月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS リンカーン・ライム シリーズを読んでます☆

<<   作成日時 : 2013/04/27 16:49   >>

トラックバック 0 / コメント 3

映画化され話題を呼んだ『ボーン・コレクター』 (ジェフリー・ディーヴァー・著)
に続き、四肢麻痺の科学捜査専門家リンカーン・ライムを主人公としたシリーズを
全作読もうかな〜っと思いまして・・・
『ボーン・コレクター』がとっても面白かったので
(第1作目を読んだのはずいぶん前になります)


今現在9冊出てるうち、6冊ほど読みました!





画像
2・『コフィン・ダンサー』  

内容

ベッドから一歩も動かずスーパーコンピュータなみの頭脳で
犯人を追い詰めていく異色捜査官の本作における敵は
その刺青から「コフィン・ダンサー(棺桶の前で踊る死神)」
と呼ばれる殺し屋。
大陪審で大物武器密売人に不利な証言をする予定の証人を消すために雇われた彼によって
民間航空運輸会社の社長兼パイロットが
その毒牙にかかり、彼の妻が次の標的に。
大陪審まであと2日。追う者と追われる者の息詰まる勝負の行方は…。




夫の次に殺しの標的となった妻。
アメリカ女性の気の強さ強情さにイラっとする場面も (;´▽`* A)
「お願いだから、じっとしてて〜!」
って、思っちゃいました。

まぁ女性とは言っても夫と共に航空運輸会社を経営し
そこで女だてらに、自らもパイロットをしてて
責任感が強くて賢い人だから
このぐらいの気の強さがなかったら、むしろダメか?

とにかく私は飛行機に興味がないので飛行機の描写がちょっと退屈でした。
でも殺し屋との対決はスリリングで面白かったです。



画像
3・『エンプティー・チェア』

内容

脊椎手術のためにノースカロライナ州を訪れていたライムとサックスは、
地元の警察から捜査協力を要請される。
男一人を殺害し二人の女性を誘拐して逃走した少年の行方を探すために、
発見された証拠物件から手掛かりを見つけるのだ。
土地勘もなく分析機材も人材も不十分な環境に苦労しながらも、
なんとか少年を発見するが…。


私はこの作品、面白かったです。
ノースカロライナの土地の描写も興味深かったし
スリリングな展開だったし。
どんでん返しの連続で、「ああ!そうなのか!」
と感心する場面も多かったです。
ジェフリー・ディーヴァーって「どんでん返し」が得意なんですねぇ。



画像
4・『石の猿』

内容

中国の密航船が沈没、10人の密航者がニューヨークへ上陸した。
同船に乗り込んでいた国際手配中の犯罪組織の大物“ゴースト”は、
自分の顔を知った密航者たちの抹殺を開始した。
科学捜査の天才ライムが後を追うが、
ゴーストの正体はまったく不明、逃げた密航者たちの居場所も不明だ
―果たして冷血の殺戮は止められるのか。



前作に比べると、あまり面白さを感じなくて
読むのに苦労しました。

私が最初っから「それって変だろう」
と思ってた事に、私よりも何万倍も頭のいい登場人物達が
疑問を抱いてなかった事も
「なんだかな〜」って思っちゃいました。
「少しは変だと思って〜!」です。
最後の最後に種明かししてますけどね。

中国人と日本人がごっちゃになってるとこもあるのかな〜
と思ったひと言がありまして・・・
「中国人はノーと言えないんだ」
って!?
はぁ〜!?それは日本人の事ちゃうの?
中国人は、日本人と違って絶対謝らないし、文句も言いますからね。

細かく中国人習俗や習慣などを書いておきながら
このセリフはないでしょう〜。

中国人の気質を全く理解してないじゃん!
と思ってガクッと来た。
ホントにたったひと言なんだけどねぇ・・・

日本人はこのシリーズには全く登場して来なくて
「ジャップ」と言われただけ。悲しい〜。
もっと日本人に興味持って!と思っちゃった。

話の流れは、作者の手法に慣れて来たせいか
「またこれか〜」
という感じがちょっとした(笑)



画像
 5・『魔術師(イリュージョニスト)』

内容

ニューヨークの音楽学校で殺人事件が発生、
犯人は人質を取ってホールに立てこもる。
警官隊が出入り口を封鎖するなか、ホールから銃声が。
しかし、ドアを破って踏み込むと、犯人も人質も消えていた…。
ライムとサックスは、犯人にマジックの修業経験があることを察知して
イリュージョニスト見習いの女性に協力を要請する。



かなり評価が高い作品で、みんなこれ、面白いと思ってるみたいです。
でも私としては、魔術師が犯罪者だなんて、反則もいいところ!
って思っちゃったよ。
なんでも有りの世界なんだもん。
まるで、魔法使いみたいに。
「ありえなさ過ぎ〜 (´〜`υ)」
と、私には真実味が感じられなかったかな?




画像
 6・『12番目のカード』

内容
ハーレムの高校に通う16歳のジェニーヴァが、
博物館で何者かに襲われそうになるが、
機転をきかせて難を逃れる。
現場にはレイプのための道具に、1枚のタロットカードが残されていた…。
単純な強姦未遂事件と思い捜査を始めたライムとサックスだったが、
その後も執拗に少女を付け狙う犯人に、
何か別の動機があることに気づく。


なんで犯人はそこまで執拗に16歳の黒人少女の命を狙うのかが
最後の最後まで疑問だったけど
ラストで「なるほど〜!」と
謎が解けて、スッとした気分になりました。
それに(生意気だけど、とても賢い)黒人少女の今後の生活について
「良かったねぇ!」と心から拍手を送りましたね。
ラストが明るくて、気持ちよかった!

140年前の黒人公民権運動など
アメリカの歴史なども勉強になって面白かったです。





これで残りあと3冊!
正直、ちょっと飽きて来たけど・・・(笑)
次の作品が面白いらしいから、期待して読んでみよう〜っと





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです
梅雨入り前から体調崩し、突発で会社を休んでは、出社と繰り返してました
今迄も度々、季節の変わり目や天候が崩れる時に悪くなる傾向で、1ヶ月休職したりして、仕事して来ましたが、課長の堪忍袋の緒が切れたのか会社辞めたら家なんか売って、身分相応の生活したらと言われました
突発で休む人なんかに、仕事頼めないよ何処の会社に行っても雇ってもらえないよだそうです。

自分の病名は「身体表現性障害」と言う名前で、5年前から心療内科の病院に月一度通い、朝、昼、晩、寝る前、薬を飲んで来ました。
会社の産業医の先生、主治医の先生と相談し、本日より年内年明け位迄、長期休職する事になりました
今迄、課長からは何も言われなかったので、かなりショック
ですが、今回を期に、自分なりに色々考えて、先ずは自分が元気になって、家族を守り、会社にも迷惑かけない様に見つめ直そうと思います

見た目普通で、突然の頭痛、下痢、不眠症等が起こるので
はたから見た目には、何処が悪いの
思われていると思いますが、他人の目を気にせず、
自分自身がしっかりとして、克服したいと思います

自分の愚痴ばかりで済みません
はるひか
2013/06/04 22:58
■はるひかさん

大変そうですね
せっかく長期休暇をもらえたんですから
体の調子を整える事に専念してくださいね
ルナ☆
2013/06/07 16:24
有難うございます

今は、会社の事を考えずに、家族の事を第一

自分の趣味ばかりで無く、子供達、家族と
コミュニケーションとって、しかり治して
課長を見返すぐらい元気になりたいと思います
はるひか
2013/06/07 21:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
リンカーン・ライム シリーズを読んでます☆ 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる