月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS セカチューとノルウェイの森

<<   作成日時 : 2005/03/03 19:45   >>

トラックバック 1 / コメント 2

大ブームが過ぎ去った後に読む物語には
つらい物がありますね(T_T)

図書館で去年9月に予約した「世界の中心で、愛をさけぶ」
が巡って来たので読んでみました。
本を読む前に一切の情報をいれないように努力してた私。
にも関わらず
「実は本文中には叫ぶシーンはない」 とか
「編集社がタイトルを変える前は『恋するソクラテス』だった」とか
「作者自身が、ひとりの女性を愛し続ける性格で
世間では純愛と言われているが、
自分にとってはひとりの人を思い続ける事が一番解放された状態だ」と
いうような事言ってるとか。
あれやこれや。
ああ ! もう !!
大ブームってすごいですね(^_^;)
そして、否応なしに見せられる映画の予告偏。
そこには例のあちこちでパロディされてる
「だずげでぐだざい゛〜!!」の有名シーンが。
ちらっと見た映像をつないでいくと
すでに読む前には一つの物語が頭の中で
勝手に動き出してしまってました。

そして読書感想・・・でも感想がないんです。
思い描いていた以上の物は何もなかったから。
これは映画化されたブーム本の宿命なんでしょうか。
うう〜ん、この本が何年か後まで読み継がれるかどうかは
ちょっと疑問・・・かな?
(セカチューファンの方、生意気言ってごめんなさいm(_ _)m
私と相性が良くなかっただけですから。
特に私ってば世間と感覚ずれてますし・汗)


私としては同じく大プーム本でも
村上春樹の「ノルウェイの森」が好きですね。
赤い表紙と緑の表紙でお馴染の。
これにも「死」「恋愛」「青春」という
似たような要素が入ってます。

この傑作は何回も読み返したくなるし
この先消える事はないと思います。
いや、消えるどころかこれから先
世界中に広がって行くかもしれませんね。

「ブームになるほどだから誰でも読めて理解力はいらないんだろう」
となめ切りながら読んだ「ノルウェイの森」
読んでびっくらこきました。
す、すばらしい〜(>_<)
これはわかる人にしかわからない本だろうに
よくみんな読んだなぁ・・・っと感心しました。
中には「ムラカミハルキって、くら〜い !!」という人もいましたが。
ブームだから初めて読んでみたけど自分には合わなかったわ〜
という方も多かったのでしょう。
(いいんです。いいんです(^_^;)誰にだって好き嫌いがありますから)

「死や生の悲しみやなんかを、そのまま書き記せば
感動させられるというものではない」
という事がノルウェイの森からはびんびんに伝わってくるのです。
さすが村上春樹様。合掌。

ああああ〜〜最後は村上さんを讃美して終わってしまった(・・;)
「そうよ〜!! 私はただ単に村上春樹が好きなだけなんだよ〜!!」
(世界の中心『私の部屋』で村上好きを、叫ぶ)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
最近流行の本「もっと、生きたい・・・ by yoshi」を読んでみた。
「セカチューとノルウェイの森」について 実はつい最近、ほぼ毎日見るようになった「ルナ」△のブログにTBさせて頂きます。 過去の投稿を見てて、「ノルウェイの森」が載ってたもので、しかも今書きたい話題にほぼ直結。なんとまぁ・・奇遇というかなんと言うか(^^; ...続きを見る
偶成遊戯の徒然日記@WebryBlog
2005/04/04 23:53

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ルナさんは、読書家さんなんですね(^^)。
ノルウェイの森は、何度も書店で本の前を素通りしていました;。
何度かがっかりして以来、ブーム本は敬遠することが多いので、知らないいいものもたくさんあるんだろうな。

セカチュー以降、あの手の恋愛映画タイトルをやたら短縮して呼ぶ風潮はなんとかならないかと思います。最近では、洋画「君に読む物語」を「君読む」などと略してありました。映画の美しさが損なわれるから、やめて〜!!!と思います(>_<)。
いお
2005/03/03 20:34
読んでも読んでも砂のようにさらさらと
耳からこぼれて消えていってしまうの〜(T_T)
ああ〜賽の河原状態〜。←意味わかるのかな(^_^;)?

ところで・・・いいものは、後々まで残りますから
生きてる間に必ず出会えると思いますよ☆

でもねぇ〜長いタイトルは結構、迷惑ですよ〜。
それについて話し合いたい時とかに困ります。
セカチューは、もうなんていうか、世間の皆様の物なので
も〜好きにして(^^)という感じです。

洋画の「君読む」は確かにいかがなものかと、思いますが。

ルナ☆
2005/03/03 20:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
セカチューとノルウェイの森 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる