月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『大地の子』読み終わりました〜(*⌒o⌒)=3 ホッ

<<   作成日時 : 2009/05/27 18:50   >>

トラックバック 0 / コメント 21

画像

『大地の子』読み終わりました!!
読んでる間こんなにイライラ腹立たしい気持ちにさせられた本は生まれて初めてです。
「もぉ〜いいかげんにして〜!ね、ね、ひどいんだよ…」
と、チャビに向かって愚痴ると
「ふふふ、中国地獄が続くねぇ〜・・・
と、笑いながら慰めてくれました。
それが何日も続くので
「まだ読み終わらないの?長いね〜(;´▽`A``」
と慰めながらも、迷惑な様子(笑)!!

・・・・と、書くとよっぽど中国が嫌いなんだろう
と思われてしまうかもしれませんが
私は『嫌中』でも『反中』でもありません


中国にむかっ腹が立つのは例えば
「いいかげんにしろ〜!厚生労働省!」と、同じようなニュアンスでしょうか。
自分の保身にだけ走り、国民の命を見捨てても平気な役人には
腹が立つけど、真面目に仕事をしてる人に対しても
厚生労働省勤務というだけで、厳しい視線を向けるわけではないのと
同じような感じだと思ってください。
だから中国の国民が嫌いなわけではありません。
むしろ好きかも。


この本は中国の嫌なところ、悪いところが満載でした。
いくら胡耀邦さんに
「中国を美しく書いてくれなくてもよい。中国の欠点も、暗い影も書いて結構。
ただそれが真実であるならば」

と言われたからたって、ここまで悪く書いちゃっていいんでしょうか!? ( ̄_ ̄υ )ひぇ〜
って何度も思ったぐらい中国のひどさが書きつくされていました。
特に文化大革命は愚か過ぎて、ムシャクシャしましたよ〜
(でも中国に愛情を持ってる山崎さんだからこそ、ここまで書けたのだと思います)



確かに立派で正しい善い中国人も出てくるのですが
圧倒的に腹に据えかねる人間が多くて。。。
ドラマ化されたほどなので、もう少し感動的な「いい話」なのかと思ってたけど
読んでみたら腹立たしさが先に立ってしまい
感動の気持ちが全く湧きあがって来なかったんですよね〜。
(この本でこんなにイライラしてるのは、ひょっとした私だけ? (;^〜^A
みんな、もっと感動してるのだろうか・・・?)

「こんなに中国のことを悪く書いたら、プライドが高い中国人は怒るだろうなぁ(-。-;)」
と思っていた通り、全集の巻末に載っていた『「大地の子」と私』というエッセイに
『中国のさる筋から何度も抗議を受けた』
と書いてありました。

それに対して山崎さんは
「私はすべて実地に取材した上で書いていますから・・・・・」
と、反論していました。
この本に書かれている事が全て真実かどうかはわかりませんが(小説だし)
1980年代に、よくぞここまで取材してくださりました…山崎さん。
すごいです

もちろん外国人、ましてや日本人の取材なんて簡単なものではなく
最初はケンもホロロに扱われて、なかなか思うように取材が出来ずにいたのですが
胡耀邦さんのおかけで、ようやく未開放地区の農村でホームステイが出来るまでになったそうです。


さて、中国はこの小説が書かれた時から、どのように変わったのでしょうか。
今からちょうど20年前の1989年に民主化運動を武力鎮圧した天安門事件がありました。
その後中国は、驚異的な経済発展をとげましたが、民主化への道は頓挫してしまいました。
腐敗撲滅、言論・報道の自由などが認められない一党独裁政権のままです。
愛国・反日教育によって真実を知らされず若い人達の日本への反発心も強くなっています。

それから経済発展により富裕層が生まれた影で、置き去りにされたかのような地方の貧しい農村。
エイズ村、汚染された危険な川が流れる癌村などなど・・・。

・・・と、経済は発展したけど、貧富の差はますます激しくなるばかり。
なんでこれが社会主義なの?
社会主義って、労働者や農民を貧困から救って、平等の暮らしが出来るはずの体制ではないの?

中国は、社会主義っていうよりも指導層が富を独占する一党独裁政権なだけなんじゃないの?
真実を知らされていない中国人民たち・・・。
中国の民主化はなかなか難しい気がします。

別に中国が民主主義でなくてもいいけど
なるべくよその国に迷惑をかけないようにしてもらいたいんですよね〜。
この前の毒入り餃子事件だって結局は
『毒は日本で入れられた。中国を犯人扱いして、小日本謝れ!』
で、終わっちゃったし。
これだって、きちんと初動捜査してくれなかった中国のせいじゃないの!?

水や大気の汚染にしてもそうだし。。。

あ!だんだん中国に対しての愚痴になってきた・・・(;´▽`A`` イケナイ、イケナイ



この本を読んでから中国研修旅行に行く高校があるそうですが
中国に行かれる方には、必ず読んでもらいたい本です。
そして、中国に興味がない方にもぜひぜひ一生に一度は読んでいただきたいです!
滅多に本をお薦めしない私ですが
この本は出来るだけ多くの方々に読んでもらいたいです。
中国の歴史の一端を知る事が出来ます。

私はもう当分中国に関係した本は読みたくないなぁ。(Θ_Θ;)
中国では出版される見込みはまったくないと言われている
自伝的ノンフィクションの『ワイルド・スワン』も読んでみたいと思っていたけど
今は無理
また こんなストレスを感じたら、日常生活に支障を来たしちゃうよ〜。

とにかく『大地の子』本当〜〜〜に、お薦めです
たぶん、みなさんは私のように怒りっぽくないと思うので
感動して読めるのではないでしょうか(笑)

腹立たしい思いはしましたが感動的な場面ももちろんありますし
読んで良かったなぁ…と必ず思える本だと思います




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
重たい本を勧めてしまったようで、どうもすみません。
私もムカッ腹立ててイライラしながら読みました。
でも、読まなきゃいけない本ですよね!

21世紀の現在も、北ではもっと酷いことがまかり通っているのでしょうね。
人が人を支配するって事は、実に恐いことです。
koo
2009/05/28 19:21
■kooさん

kooさんこの本、辛すぎるよ〜(T∧T)
ストレスたまっちゃって、日常生活に影響が
でも、いつか読もうと思ってたから
背中を押してもらえて良かったです
どうもありがとう
この本は1人でも多くの世界中の人達に読んでもらいたいなぁ〜
って思いました。
ドラマしか見てない人も本を読んでもらいたいです。

北はこの先どうするつもりなんでしょうね〜?
国民を養って行けない国家って、なんのためにあるんだろう…。
気分が暗くなっちゃいますね。
ルナ☆
2009/05/28 20:56
そんなに、そんなにすごいのか〜…
でもでも、読むね!まだ来ないけれど…貸し出し可のメール…

日常生活に支障が出ちゃっているんだね〜…
む〜そんなに腹ただしいと思えるのか…
ちょっと気合入れなきゃね、読む時に。
ダメージ受ける本、たまにあるよね…

ワイルドスワン、私も読んでみたい。
ルナさんが色々と読んだ本、図書館ではいつも貸し出し中だよ。
よく読まれている本なんだね〜
いろいろとよい本をいつも教えてくれてありがとう☆
ゆき☆
2009/05/28 21:58
■ゆき☆ちゃん

ゆきちゃんにも絶対読んでもらいたいよ〜
ゆきちゃんのほうが、ストレスに強いから
私ほどダメージは受けないと思うよ(笑)
読んでどのくらい腹を立ててくれるか
今から楽しみ〜
早く借りられるといいね〜。

ワイルド・スワン…読みたいんだけど、読む気がしな〜い
。具合が悪くなるの嫌だもん(笑)
私が読むよりも中国の人が読めばいいのにって思っちゃう
よく読まれてる本か〜。
たくさんの人が読みたがる本ってやっぱり面白い確率が高いよね(笑)
ルナ☆
2009/05/29 12:15
ところで新聞の広告に載ってたけど
右系雑誌(?)の『WiLL』が
「NHKの暴走」っていう特集載せてるみたいだね。
『NHK台湾番組に事実は一つもない』
『NHK謀略、プロパガンダの手口』だって。

チャビが「なに?『Japanデビュー』って?」
って聞いたから
「NHKによる日本叩きの反日番組シリーズ」
と教えてやった(笑)(もちろん、冗談だけど)
「いつの間にそんな事になってるわけ〜?」
って。
国営放送が、国民に自分の国を悪く思わせて
よその国の立場を優位にはかるという逆プロパガンダ番組
その矛盾がなんだか、おかしくておかしくて
2人で大笑いしちゃったけどね(笑)

こういう番組が『変だ』というのが
右系と言われる雑誌だけだなんて、そのほうが変。
こんなの右も左もなく、普通に変な事なのに
日本人の大半は気が付いてないのね〜。
困ったもんだ…
ルナ☆
2009/05/29 12:18
久しぶり〜!!
「大地の子」そんなにおススメなんだ〜!?
今度読んでみようかな!?
中国ってさ、超〜他民族国家だから、民族が違うと気質も
ずいぶん違うみたいだよ。

わたしもNHKの番組初回を見たんだけど、案の定ムカついて
以降は見てない(笑)
でもNHKが放送することは真実って思ってる人多いよね!!
まさか国営放送が嘘つくはずないって!!

私も「SAPIO」「WILL」読者としてもっと国民に知って
欲しいよ〜。
でも右系雑誌って言われるのも何か変だよね。
全うな日本人なら当然思うことだと思うんだけどな〜??

そのあたりのことに興味あるなら「激論ムック」シリーズ
がおススメだよ!!
一冊まるごとひとつのテーマを扱っているんだけど、もう
10シリーズ位出てるから、ぜひ検索して読んでみて!!

あ、そうそう「怪奇事件〜」面白かったでしょ!!
怪奇事件、政治、情報プロパガンダ、みんなどっかで
繋がってるんだよ〜〜。コワイ、コワイ!!
ユミミ
2009/05/29 18:29
■ユミミ部長〜

憂国のユミミ部長〜
ひさしぶり〜
やっぱりユミミはこの辺の話題に引っかかりましたな( ̄m ̄*)ぷぷぷ
中国が他民族国家で民族が違えば気質が違う
というのはわかってるけどね…
漢民族同士でも共産党員と貧困な農民は全く人種が
違うと言ってもいいくらい別なんだなぁ…!
と、最近気が付いちゃったよ〜。

大地の子、ぜひとも読んでくれたまえ〜
私よりもストレスに強いユミミなら
けっこう面白く読めると思うし、歴史の勉強にもいいよ。
(まぁ、ユミミなら大概の事は知ってるとは思うけどね〜)
 
NHK、見たか!!(犬HK?)
国営放送のくせに、反日って全く意味不明…。
これはもっと大々的に取り上げて国民全員に考えてもらっても
いい問題だと思うけどね〜。

よかったらここも見てね↓
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-716.html
ルナ☆
2009/05/29 19:20
「右系雑誌」っていう分け方することないと思うけどね。
ごく普通のことを言っても日本では
「右」って言われちゃうんだよね。
「激論ムック」シリーズね。後で調べてみるよ〜。
「怪奇事件〜」面白かったけど、あの本を書いてる人の
独断と偏見が強すぎて、一体どこまでホントのことやら…
あんまり信用できないなぁ〜って思った部分もあったよ。
ちょっと胡散臭い人だよね?
ルナ☆
2009/05/29 19:20
激論ムック・・・
残念ながら、図書館にはなかったよ〜。
買ってまでは読まないかなぁ・・・ (;^〜^A
ルナ☆
2009/05/29 20:12
うう、読みたい本がありすぎて困る〜(笑)
私の体は一つなのに〜!!
とりあえず朝日新聞の大研究、これをつなぎで読むわ〜☆
ムカムカしちゃうんだろうけど、知らなかったことがわかるって嬉しいんだもん。

NHKね〜…
そういう人ばかりじゃないんだろうけれどあんな番組放送しちゃったらもうイメージがね…あれもこれも信頼置けないって思っちゃう。
本当に知って欲しい、どんな情報も信頼置けるものかどうか。
調べる術はそんなに私も多くないけれど、色んな本などで知って欲しいね。
ああ〜NHKは本当に残念だ〜…
ゆき☆
2009/05/29 23:56
初めまして、ユウキ・コバです。

私もPC以外のプログで中国に関する本を紹介したことがあります。

中国の姿を知ることによって、日本のふがいなさも明らかになっていると思う。

中国は一方で大国と発言しながら、違う場面では支援金を出せと要求し、日本の政治家はこの矛盾に反論しない。

お坊ちゃまばかりの政治家のお陰で、借金の1部として増えています。

皆が、どんな国にしたいか選挙で行動しないからです。
ユウキ・コバ
2009/05/30 06:31
■ゆき☆ちゃん

ゆきちゃんは偉いよ〜!
若いのに!それに女の子なのに!
でも今までの学校教育やマスコミに騙されてた事を
思うと、裏側を知るのって、大切だよね。
まだまだ騙されてる事に気が付いてない人の方が
多いんだろうけど。

『朝日新聞の大研究』
もうタイトルだけで、嫌〜!
朝日新聞のやった数々のワルさを
読んだら、ムカムカして絶対に眠れなくなっちゃう!
朝日新聞を読んでる人はこういう本も読んで欲しいね。

大学入試問題に出るから朝日を読め…って宣伝してたけど
最近はあんまり言わなくなったのかなぁ。
読んだら何が書いてあったか教えてね〜
ルナ☆
2009/05/30 15:20
NHKに限らず、テレビ番組には子供の頃から
騙されてきたと思う。
テレビ番組だけじゃなくて、学校の教育でも。
私の育った小中学校では、左翼的な考え方を
押し付けたりはされなかったから良かったけどね。
でも他県の学校で先生がやってる事を知ったら
え〜!ってびっくりしちゃうよ。
偏った先生に教育される子供達がかわいそうだよね。

NHKは絶対に正しいと信じていて
テレビはNHKしか見ないうちの両親は疑うって事もしないからね。
そういえば
「アメリカが原爆を落としてくれたから日本は戦争が終わった」と
感謝してる始末。。。
戦闘員じゃない民間人を大量殺戮するのは
国際法違反だと思うんだけどね・・・。
でもそういうのはテレビじゃ言わないね。なんでだろう?
日本人が中国でした事も言われるからかなぁ。
日本がしたのが先だろ!って
ルナ☆
2009/05/30 15:21
■ユウキ・コバさん

はじめまして。こんにちは〜
中国に対してのODA…お恥ずかしながら勉強不足で
内容がわかりません。
無償なんでしょうか?
それともいつかは返してもらえるんでしょうか?
戦後の賠償金を払ってない代わりの援助なんでしょうか?
誰が決めて支払ってるんでしょうか?
…よくわからないけど、いくら援助しても
中国の核ミサイルが日本に照準を合わせてる事だけは事実ですよね。
こんなに貢いでも絶対に日本を許す気はないんでしょうね。

政治家は、お坊ちゃましかいない
ってわけじゃないんですけどねぇ。。。
選んでいるのは国民なんだから仕方ないですね
ルナ☆
2009/05/30 15:23
ふふふ、釣られちゃいましたよ〜(笑)

進められたブログ見たよ〜。
ホント、失礼極まりない行為だよね、NHK(怒)!!
よくここまで人を愚弄できるもんだ(汗)
きっと魂のレベルが非常〜に低いに違いない!!
まさに「人としてどうよ!!」だよ!!
ま、正負の法則でいつか天罰が下るわ!!
でも、中共の息がかかってるのは間違いないよね。
会社の中にもいっぱいいるんだろうね、
「チャイナスクール」みたいなのが。

激論ムック、なかったか〜。
雑誌だからかな。
うちでは子供にもむりやり読ませてるよ(笑)
それで、子供の中学校の歴史教科書にもいちいち文句つけて
子供を逆洗脳してる(笑)

「怪奇事件〜」すべてが真実ではないだろうけど、ちょっと
意外な切り口だったでしょ??
ユミミ
2009/05/30 17:35
■ユミミ部長〜

そうそう、さすがユミミ
理解が早〜い
ついでにここの記事もぜひせび読んでみて〜↓
やっぱり中共がらみらしいから…

http://dogma.at.webry.info/200905/article_1.html

井沢さんのマンガ「そして中国の崩壊が始まる」は
わかりやすいし、子供たちも読みやすいからお薦めですよ
図書館にもあると思うよ。

怪奇事件…面白かったよ!
実際うさんくさい話のほうが、面白いから私は好きだし(笑)
この人の他の本も読みたくなっちゃったもん!
あとで読も〜っと!
ルナ☆
2009/05/30 20:16
偉くないよ!当たり前のことだと思うよ、知るべきなんだよ、こういうん勉強は必要なんじゃないかな?知らなかったじゃ済まされない…と思う。

入試によく出るのは朝日って駅にポスターが貼られていたね…
今から思うとぞっとするわ…
教師にも多いんだよね、左翼的な考えの人。
そういう偏った教育を受けた子供は本当にかわいそうね。

戦争で民間人を大量虐殺するのはダメだよね。
原爆はやっぱり落としちゃいけなかったと私は当たり前に思うよ。
でも戦争は人と殺しあうんだからきれいごとは無いよね。
時には民間人も死なせちゃうこともあるだろうし。
だからするべきじゃないんだよね…
ゆき☆
2009/05/31 01:09
■ゆき☆ちゃん

でもさ〜
当たり前って言っても全く興味を持たない人、多いじゃない。
それに考えなくても暮らしていけるしね。

朝日新聞も今は読み人も減ってきてるっていうけどね〜。
未だにわからずに読んでる人も多いと思うよ。
何年か前にチャビ母も朝日をとってたもん。
でも偏った思想の新聞って、知らなかったみたい。
こういう事って自分で調べたり教えてくれたりする人がいないと
ちょっとわかんない事だよね。
『朝日新聞の大研究』読んでる〜?どう

教師に多いみたいだね。左翼思想。
日の丸君が代、反対!みたいな人。
何日か前も教師が国歌斉唱のときに起立しなくて
減俸処分になったみたい。
ルナ☆
2009/05/31 11:51
左翼思想って、立ち遅れてる人って気がする。
洗脳されたまんま、とまっちゃってる…みたいな。
それに対してユミミのような子供を逆洗脳(?)
してる親も出て来たりして
教師も、うかうかしてられないね。
教育者こそ『朝日新聞の大研究』とか読めばいいのに。

戦争は本当にダメだよね。
そこらへんは、私達、平和主義だもんね。
戦争を最初からしないように努力しなくちゃね。
なんで中国の核ミサイルは日本に照準を定めてるんだろうね?
日本は中国を攻撃なんてしないのに。
ルナ☆
2009/05/31 11:53
どうも、コメントへの質問に対して答えが遅くなって済みません。
                                     
私が読んだ『中国人による中国人大批判』という本では、満州族の
泰王朝が樹立に政権を快く思っていない漢民族は辛亥革命が始めた。
そういう状況下、日本は中国東北地域に1932年から1945年まで総額100億円を投資資金が投入され、鉄道・学校・銀行・鉱山・開墾事業のなど実施された。

戦後の中国への投資について、
日中友好条約が締結後から2008年まで総額6兆円のODAが中国に援助されたが、一般の中国国民に知らされず、援助で作られた建造物の碑文にも目立たないところに飾られている。

中国は日本の揚げ足取りに近い罵倒や援助金の要求している。
このように、日本の過去の設備投資の遺産と現在の援助に恩恵を受けても、礼節を知らず罵倒はするが賞賛をする勇気がない国である。

以上、作者の本の共感を覚えた。

私は別に中国が日本を批判したと言っても気にする事は無いと思います。
謙中というわけでなく、中国はもっと大人になってほしい。
ユウキ・コバ
2009/06/03 20:16
■ユウキ・コバさん

私の色々な疑問に答えてくださって
どうもありがとうございます
『中国人による中国人大批判』ということは
中国人自身が批判してるって事ですよね〜。
う〜ん、中国人ってやっぱり中華思想で
日本からの援助は「献上するんなら、もらっといてやるよ」
ぐらいの気持ちなんでしょうかね?
ユウキ・コバさんは中国が日本を批判したと言っても
気にする事は無い・・・と、思ってらっしゃるようですが
私はメチャクチャ腹が立ちます。
国が国に対して行った援助は史上最大って言われてるみたいだし
それなのに、日本に核ミサイルを向けてるって
どういう事!?って感じです。

ODAの事を日本の国民に知らせてない政府もおかしいですよね。
我々日本はこれだけのことを中国にして来ました
と、教科書に載せてもいいぐらいの話じゃないですか。
国民のお金を使って中国と結びついてる
チャイナスクールとかいう存在が一番得をしてるんでしょうかね。
やっぱり許せな〜い
ルナ☆
2009/06/04 14:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
『大地の子』読み終わりました〜(*⌒o⌒)=3 ホッ 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる