月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ネトゲ廃人」(芦崎治・著) 読みました

<<   作成日時 : 2010/04/24 17:58   >>

トラックバック 0 / コメント 2

画像


ネトゲ廃人・・・
イメージからして独身の男の人が多いような気がしてたけど
この本では女性が多く取り上げられていたのでちょっと驚いた。

でも著者と話をするために喫茶店まで出てきたり出来る程度の人が
結局は取材対象なのかもしれないなぁ。
あまりにも人と会うのが苦痛なほどの人は
取材に応じたりはしないだろうし。

読んでみて意外に思えたことが多かった。
私自身がゲームを全くしないので
ネトゲにはまってる人達に対してのイメージが
偏見に近いぐらい固まってたんだなぁ。

外出も出来ず、人と目を合わせて話が出来ない・・・
仕事に出ることも出来ず食事はカップラーメンとかパンぐらいですませて
ず〜っとパソコンに向かっている・・・みたいなイメージ。(そういう人もいるのかな?)

でもここに出てくる人達は普通の人が熱中できるものに出会ってしまった
というような印象を受けた。


あと意外に思ったのが主婦がはまってるという事。
主婦って現実の生活に根を下ろして暮らしていそうなのに。
子供のいる人でさえも夢中になってゲームにどっぷり・・・らしい。
そして若い男の子とネットゲーム不倫の関係になることが多いとか
まぁ・・・実際はどの程度の人数いるか、わからないけどねぇ。
世の中いろんな人がいるしねぇ。

ネット恋愛の話は面白かった。
ゲーム内では正に理想どおりの彼とラブラブになり
実際に会ってみたら、それがとんでもない自己中男で
もう会いたくないのに「会わないとネットでも別れる」と言われて
嫌々つき合い出したはいいがひどい仕打ちをされる女の子の話。

彼女が本当に恋してたのは、ネットの中のアバターの彼なんだね〜。
なんか不思議。
少女マンガに出てくる男の子を好きになっちゃうようなものなのかな?
そして漫画やアニメとは違って会話出来るし
優しい言葉もかけてくれるし、リードもしてくれるし・・・
って感じなのかな?

でもそれって、別にゲームだけの話じゃない気がする。
チャットとかでも恋愛に発展するんでしょう?
私はチャットってやった事がないから
どんな感じなのか全くわかんないんだけど。


まぁ、ゲームだけじゃないよね。
中毒になるのは。
アルコール、薬物、ショッピング、ギャンブル・・・
人間は快楽を得られるモノで、なんでも中毒になっちゃう。

中毒にならないようにするのに1番いいのは
「最初からやらないこと」
とネトゲ廃人たちの大半が言っていたのがとても印象深かったですね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も気をつけなきゃですねー。

今のところゲームはオフライン専門なんで大丈夫かな?
他の人と一緒にゲームをするのは気を使うので苦手です。

しかし、ネトゲにはまって不倫までしてしまうなんて
なんか正直バイタリティーあるなって思ってしまう
毎日の生活だけで息切れしてる私から見たら
逆に健康そうでうらやましい?かも。

しかし中毒は予期せずなりがちなので
ネットゲームには手を出すべからずですね!
スノーボール
2010/04/24 22:50
■スノーさん

あははスノーさん要注意だよ〜

なんかネトゲって独特みたいね。
仲間とやるから、途中で抜けたり出来ないし
人に気を遣いながらやらなきゃいけないみたいだよね。
「今私が寝るとみんなが死んじゃう!」
っていう状態があるらしいし。

ネトゲをやる人って恋愛って会ってすぐに同棲したりとか
普通と感覚が少し違うみたいだよ。

不倫なんて元気あるよね〜
子供がいる人はあんまりはまらないでもらいたいなぁ
って思っちゃうけどね。(ゲームも不倫も)

ネットゲームは最初からやらないほうが無難かもね
ルナ☆
2010/04/25 21:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ネトゲ廃人」(芦崎治・著) 読みました 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる