月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 恐い本にチャビの見た夢とそっくりな話が・・・(O.O;)

<<   作成日時 : 2009/03/16 14:11   >>

トラックバック 0 / コメント 33

「ね〜、この本にチャビが見た夢に似てるのがあるよ〜煤i◎Д◎)
ちょっと読んでみるね〜」

私は時々パソコンに向かって仕事をしているチャビに
本の朗読をする事がある。


主婦のMさんの話である。彼女が高校生の頃、実家の近くの道路沿いに古い民家があった。
瓦葺屋根には草が生え、赤茶けた壁は崩れて、割れ竹が覗いている。
築何十年ともしれないが、廃屋ではないようで、玄関の前にはしょっちゅう老婆が立っていた。
いつも煮しめたような色の着物を着て、皺だらけの顔は渋紙色に焼けている。
おなじ通りには、オフィスビルやこぎれいなマンションがならんでいるのに
そこだけが時代から取り残されたような雰囲気だった。
老婆は誰かを待っているようでもあるし、通りを見つめているようでもある。
・・・・・・・



・・・と、そのまま最後まで読み聞かせた。

話の内容よりも、チャビの見た夢と酷似した情景だった事のほうが恐かった・・・。



チャビの恐い夢の話はこちらイラスト付き
これを読めば、似てると納得してもらえるはず

『チャビの見た恐い夢』



「何?その本?短編集?」
この本は『いわくつき日本怪奇物件』というこの作者の本にしては
めずらしく品の無いタイトルなんだけど(笑)
作者の福澤徹三さんが、割と好きなので借りた本。

なんで『日本怪奇物件』などという大仰なタイトルになったのかというと
作者いわく『大人の事情』
・・・たぶん、こういう扇情的なバカっぽいタイトルにしないと売れないからって
無理やり編集者がつけてるんでしょうね〜。
なんか心無いよね〜


説明ついでに、まえがきをチャビに読んでて
「本書の制作にあたっては、ただでさえ怪談のネタが枯渇しているのに
うっかり『場所』という縛りを設けたために、取材は著しく難渋した」

という部分で、チャビは何か心打たれるものがあったらしく
「『怪談のネタが枯渇してる』って、おかしい〜!!」
って笑っていた。
「そりゃ、怪談のネタなんてなくなるよね〜。みんなどっかで聞いた事ある話になっちゃうしなぁ」

「そうだよ〜、取材で話を聞いても、話として書けるのは、たった1つだけだったりするし。
あの場所、なんか嫌な感じがするのよね〜とか、
あそこで変なものを見たわ!…だけじゃ本になんないし」


実話怪談は、難しいよ!

恐がらせようとする書き方は、品がないし嘘っぽ過ぎちゃうし。
この作者は自分自身が怪異体験をしていて、その体験を綴った話とかもあって
たぶんこれは本当にあった事なんだろうなぁ〜って思えちゃうんだよね。


うちは2人とも霊的なものに出会ったことはない。
(私は亡くなったおじいちゃんの家から、誰もいないのにおりんが鳴るのを聞いた事があったけど・・・)

チャビは嫌な気を感じる場所とかはあるみたい。
勘が鋭い人で、危機を回避する能力が高いから、少しは霊感があるかもしれない。
そういう役に立つ霊感はいいよね。


そういえば、私、高校生の時から守護霊様やご先祖様に
「いい人と出会えますように。。(@´_`人」
とお願いしてたんだ…という事を夕べゆきちゃんとメールしていて急に思い出した。
考えてみたら、ちゃんとお願いを聞いてくれてるじゃないの〜!
って、今さらながら思った。

こんなに気が合う人と出会って結婚出来たなんて、奇跡的だと思ってたけど
守護霊様やご先祖様が、会わせてくれたと思ったら、納得できるし。
日頃、宗教法人には否定的な私ですが
日本独特の先祖を敬うとか、自然自体が神様という考え方は、好きなんだよね〜(*´‐`*人)


守護霊様、ご先祖様どうもありがとうございます。
ちょっと心がほっくりして来た〜


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(33件)

内 容 ニックネーム/日時
読んでて σ( ̄  ̄ * ウチもほっこりぃ〜
おおきになぁ♪
ばぁ
2009/03/16 17:21
正夢?!爺も正夢なら見たことがありますね!後であれ?この光景どっかで見た事があるぞ?数年立ってから遭遇するんですよ。その時は中々思い出せないんです。
ZZRこまと
2009/03/16 21:42
やだ!本当だ〜この話、前に書いていたやつとほとんど同じじゃない!
気持ち悪い〜…

役立つ霊感ね〜!
本当に欲しいわ、ちょい微妙にわかる勘(霊感なのかどうか…微妙な)の私は本当に微妙〜。
ご先祖様や守護霊様にお願いしてみるなんて考えたこと無いわ〜
あたしもお願いしてみるわ☆お彼岸も近いしね!
あたしも自然自体が神様って考え好き!色んなものに感謝の気持ちを持つことは良いことだと思うわ。
ご先祖様を敬うのも良いね、ご先祖様がいるから私もここにいるんだものね☆
ゆき☆
2009/03/16 22:50
■ばぁ

ばぁもほっこり〜
見守ってくれる存在を感じると、気持ちがあったかくなるよね〜
ルナ☆
2009/03/17 12:17
■ZZRこまとさん

この場合、正夢って言わないでしょ

じぃ〜の場合、数年たってから夢の光景を見るんだ?
なんでなのかなぁ。そういうのって不思議
ルナ☆
2009/03/17 12:18
■ゆき☆ちゃん

気持ち悪い〜〜〜って(爆)
そういう風景ってよくあるのかね〜?
チャビが見た夢と、この本で語ってた主婦の話の場所が
同じだったりしてね〜。
きゃー

ゆきちゃんも変なモノを見たりしてて
恐くないっていうのが、すごいよ〜。
確かにちょっと微妙な霊感だよね(笑)!!
どうしても叶えたい夢があったら
お願いするといいと思うよ
私はどうしてもいい人、見つけたかったから
その執念が届いた(^□^;)

目に見えない存在をバカにする人とかいるけど・・・。
そういう人がご先祖様をないがしろにしたからと言って
いきなりバチが当たったりはしないとは思うけど
生活の根幹の考え方だから
いい事は寄って来ないような気がするね〜。
そういう人って1人で生まれてきて
1人で生きてるような気がしてるんだろうけど。
そういうのはおごった考えた方だよね〜
ルナ☆
2009/03/17 12:26
おっひっさ〜〜!!
昨日ルナちゃんとずっとメールしてて、久々にお邪魔しますよ〜〜。

ん?どっかで聞いたことあるような話・・・。
(本棚へ直行)
あ、あった!!

普段怪奇ものは読まないんだけど「怪奇事件はなぜ起こるのか」っていう本をアマゾンで検索してるときにヒットして一緒に買ってしまったのだ。
そのときなぜか「葬儀屋が教えるココだけの怖い話」っていうのも買っちゃったんだけど怖いものダメな私がなんでだ〜〜??

「怪奇事件はなぜ起こるのか」は超〜おススメ!!
心霊的な怪談だけではなくて面白いよ。
ぜひ読んでほしいな〜。
作者いわく、「この本が扱う素材として、怪談は当然出てくる。この世が怪談だらけだからだ。凶悪事件も無論出てくる。その背景が隠されているからだ。そして最終的にわたしの視点は、日本史の深層へと向かう。日本で起きる事件は、日本史の中で種がまかれて、根っこをはった上に展開しているはずだからだ。」

ね!! 読みたくなったでしょ!!
ユミミ
2009/03/17 19:28
■ユミミ

ユミミがブログにコメントするのも
久しぶりじゃ〜ん

「怪奇事件はなぜ起こるのか」
っていう本に、これと似てる話が載ってるの〜?
なんか面白そう!読みたい
「葬儀屋が教えるココだけの怖い話」っていう本も
なんか読んでみたい

前にユミミに薦められた片付け屋の本は読んだよ〜。
なんてタイトルだったかしらね〜
「怪奇事件はなぜ起こるのか」は図書館にあったから
予約してみたよ
予約入れてる人がいたから届くのは遅そうだけど。
「葬儀屋が教えるココだけの怖い話」は図書館になかった
今度、貸して〜

でも怪奇系は全くダメなユミミがよく読めたね〜。
ユミミに借りたムーを読んでた時は
心霊系の話がすごく恐かったっけ。
でも「うしろの百太郎」も恐かったよ〜
ルナ☆
2009/03/17 21:56
だって気持ち悪いじゃない〜…本当に同じ場所かも知れないよ??怖い…

微妙な霊感(笑)そうだよね〜でも今日も話していたけど、悪いことを知らず知らずに回避出来ているのかもしれないしね!
良い風に考えるようにしよう☆

ご先祖様や守護霊様にお願いしてみるわ。
人間だって人に頼られると嬉しいものね、そういうのも良い考え。
目に見えないものとか、そういうものって信じられない人がいるのは確かに多いけれどご先祖様にお参りしたりとかは自然にやっている人が多いと思うの。それっていいな〜と思う。
ご先祖様にしろ、いろんなものに感謝して生きるってことをないがしろにしちゃう人って何もかもにおいてよいことがない気がするわ。
いつも愚痴ばかりとか、悪口ばかり言っている人とかに良いことが無いように…

上の本二冊、私も気になる〜!!
図書館で見てみようっと♪
ゆき☆
2009/03/17 23:05
「怪奇事件〜」は心霊系も含めてわりと世間に知られている事件とかを
丹念に検証していくと、マスコミでは決して伝わらない裏側が見えてくる・・・。
っていう本なんだけどね。
ほ〜〜〜〜っ!!!つて思うのもあるし、中には眉唾ではって思うのも
あるんだけど、全体的にはとても面白かったよ!!
やっぱり情報操作ってあるのかな〜とか。

「葬儀屋〜」も良かったよ!!
ただ怖い話をのせているんじゃなくて、どうしてそういうことが起こってしまうのかを霊能者も含めて関係者の話を元に推理しているから、供養の仕方から祟りとか怨念とかを回避する手段の参考になるかも。
(たとえば踏切事故の多いところの献花とかを見て、気になっても同情してはいけない、そういうところには自縛霊がいるから自分には何もできない
ことを伝えたほうがいいとかね。)
貸してあげるから読みなよ!!
ゆきさんにもぜひ読んでほしいな!!
ユミミ
2009/03/18 18:22
片付け屋の本は「遺品整理屋は見た!!」だよ。
今は続編もでてるよ。
あと死体監察医の上野正彦との対談の本も出てる。
持ってるから貸そうか?
最近は「おくりびと」効果?でまた取り上げられてるよね。
ユミミ
2009/03/18 18:30
■ゆき☆ちゃん

私もこの本の文章を読んでたら
『こんなに似てる状況がなんであるの?』
って思った。

そうか〜!
人に頼られると嬉しいのか〜
なるほどね〜。
じゃあ、やっぱりお願いしておいたほうがいいね(笑)

そういう人達って信じてないんだったら
お墓参りとかする必要もないのにね〜(笑)
死んだら何もなくなって無になってしまうっていうのなら。

感謝する気持ちも湧かないほど
悲惨な状況に置かれてる人達もいるとは思うけどね…。
でもこの世で悲惨だったとしても、来世があるって
思えば、少しは生きる気力も出てくるかもね。
ルナ☆
2009/03/18 19:02
■ユミミ

なんか2冊とも面白そうだね〜
ユミミが読んでも恐くなかったのかなぁ。


「葬儀屋〜」
じゃあ、あとで借りようかなぁ〜

それにしても『心霊研究会』のメンバーが集まったのも
久しぶりだね
って、まだやってたの?
って感じだけど(笑)
活動は個々人がやるっていう緩い会則だから〜(笑)
恐い場所には近づかない
っていう心霊研究会も珍しいよね〜(爆)


遺品整理屋・・・
って続編がでてるんだ〜。人気あるのかしらね〜?
おくりびと効果…あるかもね!
ルナ☆
2009/03/18 20:05
お願いされるってことは自分のことを覚えていてもらえるってことだから嬉しいんじゃないかな??
困った時だけの…じゃ無ければ嬉しいんじゃないかな!
その人のことをず〜っと悲しんで覚えているんじゃなくて、感謝していたり、良いことを思い出したりされるときっと嬉しいよ♪

本当に久々だね☆
部長!おひさしぶりです☆
今ある本を見終わったら次借りて読みます〜☆
ゆき☆
2009/03/19 00:44
■ゆき☆ちゃん

覚えてもらっている人というと、直接知ってる人限定になるね〜。
遠いご先祖様とかじゃなくって。
おじいちゃん、おばあちゃんとか。
思い出す事は多いよ〜。
でも「どうしてもこれ、お願い!」っていうのは
まだないなぁ(笑)
死にそうに時にお願いしちゃうかもね(笑)

『心霊研究会』のメンバーって
今活動してるのはこの3人だけだね
って言っても『研究』もしてないし(笑)
でもメンバーがそろうとちょっと嬉しいな
ルナ☆
2009/03/19 15:49
お〜、『心霊研究会』!!
たしかに何も研究してない!!
しかも私は怖い場所には近づ「け」ない(笑)

ゆきさん、お久しぶりです!!
面白いので、ぜひ読んでみてね!!
ユミミ
2009/03/19 19:57
そうだね、近い人だけになるけど…おばあちゃんやおじいちゃんに感謝するってことは、そのおばあちゃんやおじいちゃんの父母にも感謝をするんだし、良いんじゃないかな☆
そういや、私もどうしても!ってお願いはないな〜
小さなことを毎日お願いしてみようかな、あ、実家に帰ってお願いすることはいつも決まっているな〜…健康!皆が健康でいられますようにっていつもお願いしてる。

研究してないけど〜…個々で本とか読んで研究してるじゃない〜(笑)
多分、個々で活動してるんだよ(笑)
ユミミ部長〜了解です☆
読みます、今度図書館で何冊か借りてきます!!
ゆき☆
2009/03/19 23:42
■ユミミ部長

そうだよね〜!
恐い場所には近づ「け」ないよね〜。
わざわざそんなところに行く人の気がしれませ〜ん!
心霊研究会も細々と活動し続けて
もう27年ぐらい!?
何もしないからこそ、ここまで続いてるのかも〜
前に昔の活動ノートを見たら
『斉藤敬子』ちゃんの名前があったよ〜。
ゲンシちゃん。
そういえば、「私も入る〜」って寄って来た事を思い出した(笑)
どうしてるのかなぁ〜ゲンシちゃん
ルナ☆
2009/03/20 11:08
■ゆき☆ちゃん

なるほど
そうかも〜。おじいちゃんおばあちゃんの上の人達にも
気持ちは届くのかもね

私はね〜いい事があると、もしかして
おじいちゃん、おばあちゃんを含むご先祖様たちのおかげ!?
と思って、感謝するよ〜。
小さないい事が多いから。

そうそう個々人で、研究してるよね
本読んだり、不思議な事に出会ったら報告し合ったりして。
そこはかとなく楽しいよね〜、そういうのって
ルナ☆
2009/03/20 11:14
そうそう、お墓参りはどうだった?
ルナ☆
2009/03/20 11:15
お久しぶり!です☆
と言っても4日だけど(笑)

今日ね、図書館で借りようと思って行ったのに〜!!
今日明日と休館日…もう読み終わるのに…
今の本、気になることがありすぎてもう少し他の人の本を読んで見ることにした!私はね〜今のが知りたいの!
一緒にまずは上の二冊のうちのどちらかをかりてみようかなって思ってる。

お墓参り行ってきたよ〜
暑くってね〜フウフウ言いながらお墓まで行って来ました。
良い所でね…明るくてきれいな所。
作られた感じはあるけれどおば様たちと行けて本当に良かった。
一人だと泣いちゃいそうでね。
時間がたてば笑えるようになるんだろうね、でもまだ私はダメなんだ。
一人で行くときっと泣いちゃう。でも出来るだけ行こうと思う。
久々にね、その方がよく歌っていた歌を聞いたの。そしたら突然ボロボロ涙が出てきちゃった。曲が鳴りだして歌いだしたら突然だよ!
どう言ったら良いのか…わかんないけれど、不思議な感じ。
とっても不思議な感じだったの。あれはなんだったんだろうね〜?
ゆき☆
2009/03/24 00:00
■ゆき☆ちゃん

え〜…なんでみんな「久しぶり」って言うのかなぁ〜(笑)?
私はそんなに久しぶり的な感覚がないんだよね〜。
ずっとマンガ読んでるからかなぁ(笑)

そうそう、図書館って行ったらいきなり
休館してる時ってあるんだよね〜
ん〜?今の本ってなんの本の事だろう?
サイコパス?

それにしても・・・なんで泣いちゃダメなの?
なんで無理して笑わなきゃいけないの?
私は自然に泣ける時は泣くけどなぁ〜。
1人で行って泣けばいいと思うんだけど?

その人縁(ゆかり)の曲を聞いて突然涙が
出てくるのは、自然な事だと思うよ?
普通、そうだと思うんだけど…。
ゆきちゃんが不思議に思ってるほうが、
私にとってはなんだか不思議に思えるよ
まだ寂しくて、悲しみが強いんだから
北川さんを思い出して、泣くのは当たり前の事なんじゃないかなぁ。
そんなに気持ちを抑える必要ないのに…。
ルナ☆
2009/03/24 16:41
だって!ほとんど毎日ブログ見てコメントしているのに4日見ないと久しぶりじゃない〜
だからそう思っちゃう!

今の本はね…いいのかな、書いても…秘密結社の本だよ。
現代の秘密結社のことが知りたいの!
気になって気になって仕方が無いわ…

泣いちゃうのはね〜自宅で泣くのは良いの!
でもね〜出先で泣いちゃうのはね、嫌なの。
だって一人で出かけるのに泣いたら目も顔も真っ赤になっちゃう!
一人で電車で行くんだもん〜嫌だよ〜

私はその人の縁の曲とかで突然泣くのは初めてだよ。
そういうの自然かな??普通そうなのかな??
じ〜んと何かじわじわ来て、というのはあるけど本当に突然。
久々に聞きたくて聞いてみたのにあんなに激しく涙が出るとは思わなかった。不自然な感覚。不思議な感覚だったんだよ。
気持ちは抑えてないよ!とっても大切な人だったんだもん。簡単に忘れられないし、何時も何時も思ってる。特別な人だったからね。だからいつでも泣ける(笑)考えたら数秒で泣ける!自信ある(笑)
あんな人には一生のうちに一度でも出会えないかも知れないって思う。
ゆき☆
2009/03/24 21:12
■ゆき☆ちゃん

そっか〜!私そんなに毎日書いてたのか…。
4日、書いてなかったんだっけ?
なんか時間の感覚がおかしくなってるなぁ

秘密結社の本…読んでるって言ってたね!
私も読みたいなぁ〜。
読んだら、どうだったか、教えてよね〜

そうなんだ…出先では泣かないのね。
でもさ、周りの事なんか気にする事ないよ!
自分が泣きたい時に泣けばいいんだよ〜。
じゃないと、余計に苦しくなってきちゃうでしょ?
電車の中なんて知らない人ばっかりだし。
そんなに人の顔をじろじろ見る人もいないだろうし。
もしかしたら大阪のおばちゃんとかなら
話かけてくるかもしれないけどね〜・・・。
ルナ☆
2009/03/25 13:13
突然、泣くのって・・・
もしかして、普通じゃないのかなぁ?
私、そういうのが割りと多いから、当たり前のように思ってた。
感情的だからね・・・

ゆきちゃんの場合、とっても大切な人だったんだから
突然涙が溢れて、止まらなくなるのは当然だと思うよ。
自分でも気が付いてないような
心の傷が、ずっと付いたまんまでいるんじゃないかな。
だから、泣きたかったら思いっきり泣けばいいんだと思うよ。
でもそういうのって、何年たっても、そうなんだよね。
時間が経てば、泣かなくなるかというと
そういうもんでもないんだよね・・・。
ルナ☆
2009/03/25 13:16
秘密結社のこと、なんだかちょっと怖くてあんまり言いたくないな〜って思ったの。まぁ、本とかいろいろと出ているんだから気にしなくても良いか…
私が思ったのは…結局宗教と同じだな…と言うこと。
いろんな種類の秘密結社があると言うのも知らなかった…とりあえずもう一冊かりてきた!また読んでみるわ〜

あたしは人前でなるべく泣きたくない人なの。
特に電車とか嫌なの〜!
一人でひっそりと…泣きたいかな〜
何度も泣いたことはあるけどね、我慢は出来ないからなるべく考えないようにしちゃう…
時間が経ってもダメだよね〜やっぱりそうか…
じゃあこれからもひっそりと泣こう〜…夜とか夕方、公園でとか(笑)
そういう気分になるときってあるよね!
ゆき☆
2009/03/26 23:06
■ゆき☆ちゃん

秘密結社、恐いよね〜。
宗教もそうだけど、やっぱり人間は集団になりたがるね。
仲間同士で、群れていたい生き物なんだね。

そうなんだ。
人前で泣くのが嫌なんだね。
それじゃあ、1人でひっそりと泣くのがいいかもね。
私は涙もろいから、毎日のように涙が出ちゃうんだよね〜
ルナ☆
2009/03/28 13:27
でもよく見ると、恐い話はここぐらいでしたね。
違うんです。この日の少し後くらいだったかな〜?「ザ・ベストハウス123」って番組で心霊画像の123をやってたの、見たくないのに、見てしまい、シャレにならんくらい恐かった!!ルナさん観ました〜?
RARU
2009/04/04 18:27
■RARUさん

あはは
見た!見た!というか、そういうのはみんな録画して見るんだ〜。
嘘くさっ
って思いながら、見たよ〜。
見た事あるヤツばっかりだったし(笑)
ああいうのって、ほとんど作り物だと思うよ〜。
なんか、うそっぽ過ぎない?
私は映像は恐いって思ったことないんだよね〜。

でもRARUさんは今家の中に1人だから
恐くなっちゃったんだろうね〜
ルナ☆
2009/04/04 21:06
全くそのとおり!あぁ、女の子が近づいてくる・・・・・・・ぶるぶる。

しかし、ルナさん、外見からは想像できませんね、恐いもの好きとは。
自分も子供の時は心霊写真とか、「あなたの知らない世界」とか、大好きだったけど。俺も霊感あるんかな〜、ちょっと体験しちゃって、もう嫌いなんですよ。
RARU
2009/04/04 21:19
■RARUさん

あ〜あった!あった
女の子が近づいて来るヤツ!!
ああいうのって、売るために作ってるんじゃないかなぁ?
映像の作りが不自然だよ〜(笑)

私も恐がりなんだけど、好きなんだよね。
体験した人は、そういうのが嫌いになるみたいだよね〜。
私は全くそういう体験がないから、大丈夫なの。
でも危険な場所には近づかないから(笑)
ルナ☆
2009/04/05 10:05
RARUさんの話しってます!小さな男の子が単身赴任中のお父さんに向かって、ビデオレターをお母さんがとってたんですよね?その男の子の後ろに髪が長い女の子がたっていて、男の子が少し横にずれると、さらにその女の子が近くなってるんですよね?あれを始めに見たときは気持ち悪くて、鳥肌がたち、吐きそうになりました。でも、あれって後から見ると、どうってことないですよね。
みーやん
2009/04/25 11:23
■みーやんさん

あははみーやんさんもあれ、見てましたか〜
私はなんか2、3回違うテレビ番組で見てますよ〜。
あれって見るからに合成って感じじゃありませんか
今は作ろうと思えばなんでも作れちゃうから
心霊映像って、みんな嘘っぽくて・・・。
でも心霊映像は嘘だと思うけど
私は霊や神様はいると思ってます
ルナ☆
2009/04/26 11:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
恐い本にチャビの見た夢とそっくりな話が・・・(O.O;) 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる