月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「夜市」と「蛇にピアス」を読みました。

<<   作成日時 : 2006/10/22 23:46   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像

「夜市」 (恒川光太郎・著)を読みました。
これは、去年の「ホラー小説大賞受賞作」です。

ホラー大賞なのに、全然ホラーらしくなくて
しみじみとした味わいのあるお話だと思いました。
ホラーって言うよりも、どっちかっていうと「ファンタジー」ですね。
私は「夜市」よりも、もう一編書かれていた「風の古道」のほうが好きです。
水彩画の世界のような透明感を感じました。
涼しい風が吹いてるような世界が広がってスゥ〜っと
入ってくる心地よさがあって、夢の中のような異界を作り出すのが上手だなぁ。
次回作が楽しみな作家さんですね〜♪
それから本の表紙のイラストが、綺麗で好きです〜。





画像

続けて・・・
「蛇にピアス」(金原ひとみ・著) を読みました。

面白かったけど、「なんでこれが芥川賞???」
純文学・・・ってこういうの?ちょっぴり疑問!
私は純文学ってほとんど読んだ事ないんだけど
私の「純文学」ってイメージからすると
ちょっとエログロで砕けすぎです!(笑)
まだお若いのに性描写がお上手なところが
結構いいかも〜って思っちゃったじゃないか!(笑)。
S男にいたぶられるエッチ描写がこんなにいいなんて!
ああ〜若い女の子がこんなシーン描いちゃってるなんて!
余計興奮しちゃう〜!(*ノノ*)
そんな事、言えやしないよ ・・・( ←って、言ってる!言ってる!(笑) )

だけれども、エログロ、セックスシーン以外に何が良かったかと
言われると、特に強い印象は残らなかったかなぁ。
芥川賞の割りには、重厚さがない感じ。
字が大きくて、薄い本だから、すぐに読み終わっちゃったし。
全体的には好印象なんだけど、すばる文学賞だけだったら
もっと私の好感度は、高かったと思う。
芥川賞だと思うと厳しい目を向けちゃうのかもしれないです。

う〜ん、これで1200円もするのか〜。
図書館から借りて読んでる本だからいいけど
自分ではちょっと買わないな〜(*´〜`*)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
最近は 編み物ばかりで
本… 読んでないなぁ〜(+(ェ)+。)
また落ち着いたら のぽぽぉ〜んと読みたいわぁ☆
ばぁ
2006/10/23 13:10
■ばぁ
わかる!わかる〜!
編み物ってやり始めると
それしか出来なくなっちゃうんだよね〜。
私も編み物したいって思う時もあるんだけど
他の事が全く出来なくなるから、やらないんだ〜。
ばぁもそのうち読書できるようになるといいね♪
ルナ☆
2006/10/23 13:39
『蛇にピアス』は、芥川賞を獲り、超話題になってたときに早速読みましたが「??????????????」って感じで、芥川賞を「本離れを打破する為、選考委員達を無理やり説得した出版業界の陰謀では?」思ってしまいましたよ。
買った本は即効ブックランド行きになりました!
ちなみに、同時受賞の『蹴りたい背中』も同時にブックランド行きになりましたがね。
koo
2006/10/24 19:05
■kooさん
kooさんでもこんなの読んだんですね〜(*^m^*)
さすが、活字中毒さんです(笑)
私は、選考委員のおじさん達が、
こういうのが若い感性のきらめきだ!!
とでも思い込んでしまったのかなぁ〜・・・
って想像してしまった!
kooさんは、買ってしまったのね!金返せ〜!
って気持ちになったでしょう?(笑)
私はお金を出してないからそれほど怒ってないだけで
自分で買ってたら、もっとボロクソ言っちゃうかも〜!
わざとお下劣に書いてるのか、そういう風にしか書けないのか
これだけでは判断がちょっとつかなかったな。
「蛇にピアス」を読んで「蹴りたい背中」
っつうのも読んでなかったな〜と思い出したので
図書館に予約入れました。←お金を一銭も出す気がない(汗)
そっか、それも速攻「ブックランド」(こっちにはないです)
行きなんだ〜。とりあえず、読んでみるけど、
大売れしたのは綿矢りさの可愛さだけだったのか!!ガクッ!
褒めてる人達も多いから、いいと思った人には
良かったんでしょうけどね〜。
ルナ☆
2006/10/24 19:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「夜市」と「蛇にピアス」を読みました。 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる