月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 絶版 『暗黒祭(今邑彩・著)』 読めました〜(;´▽`A``

<<   作成日時 : 2010/09/11 21:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


世田谷区の図書館には、1冊もない『暗黒祭(完結編)』でしたが
品川区からようやくお借りする事が出来ました〜。
ありがとう!品川

図書館側もシリーズの最終巻なので、購入も考えたようですが
なんせ絶版なので、もう入手出来ないんですよね。
まだ2003年発行なのに、絶版って・・・
人気ないのかな〜。面白いのにぃ。
シリーズとして、きちんと計画的に出してたら
たぶんこんな事にはならなかったのではないかと思うんだけどねー。

だって、タイトルがみんな違ってて『蛇神』シリーズだって事が
全くわかんないんだもん。
続き物だってわかるように出して行けば良かったのに!



大風呂敷を広げて、どうまとめるのかなぁ?
と思ってたけど、なるほど、そう来ましたか〜。
『翼ある蛇(2巻)』『双頭の蛇(3巻)』では主役だった喜屋武蛍子は
主役の座を引きずり下ろされ、その関連の話は、ばっさりと切り捨てられていた〜

まぁ、そこで引っ張っても、しょうがないし、なくてもいい事はいいんだけど。。。
なんか行き当たりばったりで話が作られてた感が・・・。


しっかし、まだまだ続きを書こうと思えば、面白く書けそうな雰囲気なんだよね〜。
日美香が産む蛇の足を持った子供の事とか
(小室哲也を連想させる)敏腕プロデューサー
と、死人の魂を呼び戻す歌声を持った火呂の活躍!
あとは、失踪して死んだと思われる伊達が復活して、また活躍!
・・・などなど・・・
これから いっくらでも話を膨らませる事が出来そう!

そうすれば、半村良が描くような壮大なSFになりそうなんだけどなぁ。
まぁ、最終的には宇宙まで飛んで行ってもらいたいというか。
もはや『角川ホラー文庫』の域を超えちゃいますね(笑)


今邑先生、ぜひとも今まで以上に大風呂敷を広げて下さいよ〜。
せっかくの個性的なキャラクター達なのに、これで終わりだなんてもったいない!
みんなの将来がもう少し、見てみたいです




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
絶版 『暗黒祭(今邑彩・著)』 読めました〜(;´▽`A`` 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる