月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS ???マークだらけの国

<<   作成日時 : 2009/05/23 00:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

小説『大地の子』の中で
冤罪を晴らすために
北京の人民来診来訪室というところに、直訴をしに行く場面がある。
地方からの直訴者は3千人とも5千人ともいわれる直訴の列が
延々に延びている。
中には3年も待っている人もいる。
これは1960年代の文化大革命時代の話。

今はどの程度の列が続いているのかは知らないけど
現代でも不正を暴くために直訴しに行くと
反対に逮捕されてしまうという記事がときどき新聞に載っている。

あり得ない・・・


基本的には、あんまり変わってないのかなあ?
ついついそんな気がしてしまう、中国って。

情報は統制されていて、国民に本当の事は教えない。
中国の中にいたら、本当の事がわからないかもしれないけど
日本の報道に触れたら、中国の人も少しはわかってくれるはず
…と思っていた。
けれども この前テレビに出演していた日本に何年も住んでる中国人女性が

「中国は情報統制なんか全然してない!中国ではそんな話聞いた事もない!
日本のマスコミは嘘ばっかりついてる!」

と激しく怒っていた。

もう何年も日本に住んでても、やっぱり中国政府の発表が唯一正しいのであって
日本の報道が事実を歪曲して伝えてるって事なのね〜。

がっくり来るよ・・・


新聞記事によると野村資本市場研究所シニアフェローの関志雄氏は
「中国は今年中に日本を抜いて世界第2位の国内総生産になる可能性がある」
と述べたそう。

経済大国となる中国…
今後世界のリーダーを目指すそうです。

新聞に載ってたんだけど・・・
北京の学者5人が執筆し、3月に発売された「不機嫌な中国」
という本がベストセラーとなっているらしいです。

チベット問題では
「お前たち西洋人が道徳なんて説くんじゃない!」
と欧米を叱りつけ
「剣を片手に商売する。これは、台頭する大国が勝利をおさめる道」
と強き大国への奥義を教え、原潜や空母の開発にもっと金を使えと迫る。

著者の1人は
「中国は世界を指導する国の一つにならなくてはならない、だね」

米国と同じ地位を得るにために・・・
「それには米国と同数の原潜を持たなくちゃな」
と大まじめ・・・だって。


え〜・・・
リーダーになることを目指すのはいいけど
そうなる前に、まずは国内の問題を解決して欲しい

どうか1日でも早く国際感覚を身につけて
大国にふさわしい顔を見せてもらいたいです・・・・。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
???マークだらけの国 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる