月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 被曝=癌・・・ではない?

<<   作成日時 : 2011/04/01 00:49   >>

トラックバック 0 / コメント 12

「放射線とか放射性物質って怖いなぁ〜
何年か後にガンになるもんなぁ〜」

などと思っていた私でしたが
「池上彰の学べるニュース」で
学習院大学教授・村松康行先生の解説を見て、意外とそうでもないのかな?
と思うようになりました。
(村松先生は、チェルノブイリに調査で何回か入ったそうです)



1986年
チェルノブイリの原発事故では、今の福島と比べようもないほど
大量の放射性物質が一気に放出され広範囲を汚染しました。
はじめは全く情報がなく、住人は普通に暮らしていて
避難が遅れたり、牛乳を飲み続けたりしていました。


その後、住人はどうなったかというと。

2008年の国連科学委員会の報告では
18歳未満だった住民約6800人が甲状腺がんになり
2005年までにこのうち15人が亡くなった。

・・・そうです。

原因は高濃度の放射線で汚染された牛乳を政府から知らされることなく
飲み続けていたからと思われます。
特に乳児が飲んで、後にその影響が現れたそうです。


では甲状腺がん以外の癌は?というと・・・
疫学調査をやっている国際的な組織の発表では
甲状腺がん以外の癌は科学的に証明されていない、そうです。
(たくさんセシウムが体内に入っても)

もちろん原発で作業していた人達・・・
消防士たちなどは非常に高い放射線を浴びて
障害が残ったり、亡くなったりしました。


結局チェルノブイリでの被害者は、高濃度の放射性物質で汚染された牛乳を飲み続けていた人達と
現場で直接被曝した大勢の消防士達だけ・・・と池上さんは言ってました。



え・・・
数年たってから白血病や癌になる事はないの?


確かにに数年前に見たテレビで
汚染された土地に戻って暮らす村人がいるという事も知ってたし
最近の新聞にも、移住禁止となっている原発から20km地点で暮らす村人の事が載ってました。
事故から半年後には故郷に戻り、そのまま暮らしているそう。

記事によると
「事故との関連は不明だが、ウルーパさん(76)は身体の不調を覚えることがある」
と書いてありました。
癌になったとは書いてないんですね・・・。
(これから癌になるのかどうかはわからないけど)


それからチェルノブイリの現場で、作業員として働いていた人の記事も載っていました。
彼は防護服も支給されず5年間働いて被曝したそうです。
(え!?防護服なし!?)

「心臓などの健康障害で倒れた」
…とは書かれているけど
この人も癌になったわけではないんですね。


まぁ、癌にさえならなければ良いというわけではないですが…。
癌以外にどういった障害がもたらされているんだろう?
実際の被害がどういうものなのかはよくわからないんですけどね。

新聞によると国連の試算ではチェルノブイリの事故に起因する死者数は将来分を含め4,000人だそう。


その4,000人の詳細が不明なため、何が原因で亡くなるのかは よくわからないけど
少なくても、私が抱いていたイメージ「被曝=癌」・・・
というわけではなさそうです。




チェルノブイリの事故当時、若かりし頃に事故関連の本を読んで
怖い事ばっかり書かれていたので、その記憶が強く残ってたのかな。
「ヨーロッパ全土は汚染されてるから、旅行に行ってはいけない。絶対に癌や白血病になるから!」
というような怖がらせるような事ばっかり書いてあって
「ひぇ〜(゜ロ゜;)ヨーロッパも!?」
と思ったんだけど、その後のヨーロッパの様子を見て
案外平気そうだなぁ…と肩透かしをくらったように思った記憶があります。
本とか週刊誌って、怖がらせることを書くと売れるからね。
(その本のタイトル…昔過ぎて、忘れちゃいました…)


自然界に存在しないプルトニウムにしたって
中国やフランスやいろんな国が核実験やって
すでに世界中に撒き散らしてたんですね。
それと同じぐらいの量が今回出たとか。

フランスが核実験した1995年当時は不買運動とか
やってたのをテレビで見た記憶があります。
でもブランド大好きな女性達が「そんなの関係な〜い」
って買いまくってたよね(;´▽`A``
あれでプルトニウムを撒き散らされてたとはね〜。



ところで新聞によると
チェルノブイリ原発で汚染された土地で今、菜の花を育ててるそうです。
根が地中の放射性セシウムやストロンチウムを吸収するので
土壌浄化の効果が見込めるそうです。
収穫したナタネからはバイオ燃料を作るそう。

それは日本の民間団体「チェルノブイリ救援・中部」(本部・名古屋市)
が主導した実験事業「菜の花サイクル」。
植物の放射能吸収を妨げる肥料や家畜の汚染を防ぐ薬物も実用化されたそう。

村長は
「日本の支援のおかげで荒れ野に作物が戻った。事業拡大に努めたい」と語ったそうです。


この記事を読んで、黄金色に輝く菜の花畑が目の前に浮かびました。
福島原発周辺の土地にも、広大な菜の花畑が広がっているかもしれない・・・
と思うと、ほんの少し明るい気持ちになれました(*´ー`*)

いろいろと問題は山積みでしょうが
今後福島には、少しでも良い方向に進めますよう 願っています。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
ルナさんお久しぶりです。

私もこの震災で強く心を痛めていますが、将来を見据えて、良からぬ風評・風聞と、正しい情報とを、自分なりに判断していく能力が、今問われていると思います。

バカな政府に惑わされることなく、悪に善きに溢れる情報を自分なりに整理して判断したいと思っています。
koo
2011/04/02 05:24
■kooさん

あ、kooさんお久しぶりです
kooさんのお宅は大丈夫でしたか?

今、政府の言う事は信じられない…
という人が多いようです。
情報を隠してると思ってる人もいるようだけど
おバカ政府なだけに情報を隠す能力なんてあるわけもなく
全てが駄々漏れ状態(笑)

それにしても菅氏がのこのこと
「少し原子力について勉強したい」
と言って原発視察に行ったのは本当に余計な事でしたね。
菅氏を被爆させられないと必要なベントを行う事が出来ずに
手遅れになったというのは、後々禍根を残すでしょう。
(政府は否定していますが)
あと、廃炉にするのが嫌で
アメリカの支援を断ったって言うこともね。
政府主導にこだわるあまり官僚を使えてない民主党政権。
ダメッぷりが痛いほどわかってみんながっかりですよね。
(私は民主には入れてないけど…)
ルナ☆
2011/04/02 11:30
ルナさんこんにちは〜

チェルノブイリの記事見つけました。
http://www.nikkanberita.com/read.cgi?id=201103261156056

武田先生のブログです。
http://takedanet.com/
わかりやすく書いてあります
さとみ
2011/04/02 17:49
放射能等は、目に見えないだけに不安ですよね
放射能とは特別関係無いのですが、以前仕事で
下水浄化槽の工事に携わった事があります。
下水とか言ったら、臭いとか気になりますよね
それがですね、下水の排気口に芝生でバクテリアを
繁殖させた土壌の槽を作り、その中を通過する臭いを
そのバクテリア達が消臭してくれるんですよ
菌にも善玉、悪玉とありますからねー

本日は、花見ツーリングに行って気分転換してきました。
以前、アンビリバボーで紹介された芝桜を見てきました
目の不自由な奥様の為に、ご主人が一人で植え付けた物です。
凄い、綺麗の一言です
よかったら自分のブログ見てください
http://minkara.carview.co.jp/userid/711931/car/607140/2511994/photo.aspx
haruhika
2011/04/02 22:21
■さとみさん

情報どうもありがとう
武田先生のブログはずっと読んでるよ〜
ルナ☆
2011/04/03 18:59
■haruhikaさん

菌にも善玉悪玉ですか〜。
大腸菌もそうですよね

もう芝桜がこんなに綺麗に咲いてるんだ〜
綺麗ですね!
菜の花大好きです。
桜と一緒に咲く頃は本当にいいでしょうね
ルナ☆
2011/04/03 19:03
去年は、桜も菜の花も一番いい時期でした。
今年は、桜が遅れているそうです
ルナさんは、花の香り等での影響は無いのですか
haruhika
2011/04/03 22:37
■haruhikaさん

そういえばharuhikaさんの名前にも
「春」が入ってますね
本当に今年は桜の花が遅いような気がしますね。
でも東京もかなり咲いてますよ!

鼻の香りは全く害がないですよ〜
ただ過敏症の友達によるとパラの花なんかは
農薬がものすご〜くかかってるらしいんですよ!
だから花瓶に飾ってある花とかも要注意らしいんです。
花が飾ってあるような所に行かないから
今のところよくわかんないけど…
農薬は過敏症の人にだけでなく
誰にとっても身体に入ると良くないですよね〜。
ルナ☆
2011/04/04 17:18
花は、大丈夫なんですね
だから、藤の花の下でも平気なんですね
haruhikaにした訳は、長男、晏輝(はるき)、次男、暉(ひかる)の名前を合わせた結果です
長男の名前は、一生懸命に画数とか考えました。
歌手の安室奈美恵の子供、HARUTOの影響も少しありました。
次男は、晏輝の輝と同じ意味をもつ暉にしました
結構あっさりと決めてしまいました
haruhika
2011/04/04 19:40
■haruhikaさん

そうなんです!
お花は大丈夫です

ご長男のはるき君の字、読めません〜(笑)
ひかる君も難しい字ですね!
お子さん達の名前からとったんだ!
いいお父さんですね
ルナ☆
2011/04/07 18:18
チェルノブイリで一番被爆した方は施設が汚染された時に
これらをコンクリで密閉した方々ですよ。
当時放射能が危険と当時知らされないばかりか、何も教えられずに
鎮火に当った人達、密閉作業した人達現在ほぼ生きてはいません。

更にいえば現在安全とされてる目安もとりあえずの物であり
事故前原発従事者の中には安全といわれる50mmシーベルト以下でも
白血病等を誘発し亡くなってる方がいます。
現在日本の食品の安全基準は世界で見ても高い方(危険)であり3/14以降現在では
3/14以前と比べて、水も食料も大幅な基準値その物を引き上げています。
(気になるようでしたら調べる事をオススメします)

尚、肉・牛乳・魚等の現在の安全値500シーベルトというのは
WHOでいう基準で言いますと1000シーベルトが飢餓の可能性がある場合に限り
少量、短期間のみ、食用可というレベルになります。
3/14以前の基準値で言えば、税関で本来止められるべき値の5倍が
現在の安全値になっています。

最後にお肉の件でも麦わらは汚染されていて当然であり
これは言わば防げていた事故なのですよね
東京の建築資材に被災地の資材を使い、あちこちに汚染資材が行き現在消息不明な件や東京の下水で高い値が出てる件
これらを見てよくよく考えなければいけませんね。
通りすがり
2011/08/05 10:59
■通りすがりさん

お返事遅くなってしまってすみません
体の具合が悪くて寝込んでいました。

通りすがりさんは「放射線 測る旅」
のところの方と同じ方ですよね〜?
実は「通りすがり」という方がけっこう多いのです

本当におっしゃる通りですね。
私達は汚染された食べ物を食べるしかないんですね。
防げた事故…ですよね。
私の実家は栃木なので栃木牛も
出荷停止になってしまって悲しいです。
(牛農家ではありませんが)

東京の建築資材に被災地の汚染された資材を
使っていたとは知りませんでした。
持ち出し禁止のはずじゃなかったの?
本当にやめて欲しいですね・・・。
ルナ☆
2011/08/07 12:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
被曝=癌・・・ではない? 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる