月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS わが家の母はビョーキです 中村ユキ・著

<<   作成日時 : 2011/09/13 13:17   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像画像

「神様はどうしてこの善良な母娘に
こんなにも辛い試練をお与えになったのでしょうか(;_;)」

と思いながら読みました。

私はこのコミックエッセイを読むまで
統合失調症という病気が、こういうものだという
知識が全くありませんでした。

「トーシツ」には人それぞれのさまざまな症状と経過があり
この本の内容は私が経験したその一例です。

・・・と、ただし書きがしてある通り、ほんの1つの症例だと思いますが。


あまりにも壮絶なので、いろんな場面で涙があふれて来ました。
病気である本人・お母さんも辛いけど
その娘である著者の幼少の頃からの体験・・・。
お母さんは著者が4歳で発病したそうです。

著者が10歳の頃の事。
「ユキをコロセ」と何者かの声に操られている
お母さんが寝ている著者に包丁を突きつけていたり
包丁を持って追いかけまわされたり。
(お母さん自身 何回も自殺企図します)

著者はその日から熟睡できない体質になったとか。
そして悪魔のせいだと思った著者はたった10歳の時に
1人で宗教団体に入信したそうです。

その後、お母さんがパチンコ依存症になったために
お金と包丁を隠す小学生になってしまいました。

お母さんもかわいそうな人です。
自身の父親が家庭内暴力をふるっていたために
暖かい家庭を築くのが夢で結婚したのに
その相手がギャンブル好き。
知人のいない土地で、厳しい姑との同居で
ストレスがたまり、発病してしまうのです。

お母さんが病気になってもほったらかしで
借金を重ねていく父親。

(このお父さん、最低
離婚したあとも病気のお母さんのところにお金を借りに来るんです)



著者がお母さんに本当に殺されそうになった時に、ふとあきらめて
「いいやもう死んでも 生きるのだってツライから」
とつぶやきながら死を待つ場面では涙が止まらなくなってしまいました。



でもこんな絶望的な状況なのに
統合失調症(トーシツ)は治療を受ければきちんと改善するんですね!

トーシツとは、そもそも100人に1人がかかって
癌と同じぐらいの患者数なのだそう。
そんなに数多くの方がこの病気だなんて!
意外過ぎてびっくりです。

どんな病気もそうですが、早期治療が早期回復につながるそうです。

お母さんも色々とありましたが、治療を受け病状が良くなって来ています。

著者のユキさんは、とても優しいダンナさんと結婚して
お母さんと3人で暮らし始めて、今ではとても幸せそうです。

このダンナさんがとても優しくて大らかで、楽天的で本当に素敵な人です。

一時は「生まれてこない幸せもある」
と思っていた著者でした。
それが、今はこんなに幸せになれて本当に良かった(T−T)

少しでも多くの人がこの病気について理解してあげられるといいなぁ!と思います。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私もこの本読んだことありますよー。

周りに統合失調症の人が何人かいて(昔は精神分裂病って呼んでた)
だから大変な病気だって知ってたんだけど
詳しい事は知らなかったのでとても勉強になったよ。

このお母さん娘さん(著者)がいなかったら
どうなってたんだろうね。
もし、自分だったらこんなに親のためにできないなー。って
思っちゃいました。
ほんと、いい旦那様に巡り合えて
幸せになれてよかったと思ったよ
スノーボール
2011/09/14 12:17
■スノーさん

おお、スノーさん

スノーさんは知り合いにトーシツの方がいるのね〜。
そうだね。昔は精神分裂病って言われてたらしいね。
余計にイメージが悪い病名だよね。

お母さんは発病前はとても優しくて
ユキさんが生まれた時が一番幸せだった
って言ってたよね。
でもこんなに別人のようになってしまうなんて
病気って恐ろしいね。
ダンナさんと出会えたのは神様からの贈り物
みたいな気がする(笑)
もし1人でお母さんのためだけに生きていかなきゃ
いけなかったら、本当に生まれて来たことを
恨んでもおかしくないぐらいだよね。
お母さんとユキさんが幸せになれたこと、、、
私も心の底からうれしい
ルナ☆
2011/09/15 16:36
ルナっち

この本、表紙の絵の雰囲気で話が進むの?作者さんはとても強い人の様な気がするな。

ストレスって恐ろしいね。自分自身でもどこまで耐えられるか判断が難しいし、周囲からも目に見えないし。気合だとか頑張るとか、ある程度は必要な事だと思うけど、腹八分目じゃないけど、安全目、早目に対応しないといけないね。
りょう
2011/09/17 13:20
■りょうっち

そう!
この絵のままだよ。
だからどんなに恐い目に遭ってても
深刻に書いてないの。
どこかコミカルな軽い雰囲気で。

強い人にならないと、生きて行けなかったんだろうね〜。
ストレスが1番人間にとって悪いかも。
癌にもなるし…
放射能よりもストレスのほうが癌になるかもしれない。

何事も早期発見早期治療が大切よね。
ルナ☆
2011/09/17 16:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
わが家の母はビョーキです 中村ユキ・著 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる