月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『猫怪々』 加門七海・著 面白かったです〜☆

<<   作成日時 : 2012/11/15 13:16   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像




猫好き、必読の書
その上、不思議好きなら、なお読まねば損、損
めっちゃ面白かったぁ。

加門さんが路地裏で拾った病気の子猫(のの様)の
オカルト格闘技子育て日記。
以来数々の怪異な出来事が起こります。
でも怖い話じゃなくて、全体的にほのぼのしてますけど。

猫好きじゃない人からすると、「猫になんでそこまでするの?」
って思われちゃうのかなぁ。

加門さんが猫に誠心誠意尽くしている姿を見て
嘲笑ったり病気の猫を拾った事に対して
よくそんなの拾ったね」と心無い言葉をぶつける人がいたという事に
私は思わずショックを受けましたよ。

加門さんは

うるせえんだよ。

と書いてたよ(笑)
まぁたぶん、本人には言ってないんだろうけど。

猫が人間の子どもと同じぐらい可愛いと思ってる人種からしたら
こんなひどい言葉はないと思うのね。



動物病院で出会ったおば様の話も興味深かった。
このおば様は猫を47匹飼っていて、さらに100匹飼ってるお友達もいるそうだ。
病気の猫を拾って育てている加門さんに対して
「あなた、絶対、いい事あるわよ」
「動物はちゃんとしてるからね。特に猫はすごいわよ。
逆に虐めたりすると、とんでもないことになるからね」
「これはもう絶対よ。私も猫百匹の友達も実感してることだから」

と言い、実際あった話をしていた。

そうか〜猫って、やっぱりそんなにすごいのね (≧∩≦)



日本語の達者な某国サイキッカーとの猫談義も楽しかった。
その方もおうちに猫がいるそう。

そのサイキッカーさんの言うことには
猫は人を選んでくるそうです。
人が猫を選ぶんじゃなくて。

そうなんだー!!
子どもが親を選んで生まれて来るって、聞くけど
猫の場合もそうだったの!?

うちなんて、猫ボランティアさんのところに
わざわざ自分達で行って貰って来た2匹だから、
私とチャビが選んだとしか思ってなかったけど
私たちのほうが、チョッ君とミュウちゃんから選ばれていたのかな?


最初1匹しか飼うつもりがなかったのに
「2匹いると面白いわよ〜」
とおば様達に強く勧められて、ついつい2匹とも引き取ってしまったのでした。


今ではミュウちゃんは本当にお母さん子(お母さん=ルナ)で
毎晩一緒に寝るし、どんな時でも私の上に乗って来て
一日中離れようとしない甘えっ子になってしまいました。



「ペットの声を聞く方法」を加門さんが試みて
頭の中に甲高くはしゃいだ子どもの声が届いたという話があったので
私もやってみようかな〜
と思ったけど、聞きたいことが特にない事に気が付いてやめた(;´▽`A``

わざわざ人間の声として聞かなくても
「にゃん、にゃん、にゃん」の猫の言葉で、言いたい事がわかるしね。


まぁ、どの話も面白かったけど
加門さんが、ちゃぶ台の下で遊ぶのの様を覗いた時に見た
白日夢(幻覚?)の内容がとても興味深かったです。
加門さんの前世での出来事のように思えますね。
加門さん自身にも、その白日夢がなんだったかわからないんだけど。

いいなぁ、そんな白日夢、見てみたい
悲しいのとか、怖いのは嫌だけど・・・(都合いいね


その他にも面白いエピソード満載
のの様の実の父との出会いの場面なんて
声に出して笑ってしまった。

あと、お母さんの実家の「シロ」一族の話も面白かった





陰陽師猫 のの様との今後の生活の続き・・・ぜひともまた読みたいな☆










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『猫怪々』 加門七海・著 面白かったです〜☆ 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる