月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「愛は脳内物質が決める」を読んで

<<   作成日時 : 2005/07/20 20:23   >>

トラックバック 0 / コメント 10

画像
この本を読めば結婚生活や恋愛が
うまく行かない時、なにかの助けになるかも?
なんの話かと申しますと「ホルモン」について・・・です。

私たちの脳のなかでは
情熱をあおるホルモン
官能的なふれあいへと誘うホルモン
性的な匂いを出すように促すホルモン
それを感知するホルモン
攻撃的、受容的、誘惑的にふるまえと命じるホルモン
性衝動にブレーキをかけるホルモン
などなどがいりまじって「心」や「気持ち」に介入してくる・・・。

男女の体内のホルモン状態は全く違っていて
特に男性の性衝動と女性は食い違っている。

・・・と、いうような内容が書かれていて
ホルモンから見た男女の違いって、かなり大きいものなんだな〜っと
びっくりさせられちゃう。

さらに年齢の違いでもホルモンの分泌状態は変化して
例えば二十代の女性はエストロゲンの作用によって
受身の性衝動がとても強い。
それが三十代 四十台になると、ホルモンのバランスが変わって
テストステロンの影響が強まってくる。
若い頃よりも自分の性的な欲求をはっきり自覚するようになり
自分の満足感を優先させる。
その時、パートナーとの関係が良好でなければ
彼女は、さて・・・どうするでしょうか?

このように人間はすべて体内で絶えず変化している
化学変化の影響を受けているって事だ。
じゃ、どうすりゃいいのさ?
という事については大丈夫。
ホルモンの力に対抗するだけの「知識」と「愛」があれば。

「知識」があれば成り行きまかせでなく
自分自身で人生のシナリオを書き直すことも可能だ。
ホルモンの知識を持った上で、モラルや常識、また自分の理想像で
自分をコントロールする意思を持つ事が大切だ。
そして、「愛」
気持ちや行動は「ホルモンによる影響」だという事を理解し
お互いをかばい合い、思いやる心がなによりも大切なのです!
:*:・(*´ー`*人)。・:*

このテストステロン、「一人でいたがる性質」
「なわばり主義」を持つホルモンでもある。
性交後、男性がそっけない態度をとって背中を向けて
寝てしまうのはこのホルモンのせいらしい。
そして、マスターベーションや一夜限りの情事に駆り立てる。

テストステロンは新しさを求め、他者と干渉しあうのを避けるが
所有権にはこだわる。
これって、男性の特性にピッタンコ、当てはまるよね?
「この女はオレの物。絶対手放さない。
でも、新しい女も欲しいから開拓しちゃお〜っと」
っていう男性像が目に浮かんじゃうんですけど ┐('〜`;)┌ハハハ

男性の体内でこのホルモンの値が高くなると異常に攻撃性が強くなって
かなり高い比率で凶暴な犯罪を犯す。
困ったことに一部の女性にとってはとても魅力的にうつるんだそうだ。
(私からしたら全くあり得な〜い! ( ̄д ̄υ) )
そのような男性と結婚すると
浮気や、暴力をふるうなどの傾向が強いらしい。
こういう男性を魅力的に感じる女性が
「だめんず・うぉ〜か〜」(ダメ男を渡り歩く女性)になるんだろうね〜。

でも、実は男性本人も好きでやってるわけじゃないらしい。
自分の意思ではどうにもならない事らしいのだ。

スポーツにもテストステロンは関係する。
男が勝ち負けにこだわるのもテストステロンのせいだ。
男が「戦争好き」なのも。
戦ったり、競争したりしてる時に最高潮に高まり気分が良くなる。
だからまた気分を良くするためには争いごとを起こさなくてはならない。

ストレスを感じるとテストステロンの値は低下する。
一日中ひどい仕事でこきつかわれた男性は
帰ってから妻や子供をひどい目に合わせれば
「男性としての優位性」を回復できる。
誰か他の人間をどなることで彼らはテストステロンの値を回復させているのだ。

この説明を読んで男性がちょっと可愛そうになって
ホルモンのせいなんだからもう少し暖かい目で
見ようってほんの少し、思った。
やっぱり男の人は立ててあげないとね!
(愛する相手限定だが・・・ (∩_∩;) )


・・・と、この本にはホルモンの説明が詳しく載っている。
私が抜き出して書いたのはエストロゲンとテストステロンだけど
本の中では10種類以上のホルモンについて書かれているのだ。


「愛のホルモン」と呼ばれるPEA(フェニールエチルアミン)とか
恋愛に関するホルモンで説明もとても面白い。
恋してる人は今、これいっぱい出てますから〜!
実感してみてくださ〜い!
あ、あとオーガズムのあいだに値が跳ね上がるという
特徴があるそうな。思ったよりもホルモンって
短い時間内にドバッと分泌されるもんなんだな〜。
面白〜い!キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー

ただし、PEAの値が異常に高まる体験をすると、やみつきになって
恋に溺れた状態になってしまう場合があるのでご注意を!
急激に減ると恋わずらいの原因になるそうな。
でもだからと言って、自分で調節出来るもんじゃないしね〜。(*´〜`*)
ちなみにPEAの値の変動で起こる鬱病には抗欝薬を使って治療するそうです。

男女の違い(特に性的な)の謎に迫りたい方にはお勧めの一冊でございます。


「愛は脳内物質が決める」  テレサ・クレンショー 著
                   小川敏子 訳

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
へ〜、面白いね!なるほど、テストステロンかぁ。
まだ20代前半の頃、ダーが「女は30越えるとイヤラシクなるって言うじゃん!」と言うので、「そんなことないもん!あたしは違う!」とムキになって反論してたあたし。それが今では…○■×?!☆
ううん、あたしがイケナイんじゃないの、みんなテストステロンのせいなのっ!…ってダメですか?(苦笑)
小魔女
2005/07/20 20:48
■小魔女さん
いいのよ、いいのよ。み〜んなテストステロンが
そういう気にさせんのよ。(笑)
でもね、全くその気がなくなるよりは、多少あったほうが
お互いにいいと思うけどね〜。
女性は授乳中にプロラクチンが大量に分泌されて
性欲がなくなってしまうらしいの。
それをわかってないと夫婦の間に亀裂が入るっていう例も
載ってたよ!

ところで、小魔女さんこの前、大変だったね。
もうおさまったようだけど。
一言、言いたかったんだけどどんな風に言っていいのか
わかんなくて・・・。
騒ぎが大きくなっても困ると思って。ごめんね。力になれなくて。
でも私は個人的にはさ〜、好きな相手とは
とことん一緒にいて欲しいと思ってるのだ。。。
あんまり気の利いた事、言えなくてホントごめんね(≧≦)
ルナ☆
2005/07/20 21:09
うんうん、授乳中の友達は「今は旦那に触られるのもイヤっ!き〜〜〜っ!!」ってなっちゃうと言ってたよ。でもうまく出来てるよね〜。子育てにつきっきりの時期に性欲があったら赤ちゃんもたまったもんじゃないもんね〜(笑)チチくれよ〜〜!って泣くよぉ。

先日はお騒がせしちゃいました。すみません、御心配おかけしまして。
ルナさんが謝る事なんて一つもないよ〜。
自分でもオトナゲないなと思う一方、今回だけのことじゃなかったので我慢できなくて、ついイッちゃいました。(爆)
周りのみんなが困るのは判ってたんだけど…今後はもっと大人の立ち振る舞いが出来るように頑張るよ(苦笑)
小魔女
2005/07/20 21:39
■小魔女さん
プロラクチンは「授乳期間が終わるまでは次の妊娠はお待ちなさい」
っていう自然の配慮らしいよ〜。

オトナゲなくないよ〜!!いや〜、今までよ〜く我慢してたなぁ〜
って思って!もっと早い時点でいっちゃっても
全然(`.´)q″OK!!でしょ〜。
ユミミとはよく話してたんだけどねぇ。
まっ、気になされるな〜。(゜∇^d)
ルナ☆
2005/07/20 22:19
「あの世の話」読んだよ!
面白かったので一気に読む事ができましたっ。
いろいろ考えさせられたけれど、うまく表現できないチキンだよ。
今はそういう知識の引出しをつくる時期なのかしら。
もう一回読も〜っと。
モスチキン
2005/07/20 23:45
■チキン
えらい!さすがスピリチュアル研究会の新会員〃o(≧∇≦)o〃
ちょっとでも考えればいいんだよ〜!
そうそう、知識の引き出し。うまい事、言うじゃない〜!
で、時々思い出せばいいんだよ。
私も「スピチュアル夢百科」読んだけど、スピチュアルの夢って
事についてとても勉強になったよ〜!
それに「ああ〜!」って思い当たる事もあるしね。
特にチャビが見る夢は、聞いてるとそれらしい感じがあって。
う〜ん。。。暇があったら記事にしたいな〜。
ルナ☆
2005/07/20 23:57
いやっほー!夢の記事、楽しみだなぁ〜そめろる(笑)おいら、アホウ話は書けるけれど、難しい事は上手くまとまらなくってダメダメさぁ。
チキン
2005/07/21 00:25
■チキンラン
う〜ん。私も難しい話は書いてないけどな〜そめろる〜。
ルナ☆
2005/07/21 15:49
はじめまして!
やっぱ、ホルモンの仕業なのね!!(笑い)
そう理解してる頭ではわかってるのに、「なんで〜男って・・・・!」
てなり易い自分ですが、勉強のためにも読んで見たくなりました〜
panda
2006/02/09 14:35
■pandaさん
はじめましてですぅ〜。
pandaさんのお相手は「テストステロン」過剰タイプ
なのかな?
ホルモンが気分や性格にかかわって来るとなると
知っておいて損はないですよね。
あっあと、「なんで〜男って・・・・!」
って、なりやすいのなら
「話を聞かない男、地図が読めない女」
がものすごくお薦めですよ。もう読んでるかな〜?
男脳と女脳の秘密にせまってます!!
ルナ☆
2006/02/09 14:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
「愛は脳内物質が決める」を読んで 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる