月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『中国の専門家たちが語るほんとうに危ない!中国経済』  石平・著

<<   作成日時 : 2010/12/23 14:49   >>

トラックバック 0 / コメント 11

画像



「中国経済がこの先、いつまで高度成長を続けられるのか?」
この本を読むと、中国経済はかなりまずい事になっているように思えてきます。
もしかして、中国が発展してるっていう話は今年いっぱいで終焉を告げるのか?
と、思うぐらい中国の状況は深刻だという内容でした。
(本当かなぁ?)


利権集団による富の独占。インフレ。
対外輸出への依存。内需不足(消費する中間層がいないので)
不動産バブル。地獄のローンなどなど・・・
中国経済の問題は山積みなんだそうです。

成長・発展・繁栄しているさなかにも関わらず
暴動が多発して社会が不安定化しているというのは
よく考えてみれば大変な事だよね?(Θ_Θ|||)
社会が一番活気がある時期にも関わらず、失業者も2億人いるとか。
「蟻族」は有名だけど、高学歴の若者達も就職できずに苦しんでいる状況で。

じゃ、経済が失速したら、どうなるの
と想像すると、やはり恐くなっちゃいますよね(w´Д`w)


もし経済が破綻したら
民衆の恨みが一気に噴出して大混乱に陥って
「天下大乱」の時代の到来になっても不思議じゃないですよね。
(なんか、三国志を思い出すぞ!(;^〜^A )


そうなると政権は対外危機を作り出すことによって
国内危機の回避をはかる手段に出て来るんでしょうね。
今現在の政策も、そういうのが見え隠れしてますよね〜(´Д`;)



独裁政権が国民のナショナリズム感情をあおって、政権の求心力を高めて
経済統制を含めた「有事統制」を敷き混乱を沈める手段を使うらしいです。


中国人民解放軍の機関紙『解放軍報』は、2010年3月21日の1面トップに
「われわれはこれから戦争の準備に力を入れるぞ」
という内容の記事を掲載したそうです。
本当に・・・

侵略から国を守るという守備範囲を超えてより大きな活動の天地を
求めようとする中国軍の意思表明だとか(´Д`;)

(尖閣諸島問題なんか、その始まりに過ぎないのかも・・・)


まだまだ中国の発展に乗っかろうとしてる方向性の日本。
発展どころか、もし中国経済が破綻したら、どうするのか
って事も考えておいたほうが、いいんじゃないのかな
・・・と思うんだけど。


中国が今後、どのような経済状況になるのか、どういった政策をとるのか
わからないけども、これからも中国の動向にますます目が離せませんね。
う〜ん、ひたすら興味深い国ですね。





※本の感想なだけで、私は中国が嫌いなわけではありません



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
この人の本って読んでて興味深くて面白い。
どんどん読めちゃうよね〜!
この本も面白そうね、読みたい本が沢山あってなかなか進まないけれど…
この本も読むわ(笑)
ゆき☆
2010/12/24 00:44
■ゆき☆ちゃん

中国関連の本って、石平さんの本も含まれてたのね〜
じゃ「中国大虐殺史」っていうのも読んだかな?
次に読もうと思ってるんだ!
櫻井さんの本、借りる事にしたよ〜。

ところで三国志の作者は誰だったの???
教えてよ〜
ルナ☆
2010/12/24 13:35
そうなの、この方の本はイライラしない。
櫻井さんの本はイライラしまくり!!(笑)
それだけ中身があってしっかり書いているんだよね〜櫻井さん凄い!
私、ルナさんみたいに写真とか撮って置けばよかった〜何を読んだか題名だけではわかんなくなってて…(笑)
石平さんの本!まさにルナさんが読みたいと思っている本を読んだんだよ〜
他にも読みたい本がいっぱいで…

私が読んだ三国志、ちょっと待ってて〜
いろんな三国志についていろいろプリントアウトしてくれたから何を読んだのかわかんなくなっちゃった…
明日、仕事前に図書館に寄るから聞いてみるね〜
それより…蒼穹の昴を先に読みたいの(汗)
ああ、時間がない〜!!
ドラマより本の方が面白いんだ〜♪

ゆき☆
2010/12/24 23:05
■ゆき☆ちゃん

石平さんの「中国大虐殺史」を読んだんだ
奇遇だね

あ〜、櫻井さんの本、読んだら本当に
腹が立って夜眠れなくなりそう〜!

前に武田邦彦先生の「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」
を読んだ時にとってもイライラして来て
眠れなくなっちゃったんだよね。
この本も面白かったよ。ちょっと変なところもあったけどね。
ダイオキシンはあんまり(?)毒じゃないとか。
本当かなぁ〜?とは思ったけど。
武田先生は面白いし、いい人だなって思った。

櫻井さんの本、心配だわ〜
私、ゆきちゃんよりも怒りっぽいからなぁ〜。
そして、精神的に弱い・・・(←どうしょもないね
だから櫻井さんの本は避けていたんだけど・・・(´ρ`)
でもゆきちゃんのおかげで、読む気になって来たよ
どうもありがとう
やっぱり仲良しの友達が読んでると思うと私も頑張らなきゃ
っていう気がしてくるね(笑)
ルナ☆
2010/12/25 13:28
そうなんだ!
三国志…どの作者の本なのかわかんなくなっちゃったんだね
続けて読まないと、三国志は辛くない?
主要人物以外は、誰が誰だかわかんなくなる〜(笑)


蒼穹の昴は今、読んでるの?
私は今、続編的な『珍妃の井戸』と
『中原の虹』を借りてるんだ!
でも蒼穹の昴を読んだのがずいぶん前で
全て忘れてしまったからネットであらすじ探して読んでから
次の本読もう〜っと(笑)

ゆきちゃんは今本当に中国にはまってるんだね〜。
私も〜
気が合うね
また中国関連の本、何読んだか、教えてよ〜
ゆきちゃんが教えてくれた朝日新聞の悪さについて
書かれてる本は真実を知ってしまったら
死にそうになるぐらい腹が立つだろうなぁ〜。
ちょっぴり読んでみたい気もするけど…(´ρ`)


そういえば、『逆説の日本史』はどこまで読んだの???
ルナ☆
2010/12/25 13:32
だって図書館で背表紙見たら借りちゃうでしょ!!インパクトありすぎのタイトル(笑)
あ、この前言っていた本はね「暗黒大陸中国の真実 著ラルフ・タウンゼント」だよ。これもタイトルがね〜私に読んでと言っていた!!
櫻井さんの本で今読んでいるのが「日中韓 歴史大論争」っていう座談会の記録なの。櫻井さんも田久保さんもピシャツと言い切っていて気持ちが良い。腹は立つけど(笑)
南京のくだりでは面白すぎて笑っちゃった。30万人と言う人数は被害者側の気持ちの人数なんだそうで…わけわからん(笑)

三国志、地下書庫にあるから…結局わからなかった…
原典に近い物で漢詩とその訳が書いてあるやつなの。
そして1巻だからまだ誰も出てこない(笑)
歴史書って感じだから間が空いても大丈夫かな?

蒼穹の昴はお友達から上巻を借りたんだけど、下巻が見つからなくて…
図書館で予約したら6人待ちでね…
そのうちドラマが始まっていたから進みすぎて…
結局買っちゃった(笑)文庫だけど。読み終わったら貸そうか??
その続編も気になるけれどまずは本編を読まなきゃ!

逆説はまだ5巻だよ〜まだまだだ…
文庫版が私の図書館にはなくてね〜毎回他から借りるのを待たなきゃ駄目なのが面倒で…でもハードカバーも人気で…で、結局中国関係の本ばかり読み漁っているの(笑)
読みたい本のタイトルは沢山携帯に入ってるんだ〜
ルナさんもお勧めがあったら教えてね〜!
とりあえず櫻井さんの本は全部読むつもり!
石平さんのも読むつもりだよ〜

ゆき☆
2010/12/26 01:30
■ゆき☆ちゃん

ヤバイ!
石平さんの「中国大虐殺史」
私、これでさえも読むのが、辛〜い!
ダメだ・・・中国共産党のやった大虐殺・・・
腹が立ちすぎる。。。

続けて読めないよ〜。
最後まで読めるかな〜。
ゆきちゃん、よく読めたね?


櫻井さんの「日中韓 歴史大論争」?
あ〜タイトルからして、私には読めないかもしれな〜い!
なんか内容が想像できちゃうなぁ〜

南京は、30万人…って、
当時南京に30万人も人がいなかったのにね。
80後の若者たちが嘘八百を教科書で学んでるっていうのに
中国に何もモノを言う事が
出来ない日本人のふがいなさが腹立たしい。
共産党のやった大虐殺は葬り去られているのね。
ついこの前の話なのに。
共産党の大虐殺はもう表に出てこないで
封印されてしまうのかなぁ〜
ルナ☆
2010/12/26 15:13
三国志・・・そんなに原典に近い本なの?
なんか難しそうで、私には読めなさそう〜(笑)

「蒼穹の昴」・・・
1回読んだから、もういいや〜。
それに世田谷だと所蔵数が多いからいつでも借りられるんだ。
もう「珍妃の井戸」と「中原の虹」を借りちゃってるし。

なんか「浅田次郎とめぐる中国の旅」っていう本も借りちゃった。
写真がいっぱいあって「蒼穹の昴」「珍妃の井戸」「中原の虹」
の世界が描かれてるの。

ゆきちゃんはやっぱり中国関連の本がいいんだよね?
う〜ん、なかなかなさそうだけど・・・(笑)
だって中国関連って、腹立つし
なかなか読む気になれないよ〜

逆説は5巻まで読んだんだね!
確か私もそのくらいだったかな〜。
ルナ☆
2010/12/26 15:15
「暗黒大陸 中国の真実」
って70年前の中国なんだってね!
70年前なのに今の中国は全く変わってないだって?
はあぁぁぁ〜〜〜
これでさえも読んだら、腹立ちそうだなぁ〜
私が読むよりも中国が大好きな人に読んで欲しい・・・
ルナ☆
2010/12/26 15:22
石平さんの本は本当に凄い内容だよね。
「日中韓 歴史大論争」の方が読めるかもよ??
相手の言うことが滅茶苦茶で笑えるくらい。
気持ちよいくらい田久保さんと櫻井さんがそれは間違っている!と言い切っているところが好き〜(笑)
今は中国関連の本ばかりだね〜一時は小説も読んでいたけどね。
通っている図書館の一角がもうたまらない一角で。
次から次へと片っ端から読んでいきたくなっちゃう。

タウンゼントさんの本は日本も決して良くは書いていないの、だからこそ信頼できると言うか…日本人が良い風に書くことは出来ると思うの。
だから興味深くどんどん読めたよ。
本当に変わっていないんだね、信頼しちゃいけないんだよ…
ゆき☆
2010/12/27 00:16
■ゆき☆ちゃん

本当〜!?
「日中韓・・・」のほうがいけそう〜
ちょっと読んでみようかなぁ〜。

櫻井さんの「異形の大国中国」
借りたんだけどさー…ダメそうなら、あきらめる〜〜〜(´ρ`)
少し頑張ってみるよ

ゆきちゃんが通ってる図書館…
たまらない一角って…∵ゞ(≧ε≦● )プッ!
もしかして司書さんの趣味で集めてる〜
面白いね〜
読んだら、教えてよ〜。私も読んでみたい!

なんか昔は中国ってこんな国だとは思ってなかったよ。
やっと情報が入ってきたって感じ。
日本人みんなそうなんじゃないかな。
日本人がお人好しだから、中国人もお人好しだろう
って思って来たけど。

容姿は似てても、中身は全く違うっていう事を
ここ数年で知るようになった感じがしない?
私たちのように「だまされないぞ〜!」
って思ってる用心深い人よりも、相手を信用し過ぎる人に
よ〜く考えてもらいたい。

中国に技術を教えてあげたら、隣で同じモノを作って売り始めた
って、「4000年のどろぼう」って怒ってたおじさんが
いたけど、教えたほうが悪いんじゃないの?
って思っちゃった。
おじさんの工場は潰れたか、仕事がなくなったかしたらしいけど。
「どろぼう」…って、自ら教えたあげてた時点で
盗まれたわけじゃないよね〜。

こういう日本人ばっかりなんだもんなぁ。
少しは警戒感を持って欲しいよ
ルナ☆
2010/12/27 10:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
『中国の専門家たちが語るほんとうに危ない!中国経済』  石平・著 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる