月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「太古、ブスは女神だった」を読んで

<<   作成日時 : 2005/06/03 22:24   >>

トラックバック 2 / コメント 30

画像
「古事記」、「日本書紀」に登場する醜女(しこめ)。
太古の時代から現代までの壮大なブス論である。

ご存知、イザナキ、イザナミ神話の
妻のイザナミを「ブス」と設定する事から話は始まる。
その大胆さにちょっと驚き ( ̄□ ̄;)
黄泉の国に行ったイザナミはウジにたかられた
臭い腐乱死体となっているが
それって「ブス」と認定していいの?って感じ。
著者的には「日本最古のブス」だそうで。
著者の考えでは
「醜というのはもともと死に由来する観念で、
『誰にも逆らえない死の力』というところから頑丈とか力強いという
意味が生まれ、『死の穢れ』というところから
醜いという意味が派生したのではないか・・・」
という事だ。
現代的な「ブス」と比較すると、古代のブスはとても怖い。(@@;)


時代、宗教によって「ブス」の意味も扱いも変わっていくそうだ。
仏教思想によれば、病気や身体障害は
前世の行いが悪かったために「仏罰」を受けたという事らしい。
仏教は外見や身分にも優劣をつける。
病や障害、見た目の悪さを罪悪に結びつけた発想は、
障害者と健康者の間に優劣をつけることとなったらしい。

私は今まで現世で徳を積めば、幸せな来世があるという事が仏教的に
当たり前なんだと思っていた。(信じてないけど)
けれど、そう単純に考える事が逆に現世で障害や病に
苦しむ人達を責める事になるのだな〜っと
目からうろこ。(@_@;)

身分も健康も見た目も、前世の善行や悪行しだいという
仏教思想って・・・なんか、間違ってるような気がする。
なので平安時代は、見た目の悪い者は同情の余地なく笑われ
蔑まれ、陰湿にいじめられる。

これの教えって、犯罪防止の効果や、現世での不幸を慰めるために
開発された考え方なんだろうが、行き過ぎると
いじめを許可し、後押ししてしまう効果が強く出すぎるような気がする。

「人を見た目で判断しちゃいけないよ。
人間、顔じゃなくて中身だよ、な・か・み!」
と、建前上なってる現代からしたら、この仏教思想がはびこってる時代って
かなりシビアな状況ではないだろうか。
「前世で悪行積んでんだから、あの見た目なのよ〜
悪い事、してんだから当然の報いよね!」
って、自分の預かり知らぬ前世の事を言われてもね〜。
う〜ん・・・どうしようもないよね〜 (U〜U;)
でも当時の感覚からするとブス、貧乏、病気は「罪人」扱い。
それって現代の感覚からしたら、あまりにも心ないよね?

現世で幸せを手にする事が出来ないなら、来世に望みを繋ごう
・・・という考え方が、現世での生活をかえってつらいものに
するという事もあるんじゃないだろうか。
法華経の教えって結構、罪深い・・・・。

やがて男尊女卑の時代になり、ブスと笑われるは女だけに。
女だけが見た目やセックスの良さを評価される対象となるのだ。
これも腹立つ〜 o(`へ´*)o!!
そして、男性優位で男性にとって都合のいい女像は続く・・・。

現代もそうだけど美貌至上主義って生きにくい世の中だ。
人を顔で判断してはいけないって建前上の考え方はあるし
私も顔より、中身重視のつもりなんだけど
テレビ番組の「ビューティーコロシアム」で綺麗になった女の人達を見ると
やっぱり、変身前と後では全く印象が違うな〜って思ってしまう。
彼女らが、顔のせいでいじめにあったり、
つらい人生を送ってる事を考えると
素直に「綺麗になって良かったね〜!」って思ってしまうのだ。

でもホントはさ、美醜にこだわりなく、幸せに暮らせる
世の中が一番いいと思うんだけどね。

著者(女性)は147cm足らずの身長と顔のゆがみに
コンプレックスを覚え、ノイローゼにかかったそうだ。

このような自分自身の問題から
「醜パワー」が、かつての日本人に信じられ、畏れられていた時代が
あった事を知ることは生きる重荷を軽くする事が
出来るかもしれないと、思ったそうだ。

確かに歴史的に「ブス」を見ていくと、自分の容姿にこだわる事が
ばかばかしく思える。

だって、その時代によって価値観が変わってしまうような事なんだから。
だったら人はそんなものにとらわれずに
自分の価値観で生きればいいんじゃないかと思うのだ。

・・・と頭ではわかっていても、人間にはいい遺伝子を残したいという
本能的な部分もあるので・・・この問題は難しいよね〜 (´Д`;)ヾ


「太古、ブスは女神だった」  大塚ひかり・著

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
太古、ブスは女神だった
「太古、ブスは女神だった」を読んでにトラックバックしています ...続きを見る
チャリ通勤してたことと^^と喰う寝る遊ぶ
2005/09/19 22:53
太古、ブスは女神だった
「太古、ブスは女神だった」を読んでにトラックバックしています ...続きを見る
チャリ通勤してたことと^^と喰う寝る遊ぶ
2005/09/22 07:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(30件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんとぉに 難しいよ(*´・д・)(・д・`*)ネー 
人それぞれの容姿 考え方 価値観 があるんだから
結論ってのはないんやろぉね キット…
(ー'`ー;)ウ〜ン   難しい!!
ばぁ
2005/06/03 22:47
■ばぁ
ね〜。難しいよね〜。でもせめて、見た目の差別は
なくなって欲しいな〜。
私の若い時の話なんだけど、元彼と付き合ってる時に
「よくあんな人と付き合えるわね〜。若いのに偉いわね〜」って
三歳年上の女の子に言われた事がある!!(^Д^;)
きっと元彼は、その人からしたら
とんでもなくぶ男に思えたんだろうね〜。
一応褒めてくれたみたいだから、ちょっと複雑な気分だったけど。
どうも私はモテない男性好きなの♪
うふ♪だってマイナー好みだから。ライバルが全くいなくて
自分だけの物って気がするしぃ〜〜〜!!(*´▽`*)ゞ
ルナ☆
2005/06/03 22:57
そっそうなんだ!!
知らなかった〜・・・ウジにたかられて腐乱して、なんてブスとは言えないよね・・・怖い。
母親が言っていた、実家の近くに部落の集まっている地域があって母親が記憶にあるころでも酷い差別を受けていたって。
今でもあるんだろうね、結婚する時にそれが原因で出来ない人もいまだにいるらしいし。
家ではそういう人が集まって何でもない話をしたりしていたんだって。
昔の実家の寺では今で言う公民館みたいな感じで本堂をいろんな人に開放していたんだって。選挙とかの演説もしてたんだって!びっくりする。
ルナさんは本当に面白いことを教えてくれるね!
ゆき☆
2005/06/03 23:04
■ゆき☆ちゃん
イザナミは元々はとても美人で、ダンナのイザナキが黄泉の国まで
追っかけてくるほど愛されてたんだよね〜。
イザナミは火の神を産んだせいで死んじゃうんだけど
ダンナは嘆き悲しんで死因となった子供を殺してしまうほどだったの。
そんなラブラブだったダンナに腐乱した姿を
見られてしまったからショックも大きかったろうね〜。
そんでダンナはびっくり仰天して逃げ出しちゃうんだから。
いやはやなんとも・・・ (-。-;)神話は面白いやね。

う〜ん、ゆきちゃんの話は部落の問題だよね〜。
今は被差別者が集まって結社を作ってるよね。
結構、歴史の闇に隠れた問題って多いんだろうな〜。
仏教って人を救うような気がするのに
善い行いをしたものは仏の姿に似るっていう教えらしくて
それを変な風にとると、差別とか出てきちゃうんだろうね〜。
女性差別してるし。なんか、結局男性優位の考え方でしかないじゃん!!
ってちょっと腹立つ。
現代のお寺は違う風に使われてるから、いいな〜って思うけど。
地域の人たちにとっての心のよりどころになってるもんね☆
ルナ☆
2005/06/03 23:22
とても興味深く読ませてもらいました。実は先日の病院見学で、丸顔のアゴを細くして唇の形を変える女性の手術を見ました。気にするほど丸くない(←わたしのほうが丸いような(-ω-))感じだったんですけどね…。彼女を手術までいかせたものは何なんだろう…と考えてしまいました
あき
2005/06/04 11:43
ルナ☆の投げかける問題ほんと難しいよねー。人の表情って、前世の悪因縁のおかげで、なかなか自分でコントロールできなくて、その人の見ばえ上のブス、美しいに関係ないレベルで暗くなってしまっている人っていると思うな。(さとしのことだ)そのことは自分で気ずかない。人から言われて気ずいたら、時たま自分にチェックいれてみて、人生の長い期間で解決したいな。僕の場合だと、色欲の因縁を切ること。浮気をしないで終わるを人生のテーマにしたいな。大した社会貢献ができなくても、それだけはね。(笑い)生きることの意味が因縁を切ることに該当してます。多くのお方が、前世の徳を財産にさらに積みあげるみたうに人に優しく、明るくできてることは、うらやましいけど、人ごとテーマが違うからしょうがないか。ルナ☆はどっちかと言うと、自然に「人助け」できるひとみたいだよね。元彼はなにしてるかな?さとしは元彼になりたかったよ。
さとし君
2005/06/04 11:53
↑訂正・・積みあげるみたうに・・→積み上げるみたいに・・。あっ、それに今日の記事は何回も読みたくなる記事です。
さとし君
2005/06/04 12:02
■あきさん
19世紀に発見された「醜形恐怖」という心の病がありますが
日本では1970年代ごろから問題となりつつあったようです。
醜形恐怖によって、人間関係をうまく築く事が出来なくなるようです。
あきさんの目撃した女性は、たぶん心の問題のほうが
大きいんでしょうね。整形をしてもまたどこかが気になり
整形したくなるという人はどちらかといえば
精神科で治療するべきなんだと思いますね〜。
醜形恐怖の悩みの根底には対人能力の未熟さがあるようです。
人に受け入れられたい願望が強いのに人とうまく接する事が
出来ない。その性格の内面を見つめるのが苦痛なので
容姿の問題にすり替えてしまったりするのです。
「見た目が悪いからもてない」と思う事もそうだと思うの。
心の問題は結局、自分自身と向き合って自分で解決しなければ
ならないんでしょうね〜。
お医者さんはその手助けをするだけなんですからね。
ルナ☆
2005/06/04 12:32
■さとし君
確かに難しい問題ではありますが、個人として出来る事はまず
自分の内面を磨くという事なのでしょうかね〜。
ルナ☆
2005/06/04 12:34
ルナさんはよく面白い本を見付けるね。
美人は3日で飽きるが、ブスは3日で慣れる…とか言うけど、
そもそも「ブス」の定義なんて無いし、「美人」の基準も人それぞれ。
ビューティーコロシアムに出る人達は、
そんなに顔をいじってなくても、表情が全然変わるでしょ?
「綺麗になった」という自信が心も変えるんだろうね。
結局、内面が「ブス」状態の時は、良い表情も出来ないだと思うな。
すかんく
2005/06/04 17:53
時代、宗教、国が変われば価値観、風習、置き去りにされていく問題が
色々と出てくるよね。
最近読んだ本でちょっとショッキングだったんだけど、アフガニスタンでは「夫は(妻の行いが悪ければ)妻を殴るのが普通で、妻は夫の暴力にずっと耐えるのが普通」なんだって。そして「殴られてもじっと我慢し続ければ死んだあと天国にいける、殴られたからといって離婚を考えると地獄におちる」って教えられるとのこと。
もし姦通、家出、婚外性交渉(これはイスラム法上の犯罪にあたる)を行えばその女性は家族、親族により殺害されることも多々あるんだって。
イスラム社会は完全に男性優位(程度の呑気なもんじゃないけど)だからといっても悪しき因習だと思う。
そのほかにも今の世界情勢を考えたら、現代の日本という国に生まれたこ
とは本当に幸せなことかもしれないよ。
ちょっと主旨がずれたけどまじめな話でした〜!!
ユミミ
2005/06/04 19:48
昔は不可思議だらけですね〜視覚的な事って脳が発達した人間だけに与えられた宿命なのかな?難しや〜   野島伸司さんの昔のドラマの中の1話で「盲目の彼女と付き合っていた彼が目の手術の為に必死に働き、暖かい心優しい方、でも彼女は成功して見えた瞬間ボロアパートに住むピエロのお仕事のもてない風の彼に幻滅し彼をフリ、ナイスガイ担当医と結婚してしまう」というお話があり…もっと複雑な内容でいろんな事を問いかけられた気がしました。でも私もルナさんと同様、心、重視です。もてない男のいいところ探し大好きです。
うんうん
2005/06/04 20:33
■すかんくさん
「美人は3日で飽きるが、ブスは3日で慣れる」って言葉
男尊女卑的でとても嫌い!!そういうのは男が作り出した
ギャグ(?)でものすごく女性を馬鹿にしてる感じよね〜!!

う〜ん・・・それが、ビューティーコロシアムに出てた人は
整形でかなり治してたの。
ゲストの可愛い女の子が悩んでる人に向かって
「性格を明るくしてニコニコしてればいい」って言うのが
とても虚しく、心ない事、言うな〜って思ってしまった。
まるでその人の性格に問題があると言わんばかり・・・なんだもん。
(確かに性格的にちょっとね、って人も出演してたけど)
中身を知る前に顔だけで差別されて
いじめられるという現実がある限り
その人は顔を治さなければ
普通の人と同じ生活は送れないだろうと思うのだ。
整形後の姿を見ると「ああ、綺麗になって本当に良かった」
と心から思うのよ〜。
ルナ☆
2005/06/04 21:15
■ユミミ
そうなんだよね〜。最近の本で(インドかな?)恋した事で
生きながら顔を焼かれた女の子の本とか出てたけど
(本人が書いたらしい)とても、とても読む気になれない(>_<;)!!
嫌〜な気持ちになるのが目に見えてるからね〜。
インドも女性差別とカースト制がひどくて、家畜のような扱いだよね。

現代日本に生まれた事に関して私は常日頃とても感謝してるよ!!
だって戦争のない時代に生まれた事自体とても幸せだもん。
その幸運をみんな、本当にわかってるのかな〜?って思う。
例え戦争がない時代だって、昔は差別もひどかったし、
医療も発達してなかったし。私なんて成人前に死んでるよ!!絶対(笑)
第二次世界大戦後の日本が、私は一番平和だと思うんだ〜。
女性も強くなったしね(笑)よかった。よかった。

でも、イスラム教はホントにそんな教えなのかな〜?
一部の人に都合いいように、曲解して実践する人々がいるから
いけないんじゃないか、と思うんだけど。。。どうなの???
ルナ☆
2005/06/04 21:34
■うんうんさん
なんつ〜ドラマなんだ(笑)
ナイスガイ担当医は看護婦と不倫しちゃうかもしれないのにね〜。
もてない男の人はそれだけ、浮気もしないし、違う角度から
見たらとても素敵な存在なのに・・・(T T)
でも私は見た目は全く気にしないけど、中身に関しては
「そんな奴、どこにいるんだよ!!」くらい厳しいからな〜〜〜(笑)
あまり人の事は言えないかしら?(~_~;)
もてない君でも、たった一人から愛されれば
いいわけなんだから好みが合う人を見つければいいんだよね〜。
顔が良くてもてる男はダメだよ〜(- .-)ノ”
一人を大切にしなくてもすぐに次々といい女が現れるんだから〜。
やっぱり顔より、ハートだよね〜♪
ルナ☆
2005/06/04 21:49
あ〜、ちょっと説明不足だったね〜。
イスラムの教えではなくて、アフガニスタンの刑法では私的な場での暴力が犯罪にはならないらしいんだ。
だからそういった女性への暴力がイスラムの教えに反すると考える人も当然いる訳だけどイスラムのような男性上位社会では、一部の地域、部族で
因習としてまだ残ってるってことなんだよね。
アフリカあたりでは女性器切除とか、しきたりとしていまだに存在してる
っていうし。これも男尊女卑の最たるもののひとつだよね〜。
ユミミ
2005/06/04 22:12
凄い内容になってきてる!
みんな物知りね、勉強になります!
本当に今、自分が現代の日本にうまれてよかったなあと思います。
世界中では驚くようなことが普通に行われている。
あたしは幸せだなぁ・・・
ゆき☆
2005/06/05 00:45
こんにちは、ルナさん。
美人やブスの見た目の基準って確かに時代によって変わる(流行の顔も時代によって違うように)けど、中身の良し悪しを判断する基準というか、魅かれるものっていつの時代でも同じような気がするね。
現在の日本は行き過ぎた「見た目重視」のような気がしてるんだ、あたし。
ビューティーコシロアムで整形して、自信をつけて前向きに人生を歩めるようになった人には拍手を贈りたいけど、単に美人になればなんでもうまくいくと勘違いしてる人には「?」を感じるよ。そういうのって、中学生や高校生が高級ブランド品を持ち歩いたり、化粧をしたりと外見ばかりに目を奪われているのに通じると感じるのね。中身はカラッポ、みたいな。
綺麗なリボンと包装紙で、丁寧に包まれた箱に入っているだけで、中身は大した事なくてもOK!という、ハッタリに近いものを感じてしまうのだ。
ルナさんが常々「中身重視」と言ってるけど、現代人は見えにくいモノを見ようとはせず、見えるモノだけを頼りにしてる価値基準なのかもしれない、と思いました。
あれ?なんだか本題とズレちゃったね、ごめんよ〜。
小魔女
2005/06/05 11:04
■ユミミ
まだまだ世界的には暴力を許す社会は多いんだろうね〜。
それが当たり前の事として過ごすと疑問にも
感じなくなってしまうのかなぁ?
女性器切除は上位の男性との結婚する為に必要だから
母親や叔母がみんなで押さえつけてやるとか。
変な考え方だとは思うけど、本人の幸せを考える人たちに
とってはやらなきゃいけない事なんだろうね〜。
国によって常識が違うから、外からとやかく言う事でも
ないのかもしれないけど、女性を大切にしない国って
嫌〜な感じするよね。
「女がお前を産んでるんだよ!!」って男に言ってやりたいよ!!
ルナ☆
2005/06/05 13:36
■ゆき☆ちゃん
ゆきちゃん、自分が幸せだと思ってくれる?
そう思ってもらえるとうれしいなぁ〜ヽ(^o^)丿
この日本は平和すぎるためか、幸せを感じる能力が低い人が
多いように思う。あったかい布団で寝られて、毎日ご飯が
食べられるだけでも幸せな事なのに、欲深な人たちは
「もっと、もっと」と幸せを求める。それは情報化された
社会だから人と自分を比べやすくなったせいだとは、思うけど。
他人が「うまい事、やってる」「美味しい思いしてる」と
思うと自分が惨めなような気がしてくるんだと思う。
本当の幸せは自分の中にしかないのにね。
ルナ☆
2005/06/05 13:46
■小魔女さん
ううん、全然ずれてないよ〜!!
まっ、もし関係なくても好きに思った事を
書いてくれちゃっていいんだけどね。(*^-^*)

中身カラッポの人達ってホントにカラッポってわけじゃなくて
ただ、考え方が私とは違う人達なだけなんだろうな・・・
って思うのね。
美人でも空虚な生活を送る人もいるし、自分の思い通りにならない
もどかしさもあるだろうし悩む事も多いと思う。
そして美人になっただけで全てがうまく行くというのは間違いだと
いう事にいつか気がつくと、思うの。
そういう人は魂が幼いだけで、
経験を積んでそのうちわかるようになるんじゃないかな?
(って言うと、なんか私が大人みたいだけど
全然そんな事はないです(^_^;))
ルナ☆
2005/06/05 14:22
見た目重視に走ると、いつかは自分で自分の首をしめるような事に
なると思うよ。
人間は必ず年を取るし、加齢による衰えはいくら整形しても
限界があるでしょ?70歳の人がいくらなんでも20歳の
「美」と同じものを手に入れる事は出来ないし。
「美」を頼って生きていると、いつか突き放される時が来る。
見た目で寄り付いて来た男性は、離れていくし
離れていかないまでも若い女性と平気で比べたりするよ。
そういう心無い男は。
その時までに何を見て、何を知ったか、何について考えてきたかが
問われるんじゃないのかな?
結局肉体は、いつかは消滅するという事を念頭に
置いて生活していたら肉体の美よりも
永遠の魂が最終的には全てなんだと思えるんだ。私には。
ルナ☆
2005/06/05 14:23
ルナさんは考え方が柔軟だなぁ。毎度ながら勉強させられちゃうわ。
そうだね〜、「考え方が違う人たち」なだけなんだよね。どこに価値を置くかってことであって、必ずしもカラッポなワケじゃないんだね。
…とはいえ、やっぱり外見ばかり気になるというは、裏を返せば、その他に自分を自信付けるモノが何もないってことなのかなーとも思ったりします。
>結局肉体はいつか消滅する〜
このくだりを読んで思い出した。うちの母がそういえばよく言ってたっけ。肉体は現世にいるための『乗り物』でしかない…と。
『でも、どうせならイイ乗り物に乗りたい』って思っちゃうあたしも、まだまだですねぇ(^^;)
小魔女
2005/06/05 16:36
■小魔女さん
え〜柔軟だなんて言われると照れるな〜。どもども。

外見ばかりが気になるのは困りものだけど私も考えてみれば
シミ・シワになるのが嫌で紫外線を避けたり、太らないように
気をつけたり、髪の毛長く伸ばしたり、かなり気にしてるな〜。
あんまり人の事は言えんぞ・・・(*-д-)_/☆w(*゜ロ゜)w
「どうせならいい乗り物に乗りたい」って気持ちは
人間の気持ちとして自然でいいと思うよ〜。
何も全てを否定する事もないんじゃないか・・・って。
要するに自分が心地よく暮らせる事が一番いいのかな〜って
私は思うよ〜。
ルナ☆
2005/06/05 16:54
気持ち的にネガティブになってるときって、
見た目のことも中身のことも自信なくしちゃっうときが
あります(^^;)
けどそんな時って自分的にも快適じゃなくって、
人から見ても魅力的じゃないんですよね。。
ルナさんの言うように、「自分が心地よく」暮らすことって
自分のためにも、周りのためにも、実は大切なことなんじゃないかな
って思いました(*^^*)
あき
2005/06/05 23:10
■あきさん
あきさんでも自信なくしちゃう時があるなんてびっくり。
私からしたらあきさんはとっても魅力ある女の子だもん!!
(お世辞じゃないぜ☆ベイベー)
でもそのちょっぴり自信がなくなったあきさんも
可愛くていいかも(*´▽`*)
一般的に美人じゃないと言われてる人でも自信を持って
内側から輝いてると素敵ですよね〜。
光浦靖子さんとか作家の田辺聖子さん(お聖さん!!)
なんて自分に自信を持ってるからいい感じ☆で素敵です。
あきさんの事ではないけど、
ま〜、見た目で女性を判断するような男性は
しょせんその程度の男達なので、こっちから相手にしてやんない!!
くらいの気持ちでいたらいいでしょ〜(笑)
彼から「可愛い」と言われるのが一番ですよ〜!!
ルナ☆
2005/06/05 23:28
えへへ(*^^*)
そういわれると、照れちゃいます。
自信なくすときなんてしょっちゅうなのです。
こら、しっかりせんかー(`д´)/
と思うんですけどね。

ほんと、見た目で判断する男の人は、漢の風上にも置けません。
どんな人にかわいがられるよりも、大切な人一人にかわいいと
言ってもらいたいですよね〜。
見た目だけじゃなくて、存在自体をいとしく思い合えたら。
うーん、素敵。


あき
2005/06/06 15:13
■あきさん
誰でも自信なくす時はあるさ〜。人間だもん。
でも好きな人から慰められてすぐに立ち直ったりするんだよね☆
へへへ。

「存在自体をいとしく思い合えたら」って素敵な言葉ですね〜。
あきさん、詩人だわ〜。あきさん自身も真の男の価値が
わかってる人なんだ・・・って思う!!
ルナ☆
2005/06/06 15:58
 はじめましてー、茶太郎といいます。
 現在大塚ひかりさん中毒ですw

 またよせてもらうかもです。よろしくお願いします。
茶太郎
2005/09/19 22:55
■茶太郎さん
はじめまして〜。
トラックバックどうもありがとうございます!!(^∇^)
大塚ひかりさん、他にも面白そうな本がいっぱいありますよね〜。
私もまた大塚さんの別の本を読みたいと思ってま〜す♪
ルナ☆
2005/09/19 23:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
「太古、ブスは女神だった」を読んで 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる