっているらしいです。

東大卒の著者はかなりモテなかったらしく、著作「もてない男」では
その恨みつらみが書かれているそうです。
「もてない男の私怨エッセイ」で
「恋愛至上主義」を批判してる内容らしいです。
ん〜・・・って事は、
当時もてなかったけど、今では美しい奥様を獲得して、その状態に慣れ、
当たり前になったので、今度は「結婚外恋愛」を求めたい・・・
衣食住が足りて、あとは娯楽を追い求める・・・みたいな。
そういう状態のように想像してしまいました。(笑)


私はこの「結婚外恋愛」という言葉、
「不倫」と言われるのが嫌な当事者達が、最近言い出したのかと思っていました。
でも違ったんですね〜。
この本の中で「巻正平」という評論家の本が紹介されています。
昭和34年に「姦通のモラル・・・・一夫一婦と結婚外恋愛」
という本が出てるそうです。
今時の言葉じゃなかったんですね〜。びっくり!

この巻先生は「姦通」という言葉を「結婚外恋愛」に置き換え、
「この結婚外恋愛を道徳的に認めることにしよう」と
提案しているらしいです。

それに対して私の一番の疑問は
「じゃあ〜子供はどうすればいいの?」
ということです。
男女関係に終始するのみで
(嫉妬という感情はどうするのか?・・・とか。)
「子供」については全く出てこない様子です。
夫婦がお互いに「婚外恋愛」を認め合ったとしても
「子供」にどう説明すりゃいいの?
そして、奥さんが他の男の子供を産んだら
その子は夫の子として受け入れ、育てるの???
(現代では恋人の子供を内緒で、夫の子として育てている
奥様達が急増中らしいですよ〜!)

結局この提言は世間には受け入れられずじまいだったらしいですね。

巻先生は恋愛結婚については
「結婚したとたんそれは『制度』になり、それ以前の恋愛とは
決定的に違うものになるということだ。だから、もし恋人同士で
結婚したいなら、『それには一つの条件があります。それは、
これまでの恋愛を結婚と同時に断ち切る覚悟をすることです』と述べていてる」
らしいです。
でも思うんだけど、そんなに「結婚外恋愛」したいんなら
最初から「結婚」という制度に入り込まなきゃいいのでは?
実際、そうやって一生、恋愛して暮らす人もいるだろうし。
そして「子供は持たない」くらいの気持ちでいりゃいいのに。
特定の一人に決めて一緒に生活する事もないのでは?と思うんですが。

巻先生の提言は時代が早すぎたようですが
今の時代は、そんなに無理してまで結婚する事もないでしょう。
「家庭という制度」を否定しながら結婚して
「結婚外恋愛」を認めろ〜!って言うよりも
初めから結婚しないで恋愛を楽しみたい♪ってほうが
すっきりしてていいんじゃないでしょうか?
まあ、背徳感がイイという人や、入手困難なものに対しての物欲に
異常なまでの情熱を傾けるような人もいますが。
(そういう人には結婚が必要なのかも・・・)


でも難しいのは、結婚に向いてるか向いてないかは
結婚してみないとわからないって事ですよね〜。
「家庭という制度」に否定的で、維持出来ない人は
やっぱり結婚向きじゃないと思いますが。

小谷野敦先生はこの記事の冒頭に書いた文章のあとに
「そうした問題については、また別の本で書くつもりだ」
とおっしゃってます。
そこでははっきりと著者の意見が述べられて行くのでしょうか?
私は著者の事があまり好きじゃない気がするので
読むかどうかは微妙なところですね〜。

「恋愛の昭和史」 小谷野 敦 ・著

                             6/13・記

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
あは(´∀`)/
著者さんに対するルナさん分析、いいですね〜。
結局ないものを求めてるだけ?みたいな。

それにしても、結婚外恋愛は、わたしには出来ないなぁ…。
たぶん、自分のダンナさんがそんなこと言い出した日には、
「ムキー(`Д´)/”離婚よ!!」
となってしまいそう。
まだ結婚してないから具体的なことは想像でしか言えませんが(--)
あき
2005/07/04 22:39

■あきさん
この中に出てく巻正平という評論家は自分の奥さんとの
共著でこんなこと、言ってたらしいのです。
でも意見が一致しない点があるって書いてたらしい。
それって奥さんを説得できなかったって事?
でもこんな事、奥さんに押し付けるダンナはどうかね?
ホント「離婚」って脅すくらいの事しなきゃね〜(笑)

私は結婚前に具体的に想像しておく事は重要だと思うよ。
自分と相手の性格を考えつつ、結婚後の生活を想像する。
それは後にかなり役立つ事になると思います!
確かに結婚したら「恋愛感情」はなくなるけど
結婚は人間の魂と魂の結びつきなんだからね!
恋愛だけが人間に必要なわけじゃない・・・と思うの。
ルナ☆
2005/07/04 22:55
結婚相手と魂が結びつくような濃い関係を作っていくこと、
人間らしくていいなって思います。
わたしもいつかは、そういう関係を作れてたらいいな-(゜゜)。

ちなみにルナさんは、結婚前にはどんな想像をされてたんですか〜(^^)?
あき
2005/07/04 23:58
ルナサンって本当に よぉ本読んではるねぇ(〃 ' ー')
本を選らばはる時のポイントって なにかある?
好きな作家の方とかというのは別としてね
結構色々な方面の本を読んではるから どぉやって選んではるんやろぉ?
って思ぅてん  ゴメンね 唐突で…

…と
うち この方の本 どこかでチラッと見て 合わないなぁ…
ってので 読み進む事が出来ひんかってん

結婚したら 恋愛感情… なくなっちゃうんカナ?
恋愛ではのぉなってしまうんやろぉか?
(ー'`ー;)ウ〜ン 難しいなぁ  なんだか…
うちは未だに ダーからの電話とかにドキドキしてしもぉたりしてるねん                 オカシイニカナ?????( VノェV)コッソリ 
ばぁ
2005/07/05 00:11
■あきさん
想像っていってもささいな事だったんだけど。
例えば一緒にコンビニ弁当を食べてても
それだけでとても楽しいのよね。
その時にチャビは「手作りの物が食べたい」とは全く言わなくて。
「この人はそういう要求はしないんだな」と思ったり。
散らかった部屋にいても「片付けて」なんて言われないし。
あ〜こりゃ、結婚後も厳しい事言わない人なんだな〜。
と思ってたな〜。

知り合いで奥さんは結婚後勤務地が遠くなって
大変だった人がいたんだけど
奥さんがセッセとご飯作ってる間、ダンナは新聞読んでたりするんだって。
奥さんは疲れきっちゃってて、不満がたまってた。
でもなんでそんなの付き合ってる時にわかんないのかな〜?
って思ったりもするんだ。
想像するって一人でするんじゃなくて二人でするんだよ〜。
「こういう時はどうする?」って。生活の具体的な部分て
なるべく細かく想像しておいたほうがいいと思うんだよね〜。
ルナ☆
2005/07/05 12:47
■ばぁ
面白そうな本は新聞の紹介とか
雑誌「ダ・ヴィンチ」とかから探します!
「ダ・ヴィンチ」も図書館から借りてくるの。
この本の著者ってなんか「ひがみ」の感情が全体的に
漂ってて・・・私も合わないな〜。感じ悪〜って思う。

ばぁは遠距離恋愛に近いもんね。
離れてる時間が長いから新鮮さが保たれているんだと思うよ〜。
うちは24時間一緒にいるからドキドキしてたら心臓が
もたないよ〜!!(笑)
3/12「恋の魔法」っていう記事に
ちょっと関連してる事が書いてあるから良かったら読んでみてね。

それにドキドキ感がなくなっても尊敬・信頼・深い愛情は
もっともっと高まっていくじゃない。
愛が穏やかに安定して行くんだよ。
だからドキドキするだけが男女間のいい関係ってわけじゃないと思うの。
ルナ☆
2005/07/05 13:01
関係ないけど動物行動学者の竹内久美子氏の本で
遠洋漁業で年数回しか帰ってこないダンナとの間にも
ちゃんと子供が出来るのはセックス後に排卵するからなんだって。
排卵期じゃなくてもちゃんと排卵するそうです。
それってやっぱり「恋」かな〜。
新鮮さがあるって事にも通じるかな・・・っと。
ルナ☆
2005/07/05 13:02
結婚前にいろいろ想像して「大変なヤツだ」とわかってたけど結婚
してしまったよ〜(笑)
私も今はドキドキ感はない(と思う)けど会話がかなり多い(と思う)
から飽きることはないな〜。
でも、この著者の言う婚外恋愛って男側のみの浮気のこと? 
それとも自分の妻にも「おれ以外の男をつくれ〜!!」って推奨してるの?
ユミミ
2005/07/05 14:01
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
ルナサンが言わはるよぉに ドキドキだけがいい関係とは思わないし
そぉ言ぅてるんでもないよぉ♪(*^―^*)♪
やし… 難しいな  になっちゃっててん m( _ _ )mゴメン
ばぁ
2005/07/05 14:30
■ユミミ
ユミミの場合、わかってて納得してそれを受け入れた上で
結婚したんだもん!!いいんだよ〜。○○ヤはマイナス要因全てを
上回るほどの素敵なプラスを持ってるってわけさ。
そうそう!!「飽きない相手」っていうのが結婚の大切な条件だよね〜。
わかるな〜!!

この本自体を読んだわけじゃないから、よくわかんない。
でも奥さんに「恋人を作れ!!」ってなんかフランス人みたいだよね。
フランス人の感覚ってさ〜独特だよね。独自の文化を形成してて。
「オレより好きな男の子供を産んだらオレが面倒みてやるよ」
な〜んて心が広ければいいけどね〜。
そしたら結婚ってなんの意味があるのか、わからなくなって行くな。
やっぱり今のところ、一夫一婦制が無難でいいんではないでしょうか?
ルナ☆
2005/07/05 15:54
■ばぁ
あはは。ばぁ〜って可愛いな〜。こんな可愛い奥さんいたら
ダンナさんは絶対、ほっとけないね〜!!
ダンナさんにドキドキ出来るなんてそれは最高にいい事だと思う!!
ばぁはず〜っと、ダンナさんにドキドキしてて欲しいなぁ〜!!
私はドキドキはないけど、ドキドキを上回るものがあるから
とっても幸せなんだ〜v(*^―^*)v
ルナ☆
2005/07/05 16:00
なるほど…想像は二人でしたほうが建設的ですね。うっかり、一人「空想爆走特急イノシシ号」に乗ってしまうとこでした(*--) 皆さんの書き込み読んで、結婚する時には相手のこと、自分のこと、未来のこと…よく話し合ってから決めたいなと改めて思いました。
あき
2005/07/05 16:50
■あきさん
一人空想は危険だぞ!!(笑)
まあ、ルナ的勘ではあきさんと彼さんは共通の目標があるし
話題はつきなさそうだから恋愛感情がなくなってからも
仲良く出来そうな気がするけどね。あくまで勘だけど。
夫婦は二人っきりになった時、話す事がないってのが
一番つらい状態なんだと思うの。その点、あきさん達は
専門的な事を議論し合えて楽しそうじゃん。v(*^o^*)v
ルナ☆
2005/07/05 18:35
o(>▽<o)(o>▽<)oキャハハ o(>v<o)(o>v<)oキャハハ
あてられちゃったよぉ〜〜〜〜〜(((((((o≧∇≦)o キャハハハハハハハハハッ♪
ばぁ
2005/07/05 21:53
あは(^o^)
ありがとです☆
そんな二人になれるといいな〜。
あき
2005/07/06 00:15
■ばぁ
だってうちは ばぁのところより結婚生活は
長いんだからね〜\( ̄∀ ̄*)/
若いもんには負けてられないよぉ〜。(?)


■あきさん
勘を働かせるって事も大切だと思うよ〜。
自分の勘を信じるべし!!
ルナ☆
2005/07/06 12:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
「恋愛の昭和史」を読んで 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる