月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ゲルマニウムの夜』『王国記』シリーズ 読んでます

<<   作成日時 : 2009/04/17 15:41   >>

トラックバック 0 / コメント 5

画像

チャビの忙しい日々が続き・・・
今週末に見に行こうと思っていた山の桜は
開花から異例の3日で満開となってしまって、もう終わってしまったらしい。
やれやれ。
桜・・・咲いてから散るのが早すぎるよ〜


とにかくずっと家にいるので、今、花村萬月さんの本を読んでます。
芥川賞受賞作の『ゲルマニウムの夜』を読んでみたら
まだまだ続きがあるという事に気がついた。
『王国記』シリーズとして、7巻まで出てるみたい。
とりあえず、ずっと読んでる。
今 5巻読み終わった。

チャビに
「何のジャンルの本?サスペンス?ミステリー?現代モノ?それともファンタジーとか・・・」
↑本を全く読まないクセに色々と知ってること・・・(; ̄ー ̄川

「う〜・・・ん、一言で言うの難しいなぁ〜・・・う〜んとね〜」
「あ、細かい筋はいいからさ〜、一言で言って( ̄。 ̄;)!」
説明が下手で、細かく粗筋を話してしまう私に(それも話すのが超へた!)
ヘキエキしてしまっているチャビなのだ。

「一言・・・一言ね〜。。。
暴力と性と神と宗教についてかなぁ?でも暴力は最初だけで途中からないけど」



『ゲルマニウムの夜』の紹介文だと・・・

「人を殺し、育った修道院兼教護院に舞い戻った青年・朧。
なおも修道女を犯し、暴力の衝動に身を任せ、冒涜の限りを尽くす。
それこそ現代では「神」に最も近く在る道なのか。
世紀末の虚無の中、神の子は暴走する。
目指すは、僕の王国!第119回芥川賞を受賞した戦慄の問題作」


だそうです。
「修道女を犯し」と必ず紹介されてるけど、読んでみると、
それはあきらかに『和姦』。
そこまで極悪非道な主人公ではありません。

全部、作者が体験した本当の事なんじゃないか・・・
と思えるぐらいリアルだった。
特に宗教的な面では、日常的に行なっていた人にしか
わからないような事が書いてあると思った。


はじめての性交の時に主人公が思いついた考えなどは
常日頃、『祈り』を実践している人の実感ではないだろうか。

↓引用文
『・・・・祈りとは反復に意味があるということを僕はいきなり理解した。
いまおこなわれている性行為と同様に反復が祈祷の快感をもたらすのだ』

『・・・・自我なき反復。これが最上のものだ。
キリスト教において性が嫌悪忌避されるのは、
快感というひりつくようなおまけで誘って、
祈りよりもわかりやすいかたちで簡単に自我なき反復の境地に誘い込むものだからなのだ。
祈りという忍耐を要する自発的行為の果ての自我なき反復よりも、
本能に従うだけの性の反復の果てに起きる自我消失のほうがわかりやすいし、
なによりも行いやすく、生と死の単純化モデルとして機能しやすい。
だが、これを素直に認めてしまうと禁欲をメソッドとする教義は崩壊してしまう。』

『よく考えてみると忍耐と禁欲の果てに得られるもののほうが
歪みが加わるだけに快感としては数段上質ではないか。』
『宗教的快感は欲深い。人がつくりだした究極の快感だ。人の快感はねじれにある。』


という文章にとても感心してしまった。

快感と宗教について。

どうして人間は集団で神様を信じるんだろうね?
個人個人で神様と繋がってればそれでいいじゃん
と私は思ってしまう。

「王国記」シリーズはキリスト教についての話なので(それも嫌なところばっかり)
更にキリスト教が嫌に思えて来る。

作者はキリスト教に対して否定的なように読めるけど
この先はどうなっていくのかなぁ。。。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
花村さん、ハマっていますねぇ〜♪
オススメしたワタシとしては良い意味で責任感じています♪

ゲルマニウム&王国記シリーズはワタシも読みましたよ。二作品とも、ホント独特な世界観があって、どっぷり作品の中に自分自身がいるような錯覚に陥ってしまったのを覚えています。なかなか現実に戻れなかったというか、洗脳されたような感覚でした。 これだけ、入り込んでしまう作品&作家さんは初めてでした。

…それ以来の花村さんファンです。
ルナさんも色々な花村作品を読んでみて下さい。


あっ、『ワルツ』は現在中巻の半分位まで読んでます。このような連休に入ってしまうかな…その方が集中読めるかなと。

あと、ダンナさまに説明している様子がほのぼのしていて良いですねぇ〜♪
青馬
2009/04/17 22:07
■青馬さん

良い意味で責任・・・笑っちゃった

青馬さんも王国記シリーズを読んでたんですね
花村さんて、人間を描くのが上手い作家さんですよね。
私、しっかり描く事が出来る人、好きなんですよ!!
花村さんの世界って、わかるな〜。

『ワルツ』進んでるみたいですね〜
いろんな出来事があって、面白いですよね〜。

うちのダンナさんは、驚くほど本を読んだ事がないので
本の読み方がイマイチよくわからないみたいで(笑)
これまでの人生で小説的な本は
片手で収まるような数しか読んだ事がない
・・・って言ってました。

青馬さんの奥さんは、花村さんの本は読まないの
ルナ☆
2009/04/18 09:13
今日はこれからバイクで出かけるかも〜
久々だわ〜
でももうこんな時間なんだなぁ〜。
だって、チャビの仕事が終わんないんだもん
月曜日提出の仕事もあるし・・・
ルナ☆
2009/04/18 09:14
お花がもう山でも遅いんだね〜…
お花見、楽しみだったのにね〜…

土日はお天気だから何処かにちょっとでもいけたら良いね。
私は久々にゆっくり出来そうだからのんびりするわ〜
明日は靴下でも買いに行こう♪
ゆき☆
2009/04/19 00:18
■ゆき☆ちゃん

そうなんだよ〜
満開が月曜日で、土曜日はもう終わってるって
平日だけしか咲いてないって事だよね〜。
もう〜ホント、がっかり!!

でも、ま〜土曜日は出かけてみたけどね。
あとでブログに載せるわ〜。
なんか疲れちゃって、ずっとぐったりしてたよ。
この季節は微妙に高速道路は寒いのよね〜。
普通の人はそんなに寒くないのかもしれないけど。
体が冷え切っちゃったよ。
なかなか気温がちょうどいい季節って少ないよねぇ。

ルナ☆
2009/04/21 15:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ゲルマニウムの夜』『王国記』シリーズ 読んでます 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる