月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「世界 高放射線 測る旅」を見ました☆

<<   作成日時 : 2011/08/01 14:29   >>

トラックバック 0 / コメント 4

「Mr.サンデー」「世界高放射線測る旅 南米・ローマで驚いた」
というのをやってたんだけど、今まで疑問に思ってた事がわかってスッキリです

なんやかんや言っても、自然放射線と人工放射線は多少違うんじゃないのか?
って思ってたんですよね〜。
でも、性質は両者、全く同じなんだそうですね。

被ばく線量が同じなら人体への影響は自然放射線でも
人工放射線でも基本的には同じだとか。


じゃあ、ラジウム温泉って、どういう事?
って思うんだけどね。


番組では放射性物質ラジウムを含む岩盤が点在する
秋田の玉川温泉を取材してました。

そこではお客さんが線量計を持参して
放射線の高い場所を選んで、岩盤浴を


最も高い場所で7.01マイクロシーベルト/h。


東京では主婦がパニックにおちいる数値なんですけど (;´▽`A``
(今日本の基準は年間1ミリシーベルト以下なので、毎時0.19マイクロシーベルト以下です)





あと番組では世界の自然放射線量が高い場所に行って計測してました。


ローマの小学校前を測ったら
0.42マイクロシーベルト/hもあったし。
街のいたるところで花こう岩が使われてるから、放射線量が高いらしいです。

ローマの家庭にお邪魔して測定値を伝えたら
お父さんは
「全てローマのほうが東京より高かったのですか?
それは少しおかしいと思うんだが・・・」


ローマが東京近郊のホットスポットと同レベルとは思いもしなかったようだ・・・
とナレーション。

「でもまぁイタリアにも同じかもしくはより高いレベルの放射線量が
あるのだから日本人も心配しなくてもいいと思いますよ」 

「悪い事なんか何もないね。43年間住んでるけど、1度もない」

とお父さんは笑いながら話してました。

2千年以上前からこの石の街で人々が暮らしてきたという事実・・・
とナレーション。

え〜!それじゃあ、東京から避難してローマに帰ったイタリア人とか
もっと高い場所に行っちゃった・・・って事???
(世界中に知らせてよ〜





次に向かったのは自然放射線量が世界一高いという
ブラジルのリゾート地ガラパリ。

ガラパリ黒砂ビーチは30マイクロシーベルト/hで
0.19マイクロシーベルト/hが基準になってる日本の150倍以上でした。

「このビーチの黒い砂がリウマチに効くと聞いたんです。医者にも言われたんですよ」
と砂を手に持って答えるお婆ちゃん。

黒砂ビーチに通う人たちを検査し周辺の都市と比較した結果
ガラパリの発ガン者数が他の街より低かった。
という研究結果もあるそうです。



そして日本でも昭和33年当時、各国の行っていた核実験によって、放射線量が高かった。
セシウム137の降下量は核実験前の1万倍だったそう。
野菜もかなり汚染されていたようです。

表を見たら、53年の間けっこうセシウムが降り続けていたんですね。




やっぱり1番問題なのは内部被ばくなのかなぁ。
放射性物質を吸ってしまったり、食物から摂ってしまうのがいけないのかも。

でも玉川温泉の場合 岩盤からだけの放射線ではなくて
大浴場では空気中にラジウムを含んでて
0.66マイクロシーベルト/h。
国の基準の3.5倍・・・。
さらに源泉の噴出口では0.83マイクロシーベルト/h。

それ・・・吸っちゃうんだよね?


低放射線を長期間浴びる事が
どのくらい人体に影響を与えるのかデータはないから
世界的にも全くどうなるのかわからないことだけど。


国際基準を決めた国際放射線防護委員会(ICRP)の人物の話によると
年間100ミリシーベル以上は問題だとはっきり言えるけど 
それ以下になればなるほどどんどん不確かになり
そのリスクは証明できないのだそうです。


う〜ん、うちはまぁ、外部被ばくに関しては、気にしない事にしようかな。


自然放射線と、人工放射線の人体への影響が同じなら
自然放射線量の高い街に住むのは、危ないって話になっちゃうもん。



雑誌とか読んでて、元々そんなに心配はしてなかったけど
このテレビ放送のおかげで、さらに安心感が

映像の力ってすごいですね(≧w≦)










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
初めての核実験以来200回以上核実験は行われてますからね。
世界中が放射能漬けで、いまや地球はタクアンの古漬け状態・・・・いまさら日本から逃げ出しても遅い!
ねこのひげ
2011/08/01 15:17
■ねこのひげさん

あはは
地球はタクアンの古漬け状態
・・・って笑い事じゃないですよね〜。
でも表現が面白かったから・・・つい(≧w≦)

そうですよね、日本から逃げ出しても遅いですよね。
ヨーロッパもチェルノブイリの時の汚染がひどかったから
セシウムとか、まだ残ってるだろうし。

テレビではホットスポットの流山から
ローマに観光に来てるご婦人がおられて
「放射線量が流山とほぼ同じぐらいです」と教えられて
「ちょっとほっとしますよね、同じぐらいなら」
って言ってましたよ〜
飛行機の被ばく量の高さにも驚きました
新聞で知っていたにも関わらず・・・。

12時間で27.7マイクロシーベルト・・・。
高いところでは1時間3.46マイクロシーベルト/hでした!

海外に逃げる時に飛行機に乗ると
かなり被ばくしてしまいますよね

放射線量の高い場所に住んでいても
普通に暮らしている人達の姿を見てとても安心しました
でもそれはもちろん東京の話であって
とても高い線量の所は大変なんですけど・・・。
ルナ☆
2011/08/02 09:20
外部被爆より内部被爆によって、
ベラルーシやウクライナの子供達は病気になってる、
95%の子供が何らかの疾患がある。

と、NHKのドキュメンタリーで現地のお医者さんが言ってるのを見ました。

現地の人々の言葉が一番信頼性あると思います

呼吸、食べ物に注意ですね
通りすがりです
2011/08/02 09:24
■通りすがりさん

お返事がとっても遅くなってしまってごめんなさい
体の具合が悪くて寝込んでいました

本当に…
呼吸・食べ物には注意が必要ですよね。
でも現地の方々の気持ちを考えると
東京にいる私がそんな心配してるのは
苦々しく思うかもしれないですね。
1番大変なのは、線量の高い地域の方々なんですものね。
その地域の方たちの事をまず先に考えないといけないですよね。
ルナ☆
2011/08/07 11:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
「世界 高放射線 測る旅」を見ました☆ 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる