月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『陽だまりの彼女』・・・ああ、確かに似てますね(笑)

<<   作成日時 : 2012/11/06 13:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像
『陽だまりの彼女』  越谷オサム著



内容

幼馴染みと十年ぶりに再会した俺。
かつて「学年有数のバカ」と呼ばれ冴えないイジメられっ子だった彼女は
モテ系の出来る女へと驚異の大変身を遂げていた。
でも彼女、俺には計り知れない過去を抱えているようで
―その秘密を知ったとき、恋は前代未聞のハッピーエンドへと走りはじめる!
誰かを好きになる素敵な瞬間と、
同じくらいの切なさもすべてつまった完全無欠の恋愛小説。




あおさんから、この本の主人公の彼女が私っぽいという
コメントを頂いて、読んでみたくなりました〜。

おお、確かに! (≧∇≦)

真緒のこらえ性のないところ、飽きっぽいところ
ダンナさんにしつこく甘えるところとか、ちぐはぐな性格が私と似てるなぁ〜
と思いました。
ブログの文章からだけで
私の性格が見透かされているとは!!!!
すごいぞ!あおさん! 。゚・(≧∇≦*。)・゚。


一方、主人公・浩介は、我が夫・チャビとは、あんまり似てなかったな。
チャビは25歳で結婚した時から
浩介君よりも、ずっとずっと大人っぽかったんです!
浩介君もなかなかいい人だけど
チャビと比べちゃうとね・・・ (比べてごめんなさい)
でもまぁ、浩介君、可愛い感じですよね。


ラストはせつなくて、胸が痛くなって、涙ぼろぼろでした。
やっぱり自分達夫婦と重ね合わせて読んでしまうところがありますね。


この作品「女子が男子に読んでほしい恋愛小説No.1」
というキャッチフレーズで売り出して
20万部を超えるベストセラーなんだそう。
女子が男子に読んでほしい・・・かぁ。
男の人はこう言われると、なんか気になっちゃいますよね(笑)

40代、50代の男性にも人気があるのだとか。
どうやら新婚当時を思い出すみたいですねぇ。
うんうん。それ、わかります



好きな人と暮らせる一日一日を大切にしようと思うお話でした。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『陽だまりの彼女』・・・ああ、確かに似てますね(笑) 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる