月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS もう〜いくつ 寝ると!

<<   作成日時 : 2005/12/30 20:03   >>

トラックバック 0 / コメント 10

画像















あさってはもうお正月ですね。
お正月と言えば「門松」です。
この門松はあの世の祖先さまがこの世へ帰ってくる目印なのです。
お正月とお盆はかつてあの世の人がこの世へ帰ってくる日でした。

地方によっては松の木ではなく、モミの木であったそうですが
梅原猛の「日本人の魂〜あの世を観る」によると
梅原さんの田舎の風習では、家々ごとに門松の作り方があって
隣の家の門松は違う作り方をしていたそうです。
正月に門松を作るというのは、
「正月が祖先の霊を迎える儀式であったからであろう・・・」
と、梅原さんはおっしゃってます。
そして、門松が家々ごとに違っているのは
「祖先さまが目印として降りてくるので、迷わずにすむようにということからであろう」
という事です。
門松は先祖の霊のみならず
氏神さまやそれぞれが信仰される神さまに降臨いただく依代(よりしろ)なのです。

ところで梅原猛さんの「日本人の魂〜あの世を観る」という本を読むと
今まで意味もわからずにしていた風習の意味がわかります。
決まってる事だから・・・と、深く考えもせずにして来た事が
古代の日本人の「あの世観」に基づいていた・・・という事がよくわかるんです!
全て意味のある行為なんです!
古代の人々は愛情をもって死者と接していたんだな〜って
その豊かな心持ちにとても感動を覚えました。

お葬式の時、死者に着物をなぜ左前に着せるのか。
お葬式の時に死者に供えるものは、なぜ必ず割るのか。
お通夜はどうして夜の初めに始めるのか。

その背後には何千年と伝えられている日本人の信仰が隠されているのです。

何千年か前の日本人は、あの世の全てが
この世とは「あべこべ」になっていると考えていたのです。
だから、あの世に旅立つさいに、全てこの世と逆にするわけです。
あの世の昼はこの世の夜。
だから夕方から始めるお通夜はあの世では朝け方のはずなんですね。


その他にも色々、興味深いお話がたくさん書かれていました。
梅原さんは哲学者なんですが、とても人格が優れてる方で
読んでると「ああ〜この人は本当にいい人だな〜」ってあったかさを感じましたね。

「日本人の魂〜あの世を観る」 梅原猛・著

写真:大きなベッドになって、楽々二匹で寝れる チョッ君とミュウちゃん

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
その本絶対読みたいな!うちは農家なので、おじいちゃんがしめ縄を藁で作ります。私はさっきお飾りを買ってきて、玄関につけました。「一夜飾り」っていけないっていうけどなぜ?お盆のお墓参りのやり方も実家とこの家では微妙に違って、いつも疑問がいっぱいなのです。その本私の疑問を解決してくれるかも!!
それから、パ−ト先で若い子達が立派な門松を作ってくれたのに、ヤクザに目を付けられるとやばいという理由で撤去!つまらない大人の理由で飾れなくて本当にごめんなさいって感じです。


カオリン
2005/12/30 20:40
御無沙汰しとりますぅ(*- -)(*_ _)〃

なんや気になる本ですぅ(´ー`*)
機会をつくって 読みます!
なかなか時間がかかってしまいそぉやけど…(´Д`υ)
ばぁ
2005/12/30 22:50
■カオリン!
この本はカオリンの疑問を解決する内容ではないよ〜。
あっ、ダジャレになってる!!(笑)
どちらかというと「あの世観」ですね。
カオリンが知りたいような豆知識的な本は
他にあると思うよ〜。
それにやり方って地方ごとに違うし
その家によっても違うみたいだし、結局嫁ぎ先に
合わせるしかないんじゃないのかなぁ。
「一夜飾り」がいけないとされるのは
お葬式を連想させるかららしいね〜。
でもただの迷信だよね。
29日にお札をもらうのがいけないっていうのも迷信だし。
「二重の苦がある」ってただの語呂合わせだもんね。

やっぱり門松ってヤクザから
買わなきゃいけないのかな〜?
こっちでは門松は花屋さんで売ってますよ〜。
自分たちでせっかく作ったのに、
飾れないなんてひどいよね〜。
でも若いのに作り方を知ってるのがすごいな〜!
ルナ☆
2005/12/31 01:23
■ばぁ
あ!ばぁ〜、お久しぶり〜!!
私は知らなかった事がいっぱい書いてあって
この本はとても面白く読めましたよ〜。
薄くて字が大きいから読みやすいと思うよ。
梅原さんて京大出身、なんだよね〜。
それから京都市立芸術大学の名誉教授らしいですな。
スーパー歌舞伎のヤマトタケルの脚本を
書いた方なんだよね。
京都の人は梅原さんの事は必ず知ってるのかしらね〜?
ルナ☆
2005/12/31 01:31
おはようございます。
記事の内容とは関係ないのですが、年末のご挨拶を(笑)。
今年はa-haでルナさんちを発見して以来、お付き合いしてくれてありがとうございました。お陰様でとても楽しく過ごせましたよ(^^)来年もまたよろしくお願いしますね。よいお年を!旦那様にもよろしく!
REALLIFE
2005/12/31 09:49
やっと時間が空いてPCに向かえたよ〜〜。
普段何もしないツケが年末にドドーーーッと(汗)

私もこの本読みたいな〜。
あ〜〜、読みたい本がまたひとつ増えてしまった…。
買ってもまだ読んでない本もあるのに…(汗)

では次の作業にとりかかるのでこの辺で!!
よいお年を〜〜〜♪♪
よしりんの話はまた来年ってことで☆
ユミミ
2005/12/31 15:00
■REALLIFEさん
わざわざご丁寧にご挨拶どうもありがとうございます。
こちらこそ、いつもコメントを頂いて恐縮です。
REALさかんがご家族でブルーベリー狩りに
いらっしゃった事とか印象深いお話が
結構ありましたよね〜。
来年もどうぞよろしくお願いします〜(^∇^)
ルナ☆
2005/12/31 15:17
■ユミミ部長〜!
今年は本当にユミミにはお世話になりました〜!!
ありがたや、ありがたや。〃o(≧∇≦)o〃
梅原猛さんは超有名だから、ユミミも知ってるかな?
アイヌの研究もしてるし、日本に目を向けた最初の
哲学者って感じで。
私はこの方のお人柄が、とても好きなの〜!

私は大掃除を、もうダウン寸前まで、やったから
もうのんびりとするわ〜。
お正月から倒れるとまずいし。。。 (^.^;)
お腹がすいたから3時に
もう年越しそばを食べてしまった!!(笑)


ルナ☆
2005/12/31 15:22
初めまして。
美輪江原ファンにお薦めです。

http://blog.so-net.ne.jp/k-tantan/

カエ
2006/01/04 21:35
■カエさん
オーラの泉を詳細にリポートしてらっしゃるんですね!
すごいです!
見逃した方はぜひ、カエさんのブログを
覗いてみて下さい!
ルナ☆
2006/01/05 19:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
もう〜いくつ 寝ると! 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる