月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 神様って・・・宗教って・・・なんだろう?(*∪ _ ∪*)

<<   作成日時 : 2008/04/17 19:55   >>

トラックバック 0 / コメント 21

画像

「日本人には、海外に行って宗教を尋ねられるようなとき、宗教の欄に
『無神論者』と書く人が結構います。もし忠告させていただけるなら
それは、絶対に書かないほうがいいと思います。
本当に神様を信じていなくても、これは嘘になってしまうのだけれど
"BUDDHIST"とか"仏教徒"とか書くことをお奨めします」

・・・と井沢元彦さんの本に書いてありました。

それはなぜかというと海外では無心論者というのは人間ではない
非人間だ・・・というふうに見られるからだそう。

無神論者といっても、そんなに緊張を覚えなくて
その重大さがわからないのは日本人だけなのだとか。

う〜ん、確かに〜・・・。
「神様なんて信じません」って
日本人が言っても、そこまで気にならないかも。
口ではそういう風に言ってても、日本人て共通の何かを持ってるような気がするから。
お正月は初詣をしたり、日々の暮らしの中で、ご先祖様の仏壇に手を合わせたり
お墓参りをしたり・・・って、これは本当に神様がいないと思ってたら
しない事なんじゃないかなぁ〜?

画像
でも、私だったら宗教の欄になんて書けばいいんだろう〜?
と思って、しばらく悩んでしまった。

神様はいるとは、思うけど、仏教徒じゃないんだよね。
自然や宇宙自体が神様で、
土地には土地の神様がいるし、木や石にだって魂は宿るし
念をこめて作った物にも人間の『気』のような物が住み着くと思ってるし。
霊もいると思ってます。(ちなみに仏教では霊を認めていないそうだ!びっくり・・・)
お天道様にだって『ありがたい』という感情を持って過ごしているし。

う〜ん・・・
一番近いのはやっぱり『神道』なのかなぁ?
でも、勉強不足で神道のこと、全然詳しく知らないんだよね。
神道っていうと、神社になるのかな?
でも神社にも、そうそう行かないし。
うちは初詣には行くけど、厄払いはとうとう1回も行かずに終わってしまった (;^〜^A 
(厄年に悪いことが起こるとは思ってないので)

「私は○○教です!」って、きっぱりと言い切れないところが、日本的なんだよね。
でもそんな日本が私は好きです!
一神教のように自分のところの神様以外を信じる者は殺してもいい
・・・ってなるよりも、仏様もキリスト様もみんないらっしゃ〜い!
日本は神様がいっぱいいても困らないんですよ〜
って言って、なんでも取り入れる。。。
そんな ほんわかしてる日本が好きなのです。
(ちなみにユダヤ教もキリスト教もイスラム教も信じているのは同じ『唯一神』
なのですが、解釈の仕方が違うのでケンカになってしまうらしいです)


画像
そんな中、私が一番考え方が合ってると思うのは
江原啓之さんのスピリチュアルの教えですね。

江原さんは神主さんだったので、神道的だと思うんだけど
イギリスに留学して、スピリチュアルの勉強をして来ているので
完全な神道でもないのよね。

それにこれって、宗教じゃないし。

あ〜どこからどこまでが宗教で、どこからどこまでがただの教えなんだろう?
宗教の欄に『神様は信じてます』とだけ書いちゃダメなんだろうか?

でもこの先海外に行ったりしないだろうし、宗教も聞かれないだろうから
まぁ〜いいや!当分、保留にしとこ(u .u)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
うんうん、わかる!わかるよ〜!!
実家で弟に霊の話とかしても相手にされないし、スピリチュアルな考え方を話してもきっと理解されない。
私は実家がお寺だからね〜複雑なんだけど…私も自然に感謝して生きて行きたい。
そんなに理解されないってわかっているから誰にも無理強いはしないけれどきっと変わらない、この思いは。
色んな神様がいたって良いじゃない!って思うけどなかなか難しいよね〜日本ってそういうところかなり寛大よね〜
ゆき☆
2008/04/17 23:24
■ゆき☆ちゃん
わか〜る、わかるよ、君の気持ちぃ〜♪
でもぉ〜綺麗になりたいよね〜♪←森永アロエヨーグルト☆

じゃ〜なくって!(~ж~)
霊の話。霊の。仏教では霊を認めてないっていうの
初めて知ったのだ〜!びっくり〜!
じゃ、お寺には絶対に幽霊は出ないのね!?

仏教って、宗派によって考え方が全く違ってくるから
よくわかんないんだよね。
そもそも日本に入ってきた時点でお釈迦様が言ってる事と
相当違う事になっちゃってるんでしょう?
みんながその時その時で
好き勝手に解釈して作っていくものなんだね。
最終的に悟りさえすればいい、みたいな(笑)。
ルナ☆
2008/04/18 00:00
ゆきちゃんも周りから理解されないと
孤独感を味わうよね。誰に話してもわかってもらえっこない
って、思うよね。
でもきっとね、今はわかってくれる人が増えてきてると思うよ。
スピリチュアルを勘違いしてる人も死ぬほど多いと思うが。
私はゆきちゃんの考え方と似てると思うし!

日本て、なんか大らかなところがあるよね。
仏教では本当は何もかも捨てて出家しなければいけないのに
出家もしないし、結婚もするし、っていう
そういう仏教は世界中で日本だけなんだってね〜。
でも私はそんないい加減な日本が好きだぁ〜!
そのくらいの『アソビ』がないと、キリスト教みたいに
進化論を否定するぐらいまで
頭が固くなっちゃいそうで嫌だもん!
未だに進化論を学校で教えられないとかは、ちょっとね〜。
ルナ☆
2008/04/18 00:01
出るよ、幽霊(笑)
多分ね、多分…
怖いと感じたことが無いのよ、実家では。夜中のお墓にだって行けるもの。お盆に電気を消した後に見回ったりする時は電気消して見回るもん。お線香とか蝋燭の火が消えていないと危ないでしょ?
見たことが無いとは言わないけど何時も怖いのがいるとは限らないよ。多分ね。
それよりも怖い場所や嫌な場所はい〜っぱいあるからね!
実家の宗派では結婚もするし、肉だって魚だって食べるし、関東の大きなお寺なんて高級外車何台も乗り回しているし…これってどうなの〜?と思う事だっていっぱいある。
それが良いとは言わないけれど柔軟に考えられないと過激になっていくよね。だから宗教で争いが起きるのよ…
それが望みでは無かったはずなのに、おかしなことがおきているとしか私には思えないな…
ゆき☆
2008/04/18 00:27
■ゆき☆ちゃん
出るんだ… (´Д`;)やっぱり…
江原さんによると『お墓はカルシウム畑』なんだって!
死んだらお墓に行くものだと思ってる人が来ちゃって
なかなか上に行けなくてウロウロしちゃうんだって。
お寺のお内儀さんが人が死んだのがわかるっていう話を
読んだ事があるよ〜。
死んだばっかりのおばあちゃんとかが
『お世話になります』
って言いに来るんだって。
でもそれは そのお内儀さんが霊能者だからだよね〜?

破戒坊主の話と言えば
やっぱり変態のお坊さんの漫画を思い出しちゃう〜(≧∀≦)
お坊さんは煩悩の固まりってイメージが…(´.`*)
立派な方も多いんだろうけどね!
人間だもの。仕方ないよね。
まぁ〜あんまりゼイタクな暮らしを送られるのも
どうかな?とは思うけど。
でもこれからはお坊さんもそこまではゼイタク
出来ないんじゃない?
お葬式の仕方も どんどん変わって行って
きっとお金あんまり取れなくなるんじゃないかな?
諸行無常〜(ー_ー )
でもゆきちゃんの実家は平気でありますように(笑)!
ルナ☆
2008/04/18 00:53
過激な思想・・・すごく嫌!
環境保護団体の過激な行動も嫌!
本人達はいいことしてるつもりなのかもしれないけどね〜
(資金援助を受けるためのアピールだという話もあるが)
自分の考えを押し付けるのって、良くないと思う。
キリスト教が日本に定着しなかったのは
はじめの頃、お寺を焼き払ったりしてたから
っていう事もあるんだって。
多神教の日本人にそれで嫌われちゃったんだって。
唯一つの神を信じると他は全て許せなくなるんだよね。
恐いよね。
ルナ☆
2008/04/18 00:54
宗教かぁ…  難しいなぁ
神様 ってのは信じてるけど
結局のところは 神様って 皆同じものを見てるんやけど
その見かたの違いで 沢山の神様が出来ちゃった
それが宗教であって…   って 気がするねんなぁ
だから どこ! ってわからへんなぁ
どの宗教も 学ぶべきところはあると思うしね
(。-`ω´-)ンー
     難しいなぁ…
ばぁ
2008/04/18 05:59
■ばぁ
ばぁの言ってる事って、私の思ってる事と
おんなじだぁ〜(≧▽≦)

神様に対する解釈の違いで
それぞれの宗教が出来てるって気がするよね。
たまに人間の中に神様の言葉を聞ける特殊な能力を
持ってる人が出現するんじゃないかなぁ。
イエスはそういう預言者
(『予言』じゃなくて、『預言』だそうです)
の1人だ…っていうのが、イスラム教なんだって。
そこからして、イエスを神としてるキリスト教と
ケンカになっちゃうみたいだね〜。
私は神様って、宇宙の意思みたいなものかなぁ〜
って思ってるよ!!
ルナ☆
2008/04/18 12:03
日本には、『神仏習合』とゆう言葉が有りますよね。
太陽(特に日の出)や月、山や海、草木等の自然全般に神様が居るって云われても「うん、その通り」って思えませんか?
それは、『日本人は土着の信仰と仏教信仰を折衷して、一つの信仰体系として再構成(習合)することが普通に理解出来る人種』だからではなのでしょうか。
つまり日本人は、『無神論者』なのでは無く、神仏があまりにも身近に有る為、特別意識しない人種なのではないでしょうか。
普段生活している中で、常に幸せって感じますか?
不幸なとき『あの頃は幸せだった』と思えるから、何も無い『今』が、幸せなんだと思えるのと一緒ですよね。

仏教では霊を認めていないのは確かですが、その理由は『塗仏の宴・京極夏彦』を読めばよ〜く解りますよ。
koo
2008/04/19 06:15
■kooさん
そうそう!kooさんもそういう風に思いますか(´▽`)
『神仏があまりにも身近に有る為、特別意識しない人種』
って、いい表現ですよね〜(≧∇≦)b
みんな特別に意識してないんだと、私も思う〜!

井沢さんによれば日本人が一番大切にしているのは
『和』で、『話し合い至上主義』なんだそうです。
でもそれに因る弊害が大きいそうなんです。
日本人は『自分達はこうなんだ』
って事を、意識しないで暮らしてるけど
こういう特質があるんだって事を意識して
生きていったほうがいいみたいですね。
ルナ☆
2008/04/19 15:29
出たな(笑)!京極!
仏教で霊を認めてないというのは
『人は死ねばすぐに別の世界に生まれ変わる、
六道輪廻の中に入るから』だそうですね。
そして、輪廻する主体は『霊』ではなくて
『識』というそうですね!
(ここいら辺でもう意味がわかんないんだけど…(; ̄ー ̄川)
『識』は三島由紀夫の『豊饒の海』
に詳しく書かれているそう!
そういった事が『塗仏の宴』にも
詳しく載ってるのかなぁ〜?
一通り井沢さんの本が
読み終わったら、読んでみようかな!
今は井沢さんで、いっぱいいっぱいなの〜(笑)!!
ルナ☆
2008/04/19 15:29
一日見なかったら色んな人のコメントが増えてる〜!
そっかぁ〜そっかぁ〜!って納得できる言い方とか表現に納得しちゃった。
『神仏があまりにも身近に有る為、特別意識しない人種』
本当に良い表現☆
ああ、良かった〜こういう風に思っている人がいるんだってわかると安心しちゃう。実家がお寺でも関係ないわね(笑)
色んな神様に感謝して生きていくわ〜
井沢先生の本、私もどんどん読んでいくわ〜時間はかかるけど…ね!
ゆき☆
2008/04/19 23:26
■kooさん!
kooooooo〜〜〜さぁ〜ん!!
ゆきちゃんが、とってもkooさんの事、こんなに
褒め称えてますよ〜(^O^)/
ここ読んでるかなぁ〜?読んでもらいたいな〜!
ルナ☆
2008/04/19 23:51
■ゆき☆ちゃん
いいよね〜!こういう風な表現て!
あのね、日本人てヨーロッパのホテルに行っても
一番霊的なものに気がつくんだって。
ホテルの支配人が
『日本人は人種的にそいういうのに敏感なんでしょうね』
って言ってたよ。
やっぱり四季の移り変わりや自然に対して
愛情を持ってる人が多いからなのかもしれないよね。
日本人て悪い部分ももちろんたくさんあるけど
いい所もいっぱい持ってる民族なんだと思うよ!
日本に生まれて良かったなぁ(*^-^*)
ルナ☆
2008/04/19 23:58
(笑)褒め称えてますよ〜って!(笑)
正直にそう思っただけだよ〜なんだか恥ずかしいよ(笑)
なんだか久々に本を読んだら楽しくなってきて編み物と読書と自宅ではTシャツリメイクと…忙しいよ〜(笑)電車を待つ間、ホームにいるときでも時間を惜しんで読んでる。早く次を読みたくって…
霊的なものに敏感なのか〜そうなんだ、神経質なだけかと思っていた、そういう見方もあるのね、なるほど!
昔の人は四季どころか二十四に季節を区切って(と言うのか?)いたんだもんね。細やかとしか言えないわよね〜
ゆき☆
2008/04/20 00:14
■ゆき☆ちゃん
そんな恥ずかしがらなくても…(笑)!

やりたい事が多くて忙しいね!
テレビ観てる暇がないね〜。(テレビ面白いよ〜!(笑))

そうか!ゆきちゃんて、いつも『神経質』を
気にしてるよね。
大丈夫だよ〜☆神経質じゃないよ〜。
私はゆきちゃんが神経質だと思った事ないよ。安心して!

二十四節気ってあるよね。
農業をするのには細かい暦が必要になって来るんじゃない?
自然と共に生きていて、生かされてるから
細やかな神経が育つんだろうね。
現代人からは考えられないほど
色んなことに敏感だったんだろうね!
ルナ☆
2008/04/20 00:24
そうなの、神経質って私にとっては嫌な言葉なの!
何処までやれば良いんだろう?とかこういうことされたら嫌かな?とかいつもいつも考えながら行動しちゃう。そんな自分に疲れちゃうこともある…でもそれを表に出さないようにしているからなおさらね!
農業をしていたから二十四節季あったんだね〜そうか…確かに農業に関係する意味の物が多いね。
今の現代人には(私も含めね…)そういう部分は無くなってしまっているけどね…生きていくためにも必要な物だったんだろうね!
ゆき☆
2008/04/20 00:32
私の愚文読んでいただきありがとうございます。
文才が無く上手い表現が出来ず恥ずかしいです(^-^);
私も色々な方のコメントを読んで、『なるほどなぁ〜』と思う事がよくあります。
ブログって様々な意見交換できて素晴らしいですね(←う!!我ながらジジ臭いなぁ…)
koo
2008/04/20 06:24
■ゆき☆ちゃん
ゆきちゃんは、人に対してとても気を遣うんだよね。
受け取り方は人さまざまなんだから
基本、意地悪をしなかったら、大丈夫だと思う!
それにしても相手によって疲れ方も違うよね〜。
私なんかは、ゆきちゃんが何言っても
別に気にならないよ! (*´▽`*)
それって、たぶん信頼関係が築かれてるからだと思うな。
友達だったら何言っても気にならないし
ケンカ別れとかもしないと思うし。
何か気になる事を言ったりされたりして
もう嫌になって話さなくなる相手というのは
やっぱり気が合わないんだと思う。
気を遣わずに楽にいられて、自分が言いたい事を
気にせず言える相手っていうのが
本当に合ってる人なんだろうね。
まぁ、それは友達の話で
職場の人とかには合わせて行かないといけないから
面倒だよね。
人間関係を円滑に進めるには、やっぱり気を遣わないと
いけなくなっちゃうんだろうね。
疲れるよね。。。私には無理だなぁ!
すぐに意地悪な事、言いたくなっちゃうから(-~-;)
ルナ☆
2008/04/20 12:58
二十四節気と言えば、綺麗な言葉もあるよね。
私は『清明』って好きだな〜。

旧暦を新暦に換算してる暦を
調べてみたら『清明』はちょうど今ごろで
『4月5日頃〜19日頃』だって。
「万物が若返ってすがすがしく、さまざまな花が咲き乱れる」
って、すごく気持ち良くていいなぁ!!
ルナ☆
2008/04/20 13:09
■kooさん
最後の一文は『キメッヽ(`・ω・+´)ノ゛』
って感じかな?(笑)
全然、愚文じゃないですよ〜。
とても上手に自分の考えを伝えてるじゃないですか!
いろんな新しい見方を提示してもらえると
新しい発見が出来て楽しいですよねぇ(*^O^*)
ルナ☆
2008/04/20 13:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
神様って・・・宗教って・・・なんだろう?(*∪ _ ∪*) 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる