月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『お茶わん ひやしといて』って意味わかりますか〜 (*´▽`*)?

<<   作成日時 : 2008/11/27 19:56   >>

トラックバック 0 / コメント 11

この前チャビのお母さんと、チャビの妹さん(私より二つ年上)と会った。
チャビ自身が超〜忙しいので、お母さん達に会うのも年に1、2回ぐらいかな…。

その時に前々から気になっていたある事を聞いてみた。

「お母さん達は、『お茶わんを ひやしといて』って言いますか?」

妹・   「え?ひやす???って?なにを?」
チャビ・ 「食べ終わった食器を水につけて置く事だよ。え?ひやすって言わないの?」
母・   「ひやしといて・・・・って・・・・言わないわね〜。ひたしといて・・・とか、つけといてとか・・・」
チャビ・ 「え?言わないんだ?」
妹・   「はぁ?どういう意味?ひやしといて…なんて言われたら、そうか冷やすのか〜
      ・・・って冷蔵庫に入れちゃうよ(笑)」


ルナ・ 「(チャビを見ながら)ほら、やっぱりね!『ひやす』って言うのはチャビちゃんだけなんだよ!!!」
チャビ・「そうか〜!この家では、俺しか言わないのか〜。ずっと普通の(東京の)言葉だと思ってた!」               

ルナ・ 「『ひやす』って、うちのほうの方言なんですよ〜。
      チャビちゃんのおばあちゃん(母方の祖母)が
      栃木出身だったから、言葉がチャビちゃんに伝わったんですね!」

母・   「おばあちゃん、言ってたかしらね〜?ひやす・・・・・・???
      あっ!そうそう言ってたわ!!」
妹・   「え〜私、知らないよ〜。聞いた事な〜い」




そして、話題は30年前に亡くなったおばあちゃんの事に… (*´ー`*)

母・   「おばあちゃんは、半分武士の家で生まれて、
       そりゃ〜きっちりした人でね〜いつでもピシッとしてたわ」

チャビ・ 「そうそう、俺、おばあちゃんが横になって寝てるところでさえ一度も見た事ないよ。
      ピシッと上を向いて、真っすぐ寝てたっけ。
      いつも俺より先に起きてて、きっちり着物を着ててさ〜
      厳しくてさ、俺、いつも怒られてたっけなぁ・・・
      家の中で下着姿で歩いてようもんなら、即行でどなられてた(笑)」

妹・   「私、いつもおばあちゃんと一緒に寝てたのに、下着姿なんて見たこと無いモン」
母・   「そうそう、おばあちゃんって、人にそういうところを見られる事は
      嫌がってたからねぇ(笑)
      ホントにしっかりした人だったのよ〜
      今時、365日朝から晩まで着物を着ている人っていないものねぇ…」

チャビ・ 「そんなピシッとしたところが、なんか好きだったなぁ…(笑)
      ガキンチョの俺なんて、行儀が悪かったから叱られてばかりだったけど」

ルナ・  「ホントにチャビちゃんの事がかわいかったんだね」 


しばし、おばあちゃんの思い出話に花が咲いて、にぎやかな雰囲気になった。(なごやか〜



それにしても『ひやす』・・・
やっぱりそうだったんだ!スッキリ〜!
チャビ本人はおばあちゃんから、言葉が伝わったという意識がなくて、私にもずっと
「『お茶わん ひやす』は標準語だよ〜」
って、言ってたけど
何年か前に群馬・栃木の方言だと知ったとき、きっとおばあちゃんから伝わったに違いない!
って確信してたんだよね。

チャビのおばあちゃんは、栃木から出て、東京の子供達の家を転々と移り住んでいた。
特に両親が共働きをしていたチャビにとっておばあちゃんは、ほとんど親代わり。
ご飯を作ってもらって、一緒に食べたり、厳しくしつけされたり・・・
だから知らず知らずのうちに、おばあちゃんの言葉が『普通の言葉』として
チャビの中に染み込んでいたんだろう。
おばあちゃん子だし・・・(しみじみ〜)
妹さんはまだ子供過ぎて、言葉がうつらなかったみたい。
でも実の娘であるお義母さんに伝わってなかった言葉がチャビちゃんにだけ伝わってるのってなんか不思議〜!



このあと私達2人は埼玉のバイク屋さんに車で向かう。
久々のお出かけ。天気もいいし、ドライブ気分 (本当は自然のある場所に行きた〜い)

「でもさ〜私が栃木出身じゃなかったら、どこからその言葉(ひやす)が来てたかわかんなかっただろうね」
「そうかもね」
「だってさ、他の地方から来た嫁に『お茶わん ひやしといて』って東京の言葉だよ!
とか言ったら、素直に『そうなんだ〜』
って思って友達の家に行って周りの人に言っちゃって
『何?その言葉〜?』とか笑われてさ、
『え〜?標準語でしょう?おかしいなぁ〜ダンナは東京の言葉だって言ってたよ。
じゃ〜なんだろうこの言葉〜? 謎(-~-;)!! ま〜いっか!』
ってなるよね〜?そのまま謎のままで、終わってたんだよ?
栃木出身の私じゃなかったら、おばあちゃんの言葉だったって、絶対、一生わかんなかったよ。
きっとおばあちゃんが、『栃木のおなごを嫁にもらえ』
ってあの世から願ってたんだろうね(←適当な事言ってる)」

「なんだ、それ〜?(∩_∩;)(笑)」
「あ〜、だから味の好みも似てるんだ!
お義母さんはおばあちゃんの味を受け継いでるんだもんね。
だからお義母さんの煮物って、私のと味が似てるんだ!!」


チャビに半分、栃木の血が混じってるっていうのが、とっても身近に感じられる。
(父方は愛知の血)
人のルーツを知るのって面白いな。
方言って面白い。
どんどん失われて若い人がしゃべれなくなってるのが、もったいない。
みんなもっと使えばいいのに。

あっ、ちなみに栃木県と言っても私の出身は足利市なので
言葉は群馬弁なのです。
(例えば、漫才コンビ『U字工事』が話してる正統派栃木弁とは全く違います)
こころの山は赤城山だしね(笑)。

群馬弁・・・しゃべってる人はテレビの中にはいないなぁ〜。
残念だな〜。
たまには聞きたい 故郷のなまり

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
そんなん知らんわいね〜(金沢弁)
イントネーションがかなり違うから書いただけでは伝わらないよね〜(笑)
金沢弁もとても良いよ〜田舎臭さもあるけど地元の人じゃない人が聞くと優しく聞こえるらしい。
訛りとか良いよね、私も好きよ〜☆
言いなさいといわれてもなかなか出てこないんだけどね。

あ、金沢もお茶碗は冷やさないよ〜(笑)
ゆき☆
2008/11/27 23:33
ルナさんこんばんは〜!日々、群馬弁の毎日ですよ〜。
群馬でもあたしの出身地高崎では「茶碗をひやす」とは使わないけど、栃木寄り(?)のダーんちでは言われたよ。お茶碗洗おうとしたら、ダーママに「ひやしとけば(ひたしておけば)いいよ」って。他にも「?」って表現が時々あるんだけど…なんだったかな群馬県内でも東と西で訛りがけっこう違うんさね〜でも、ルナさんの話聞いてると、足利の訛りはほとんど群馬弁だいね〜。
小魔女
2008/11/28 00:11
■ゆき☆ちゃん
知らんわいね〜って言うんだ
金沢弁、優しい感じだね。
ゆきちゃんがお母さんと電話で話してるのを聞いた時
ちょっと関西弁に似てる感じ〜
って思ったよ。
情緒があっていいないいな
足利の言葉はきつく聞こえるらしくて
ケンカしてるみたい…って、他県の人からは言われるみたい。

「茶わん、ひやしとかなきゃダメだがね!」
みたいに使うよ〜。
変だと思ったことは1回もなく…
でも正しい方言は今や高齢者しか使えなくなって来てて
ちょっと寂しいなぁ〜。
親が使ってても、私はうまく使う事は出来ないんだ〜。
ルナ☆
2008/11/28 10:04
■小魔女さん
お〜群馬の友、小魔女さんいらっしゃ〜い
高崎じゃ〜茶わんは、ひやさねン?(笑)

ちょっと離れると、方言も変わるよね〜。
太田は「だにぃ〜」って言うし
館林は栃木なまりが入ってきてるみたいね。
足利は桐生・太田と近い言葉なんだよ
特に私の実家は西側だから、桐生に近いし
母親の実家は川渡ればすぐ太田って場所だし。
親戚も桐生・太田にいるしね〜。
ルナ☆
2008/11/28 10:48
「がしょーき」とか「じゃんぼん」は
前橋のほうでは使わないらしいけど
高崎方面でも使ってないのかなぁ(笑)。
「ちょちょら」も東毛地区だけ?
あと高崎のほうでも語尾に「りぃ」がつくのかな〜?
東京に出た足利人があまりにも「りぃ、りぃ」言うから
「リー」っていうあだ名が付いたって話を聞いた事があるよ(笑)。
あと「げ」ってよく使うよね〜。「うまげ〜」とか。
来ないを「きない」って言うよね。「まだ、きないン?」って(笑)。
編み下げ…って標準語ゃないって知った時は、びっくり!
編んで下げてるから、いいじゃんね〜(笑)。
小魔女さんが教えてくれた「医療人のための群馬弁講座」を
見ると、「あ〜そんな言葉、あった!あった!」
って、見るまで思い出せない言葉が多い!!
若い人達はもう使ってないって、言葉いっぱいあるよね〜。
ルナ☆
2008/11/28 10:48
「お茶碗つけといてくれんけ〜?」かな?金沢弁だと。
「け〜」とか「ね〜」とか「まっし」とか語尾につくのが多いな〜
イントネーションがかなり違うから伝わりにくいんだけどね。

そう、関西弁に近いって言われるの。
言っている本人は全くそう聞こえないんだけどね。
バスガイドさんが教えてくれるような昔からの方言はもう使う人はほとんどいないね〜なんだかちょっぴりもったいない…
世界中でも話すことが出来なくなっている言語がたくさんあってどんどん消えていっているって何かで読んだ。方言もそうなっていくんだろうね〜寂しい…

ゆき☆
2008/11/30 00:13
■ゆき☆ちゃん
「まっし」って、ふざけて「〜しておれなまっし」
みたいに言ったりするけど、それとは全然違うのかな(笑)。

そうか、言ってる本人は関西弁とは
違うふうに聞こえるんだね!
昔からの方言って、若い人はもう使いこなせないんだよね。
でもそういう言葉であらわす
物や状態がなくなっている…っていうのも
きっと原因の1つなんだろうな。
そうそう、世界中から少数民族の言語がなくなって来てるよね。
でも考えてみたら、今の私達だって平安時代のしゃべり方なんて
してないわけだし、どんなしゃべり方だったのかって
いうのは正確にはわかんないよね。
書物に書かれてるのは話し言葉じゃないし。
ある程度、仕方ないんだろうなぁ。
今の私達の言葉も100年後にはかなり変わっちゃってるだろうね。
ルナ☆
2008/11/30 22:11
( *´艸`)フフフフ
なんや かいらしぃ言い回しやねぇ(≧∇≦)
方言って なんやろ あったかいわぁ♪
ばぁ
2008/12/02 15:19
「がしょーき」?「じゃんぼん」??…うーん、高崎・前橋あたりじゃ聞いたことないなぁ。どういう意味なんだろ?
「りぃ」は使うよ〜。「食べりぃ(食べて)」とか。でも目上の人とか年上の人には使わないなぁ。
「〜げ」もよく使う!「よさげだいね(よさそうだよね)」とか
標準語だと思って使ってる群馬弁、実はけっこうあるのかもな〜。

小魔女
2008/12/04 00:07
■ばぁ
可愛いかなぁ〜
方言って、通じるとなんか嬉しいもんなんだよね〜(笑)。
京都と大阪って、関西って言っても結構違うみたいだね!
ばぁみたいに混ざってる人は、新しく方言を作ってるよね
ルナ☆
2008/12/04 06:56
■小魔女さん
『がしょーき』は『乱暴』って意味で
『じゃんぼん』は『お葬式』の事だよ。

残念『りぃ』はそういう使い方じゃないの〜。
あれ?もしかして足利だけ???
「○○りぃ〜言ってんじゃね〜よ」とか…
なんか微妙な使い方するんだよね〜。

「〜げ」って、友達がこっちの大学生の時に
使ってたら、男子から「汚い言葉」
と言われてショックを受けてたよ〜(笑)。
昔は今ほど女の子の言葉遣いが悪くなかったから
変な言葉を使うと、男子から責められるんだよね〜。
(東京では。もちろん足利の娘は汚い言葉遣いでも
何も言われない(笑))
今の娘って、会話聞いてると、汚くてすごいね。
「〜じゃね?」って、何回も言うね。
足利の娘並みの汚さ(?)だよ(笑)
ルナ☆
2008/12/04 07:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
『お茶わん ひやしといて』って意味わかりますか〜 (*´▽`*)? 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる