月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『天使と悪魔』(ダン・ブラウン著)を読みました。

<<   作成日時 : 2010/03/21 18:43   >>

トラックバック 0 / コメント 8

画像

『天使と悪魔』 (ダン・ブラウン/著)を読みました。
図書館から『ヴィジュアル愛蔵版』というのを借りたんだけど
これがまぁ〜、辞書のような厚さで重い重い
そして、香水のにおいはしなかったけど
化学物質過敏症の症状が出る成分が染み込んでいたみたいで、読んでて辛いのなんの
(もしかして夏場に借りた人が
電子蚊取器とか使ってた場所で読んでたのかも〜

最後のほうは、かなり斜め読みしてしまいました。
私は『ダ・ヴィンチ・コード』のほうが面白かったかな。


『ヴィジュアル愛蔵版』というだけあって、写真やイラストが多くて
わかりやすかったです〜。
その点は『ダ・ヴィンチ・コード』よりも親切で良かったと思います。

科学と宗教の戦いというのが、テーマの1つです。
キリスト教にとって科学が発展すると
聖書に書かれてる事が、真実ではなくなってしまうんですよね〜。
ずいぶん前にアメリカでは未だに進化論を教えてはいけないという
州があると知った時はかなり驚いたけど、
日本人にとっては一神教の恐さというのは、骨身に染みては
判らないもんですよね。

だからこういう宗教と科学との戦いって、日本にはないなぁ〜
というのが正直な感想ですね。

日本なら神様が宇宙を創生したというふうに考えても
科学と矛盾しないような気がするんだけどね〜。
それって私だけかもしれないけど
宇宙のエネルギーみたいなモノが神様って気がするので。

聖書に書かれてる事は、聖書に書かれてる事で
科学に反する事ばっかり書いてあるからと、全部否定せずに
伝説・・・みたいに思って受け止めればいいのにな〜
と思うんだけど。


日本の神話だって真実が書かれているとは思えないし。
スサオノミコトとかヤマタノオロチとか・・・そういうの。
でも神様を全否定するのは、私は嫌なんですね。

この本を読むとキリスト教の国に生まれなくて良かったなぁと
ちょっと思っちゃいます。
だって、聖書に書いてあることを信じた上で科学を発展させるのって
矛盾だらけで共存できなさそうだし。

キリスト教国では年々教会に通う人が少なくなって来てるらしいけど
日本は年々神社に通う人やスピリチュアルスポットに行く人が増えてる。
やっぱり日本人にとってはそういう事と科学が矛盾する事なく
存在できるんだと思います。
(そんな日本が大好きだぁ〜


この本は、私には長くてちょっと疲れた〜
でもローマ観光に行く人にとっては、
ものすごく面白いガイドブックになってるので一読をお薦めしま〜す


※追記
 昨年5月9日に放映された『世界ふしぎ発見!』の『天使と悪魔』の回を
 ようやく見ることが出来た〜 \(^0^)/ 
 録画してとっておいたんだけどね。
 映画のストーリーをけっこうやってたから、本を読む前に見なくて良かった
 映画のほうもそのうち、見ようかな〜。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます
聖書に書いてあることを信じた上で科学を発展させるなんてとても大変そうですね
聖書が科学を妨げそうだなって思います
私も天使と悪魔の特集をやっているテレビを拝見しまして、作者が自分へのご褒美にピアノを買ったと言っていたので素敵な人なんだなと思いました
そういえば土曜日吉祥寺にいませんでしたか?
バイクで走っていると白いホンダのスポーツ車を見たもので
アキ
2010/03/23 08:25
■アキさん

こんにちは〜
本当に・・・本当にそう思います。
聖書に書いてある事を信じて
科学を発展させるなんてちょっと無理ですよね〜
それに聖書だって別にイエス・キリストが書いたわけでもないし。
その上勝手な解釈をして異教徒は悪魔だから殺害していいって
暴走してしまった歴史もあるし。
勝手に捏造して自分に都合のいいように解釈して
正義と信じて行動を起こす宗教の怖さって・・・
ありますよね〜。
それはオウムにも通じますよね。

ダン・ブラウンさんの特集をしてたんだ〜。
自分へのご褒美ですか。
それはいいですね
私なんて褒美をあげられるような行為を何一つしていないや(笑)

吉祥寺には行ってないですよ〜。
アキさんはよく行かれるんですか?
面白い街ですよね。吉祥寺って。
漫画家がたくさん住んでるんですよね〜。
伊勢丹、閉店しちゃいましたね。
チャビに婚約指輪を買ってもらったのも吉祥寺だったなぁ〜
編み物をやってた時はユザワヤに行ってたけど
今は用がないのであんまり行かないんですよね。吉祥寺。
ルナ☆
2010/03/23 15:47
お疲れ様です
夕方から雨が降ってきちゃいましたね
体調は大丈夫ですか?

確かに宗教には嫌な歴史が多いですね
キリストはきっと争いは求めていないですよ
日本は宗教熱心ではなくてよかたなんて思います

ご褒美といえばルナさん小説でも書いてみたらどうですか
私でよかったら一番のファンになりますよ

吉祥寺には二人にとって素敵な思い出があるんですね
私も彼女と焼き鳥食べながら井の頭公園を歩いたり楽しい思い出が沢山あります

黒影さんも早く仕事がひと段落すればよいですね
では温かくしてねてくださいまし

アキ
2010/03/23 23:16
■アキさん

あっ!またお疲れ様って言ってる〜
口癖?(≧ 3 ≦)
体調は大丈夫ですよ〜どうもありがとう

そうなんです。
イエス様は自分の教えによって争いなんか
して欲しくないと思って嘆いているはずです。
イエス様の教えを捻じ曲げてる信者の多いこと多いこと(嘆)

日本人は『宗教』という形ではなく
神道が生活と共にあるんだと思います。
神道って教義とかあるわけじゃないから
外国人には理解しづらいと思うけど
これぞ日本人の精神を作り上げてる宗教だと思います。

小説ですか〜
さ・さ・さ・才能が・・・ないっっっっ
私想像力がないんですよね〜
才能があればなぁ〜何か書きたいと思うんですけどね〜。
いいですよね〜面白い物が書けたら・・・
アキさんがファンになってくださるのなら
心強いですね

吉祥寺、そうそう、思い出あります
歩いてるだけでも楽しい街だしね

アキさんも彼女さんとデートしたんですね〜。
焼き鳥か〜立ち飲みの伊勢屋さんかなぁ?
井の頭公園はカップルで行くと…っていう言い伝え(?)
は、若い人達はもう知らないのかな?うふふ。

本当に…仕事やらなんやら…
落ち着けばいいんですけどね〜。
私も色んな事で気を紛らわせて行きますよ〜
頑張りま〜す
ルナ☆
2010/03/24 12:21
お疲れ様ですっていう癖ルナさんにばれてしまいましたね
雨が続きますね
花粉が飛ばないので逆に良い天気なのかなと思います
神道とは良い響きですね
神道についてあまり知識がなかったので調べてみました
神道は"自然に感謝"するものという解釈が私は好きですね

ルナさんは絶対に才能ありますよ
だってメチャメチャブログ面白いですから
きっと良いものが書けそうな気がします

伊勢屋さんの焼き鳥美味しいですよね
私の前に注文したお客さんが「どの焼き鳥が美味しいの?」
って店員さんに聞いたら、店員さんが「全部(キッパリ)」
と言ってました
流石ですね
言い伝えというのは嫉妬深い神様のことですか?
まだボートに乗っていないのでギリギリセーフだと思います

では体に気をつけて頑張ってくださいね
アキ
2010/03/24 22:38
■アキさん

そうだよ〜!お疲れ様ですってやっぱりなんか変

本当にこんなに日照時間が短くて作物は大丈夫なのかな〜
って思っちゃう!畑の野菜が腐っちゃいそう。

神道…って本当に素敵で私は好きなんだけど
第二次世界大戦の時に『国家神道』とか言って
利用されちゃったから、今でも神道が戦争に結びついて
毛嫌いする人もいるみたいだよ。
私たちの世代はもっと神道の本質が知りたいよね〜。
戦争と関係なく。
まぁ、実は神道、私も詳しくは知らないんだなぁ〜(笑)
神社でやる厄除けとかは迷信だと思ってるので
やった事は1度もないし。

才能〜!ない!ない!本当にない
でもメチャクチャ面白い…
と言ってくれてどうもありがとう
マジうれしいです

伊勢屋って書いてしまったけど正しくは
ひらがなで『いせや』みたい。
今ネットで見たら、今は新しい店舗になってるの〜?
知らなかったよ〜!
浜さんという髭のメガネの男の人(吉祥寺では有名らしい…)
今でも店頭で焼いてるのかなぁ。
たまには立ち飲みに行きたいよ〜

そうそう、言い伝え、知ってるんだね〜。
そうか!ボートに乗らなきゃいいのか〜。
それはギリセーフという事で…(笑)

身体に気をつけま〜す
って言いながら、昨日ラーメンを食べ過ぎて
今日はまだ胃がもたれてて胃薬飲んでるんですよ〜。
バカ
ルナ☆
2010/03/25 19:37
日本神道の神話に出てる大きな事件って
自然災害そのものじゃないですか?
スサノオが暴れたのは台風、
アマテラスが天の岩戸に隠れたのは日食、
ヤマタノオロチは大洪水……

と考えればあながち嘘とは言えないような……。
白熊
2012/01/25 16:23
■白熊さん

うんうん。そうですよね!
日本の神話がウソだと言ってるわけじゃないんですよ。

アマテラスが日食という説は私もお気に入りです
卑弥呼も日食が原因で殺されたという説がありますよね。
新しい王に変えるために。

ヤマタノオロチは島根県斐伊川の氾濫でしたっけ?
なんか製鉄による自然破壊の様子とかいう説もありましたよね?
本当に怪物がいたっていうんじゃなくて
擬人化してるんだと思うんです。

私はすごく日本びいきだから
日本の神話のほうがすんなりと入ってきちゃいますね。
聖書は子供の頃に読んで
「ありえな〜い」って思ってました(笑)
ルナ☆
2012/01/26 14:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
『天使と悪魔』(ダン・ブラウン著)を読みました。 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる