月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『日本の恐ろしい真実』 辛坊治郎・著 

<<   作成日時 : 2011/02/07 16:16   >>

トラックバック 0 / コメント 7

画像



かつて与党の議員だった老政治家の言葉。
「関空の連絡橋は、初期の節制段階では片側2車線だったんです。
でも後に、建設族の政治家が圧力をかけて、6車線にしたのです。
理由ですか?決まってるじゃないですか。建設費の上乗せですよ。
建設会社は売り上げを伸ばせ、政治家は献金という見返りを受け取れる
そういうからくりなんですよ」


結局この橋の過大な建設費は通行料に跳ね返り
わずか4キロで1,500円という高額料金に。

通行料金引き下げのために国が買い取ることが決まったので
国民の血税が注ぎ込まれる事になったそうです。 (lll´Д`)=3 はぁぁ〜


政治家が業者と結託して公金を懐に入れる・・・
一事が万事この調子だよね〜(Θ_Θ)
かつての自民党はひどかったね。(今は派閥さえも機能しないほど力がないらしいが…)

一体、この政治家って、誰なのさ???

それにこの老政治家って、その事実を知りながら見てみぬふりして
見過ごしてた人だという事でしょう?
そんな人が自慢げに語ってる話を聞いて感心してる辛坊さんもちょっと情けないぞ

そういう公金懐政治(←私が考えた言葉(笑))は
民主党になって、少しは変わったのかなぁ。
(公共事業がないしねぇ…)


この本を読んでると、暗澹たる気分に陥る。
民主党になったって、相変わらずグダグダで
公務員改革も出来てないし、天下りの廃止も出来てないし。
日本を破綻から救うには、結局消費税を上げるしかないらしいけど
だったら、お役人の天下りを全廃して欲しいし
民間よりも高い公務員の給料も引き下げて欲しいんですけど〜。

どうせ民主党政権は消滅する運命なんだから
最低限、国民にとってのいい事をしてから
去って欲しいです

政府関係者や公務員がギリギリまで身を削って
努力した姿を見せてくれないと国民は納得出来ないよね?


それにしてもこの本、あっちゃこっちゃと関連のない話に飛んでまとまりがなかったなぁ。
雑誌の連載だから仕方ないのかもしれないけど
もう少し、1つの物事を深く掘り下げて欲しい気がしました!








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
自民党は本当にひどかったね〜
民主党もだめだからもうどこが政権を持っても信頼できないよね。
それでも…誰かがやらなくてはならないのだから…選ぶのが難しい。
どうしたらよいのやら??

民間の中小企業で働く人は大企業や公務員と違って本当に薄給!
こんなんで生活どうやってしていけというのか??
と思うくらい。
私なんてまだまだましなほうなんだろうな、それなりに好きな物が買えてご飯を食べられて、屋根のある部屋で眠れる…
それでも少ないお給料の中で払った税金を大切に大切に使ってほしい。
国民の大多数は本当に深刻だよね…
ゆき☆
2011/02/07 22:21
■ゆき☆ちゃん

自民党も民主党もダメだから
愛知県知事に大村さんが、名古屋市長に河村さんが
当選したんだろうね。
地方から国を変えようという気概のある人達が
頑張り始めてると思う。

永田町の連中ももう少し身を削って
議員報酬削減しなきゃ、国民は納得しないよね!?
民主党…無駄削減、削減、って言ってたのに全然出来ないし
もうやる気もないみたいだし。
がっかりもいいところだよね!

我慢して暮らしてる人達こそがよく考えて選挙に行かないと
いつまでたってもよくならないよね。
若い人が特に政治を動かして行かないと
若い人にとって住みにくい国になっちゃうし
将来多大な借金を背負わされちゃうよ〜
団塊世代は逃げ切れるらしいけど…
ルナ☆
2011/02/07 23:12
本当だね、どこに投票したら良いのかわからなくなってしまっているんだと思う。
地方は本当に大変、都会にいると感じないけれど地方は仕事がなくて困っているもの。たかだか2.3万の家賃すら払えなくて困っているんだよ??
そんな生活している人には河村さんの減税は魅力的に聞こえるだろうね。

今読んでいる本で川田龍平さんの本で「誰も書けなかった国会議員の話」を見ると議員はお金がかかるんだってわかる。
一生懸命頑張る議員さんもいるんだということはわかっている。
でも…目立つのは無駄ばかりしている人たちばかり。
そして段々「慣れ」がでてきてしまうことで始めに持っていたやらなくちゃ!って気持ちがなくなってしまうこと…

そういう人たちを私たち国民は見分けて投票しないといけないんだよね。
ゆき☆
2011/02/07 23:38
■ゆき☆ちゃん

庶民の暮らしを知らない国会議員って多いんだろうなぁ。
ゼイタクしてないと思ってるかもしれないけど
食べる物がない辛さって、わからないと思う。
特に鳩ポッポには絶対にわからないよ!(笑)

地方、大変だよね。
母親に電話すると必ず、「こっちは仕事がない」
って何回も言うもの。
仕事がなくて、建てた家を売って
どこかに行っちゃった人の話とか。
仕事があっても
月給200万円ぐらいのうちの兄みたいな人とか。
実家暮らしじゃないと、生きていけない…

河村さんの減税の話もそうだけど
議員報酬800万円にする…
っていうのもポイントだよね〜。
議員ってボランティア精神でやらなきゃいけない職だと思う。
ルナ☆
2011/02/08 13:07
川田龍平さんの本を読んでるのね!
今は外国人参政権について、考え直してくれたかなぁ〜。
前は、賛成してたみたいだから。
でもそれは議員に成り立てだった頃だから
今は違う考えになってるかもしれない…とちょっと期待(笑)

確かに一生懸命やる人もいるんだよね。
お金がかかり過ぎる…
もっとお金がかからない仕組みにしなきゃいけないよね。
外国で出来てる事がどうして日本では出来ないんだろう?
とにかく…議員はボランティア精神でやってくれなきゃ。
それに業界と癒着して儲けてる政治家はいなくなって欲しいよね。
選挙って業界票が入っちゃうから
私達一般人が一生懸命投票しても
こういう癒着政治家達が受かっちゃうのかなぁ…

でもみんながもっと選挙に行けば、もう少し変わって行くよね?
ルナ☆
2011/02/08 13:09
そうだよね、庶民の本当につらい生活を経験している議員っていないと思う。
私も食べるものがない苦しみは知らないもの。
何とか生きていけるだけの収入はあるから幸せよ。

地方の企業も優良な企業は普通の人は採用しないんだよ、大卒の子ばかり。
海外に生産拠点を移しちゃって地元には仕事がない…
年収だよね??お兄さん。
年収が200万って生活できないよね、家賃払ったら2〜3万円だって厳しい。

議員は儲けるためにする仕事じゃないよ!
本当にボランティアだよ…
選挙は行かなくちゃダメだよね!
自分一人が…なんて言っていたら何も変わらない。
興味を持って真剣に投票に行ってほしい。

川田さんは外国人参政権賛成だったんだ。
う〜ん…変わっているかな〜??
私は次はだれに投票するかな…
いろいろ調べて納得いく人に投票したいね!
ゆき☆
2011/02/08 22:45
■ゆき☆ちゃん

横粂君とか(笑)?
選挙に受かる前は、つましい生活してたけどな。

私は学生時代は食事に困った事もあったし
結婚してから困った事も多々あるけど・・・(笑)

地方も相当厳しいよね。
やっぱり優秀な人材しか採らないんだね。
海外に企業を移さないと、やっていけないし。
早く企業の税金を下げたりしないとね。

はい!年収200万円・・・
そんなもんだよ
休みが土・日だけじゃなくて、
金曜日もないのかな?
仕事がないから。会社に来てもらっても困るみたい。
その分、お給料も減っちゃうんだろうね。
実家にいるから、生活は大丈夫だけど。

議員は儲けるためにする仕事じゃない・・・
そうなんだけどねー
またそれを支援する人がいるからね〜。
業界密着型だよね。

海外では本当にボランティアでやってるのになぁ。
日本はなぜか「先生!先生!」になっちゃうのよね。

川田さん・・・
まぁ、まだまだ議員に成り立ての頃で
そんなによくわかってなかったんだろうね。
民主党じゃないから、大丈夫だとは思うけどね〜。

納得して入れられる人がいればいいけどね。
そういう人がいないのが、残念なのよ〜
ルナ☆
2011/02/09 18:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
『日本の恐ろしい真実』 辛坊治郎・著  月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる