月色はらっぱ

アクセスカウンタ

zoom RSS 邂逅の森☆感想文

<<   作成日時 : 2005/05/25 19:46   >>

トラックバック 1 / コメント 24

「邂逅の森(かいこうのもり)」
素直に感動しました。
この本を読むまで「マタギ」の事をただの「猟師」だと
思っていたのですがそれは間違いでした。
「山の神様」などを言葉としては知っていてもその精神性については
理解していなかったのです。

マタギの頭領(スカリ)は代々受け継がれていく「巻物」を持ち
呪文を唱えて猟を行う。
巻物と共に様々な唱えごとや呪文が、先代の頭領から次の頭領へと
伝授されて行く。
しきたりと、儀式の中、厳かな気持ちで山の獣に挑むのだ。

その伝統も、この本を読む限り失われていく速度が早いような気がします。
明治の終わりから大正を経て、昭和の初めまでの話なのですが
その間の時代の変化の激しさに意外な思いを抱きました。
近代の歴史に疎い私にとって、明治や大正は似たようなものであり
変化があっても、とても緩やかなものだと思っていたから。

けれど戦争(日露戦争・第一次世界大戦)をはさむ事で、さまざまな変化が社会を覆い
人々の気持ちも急速に変えられていってしまったのでしょう。
山の神様に対する信仰も失われ、お金のために働くようになっていったり・・・。

また、ヨーロッパに毛皮を輸出するなど
意外と、世界が密につながっていた時代なんだなぁ〜と思いました。



そんな時代に生きた人々の姿が生き生きと描かれていて
その姿が想像のなかで映像として動き出してゆきます。
それも現代風の顔立ちの俳優が演じるドラマと違って
昔の色あせた写真に写っている姿で。

この頃の人々は生きるか死ぬか、ぎりぎりのところで暮らしていました。
でも夫婦間の愛情は今と変わない。
(もちろん小説の中の主人公の性格による話ですが!)
女房のために自分の全てである「マタギ」を捨てようとまでする富治。
もちろん女房はそんな事はさせませんが・・・。

富治は男気のある人で、「生きて行く力」を持った人。
どんな境遇に陥っても腐らず、自分の環境の中で精一杯生きる人。
私はこの主人公にとても好感を持ちました。

ラストシーンは、壮絶で感動的で一人の男の人生を
その生き様を見せ付けられたような気がします。
とても現代人の覚悟なんて程遠い世界が広がっていました。
富治さんが実際の人物だったような気さえします。

思わずこの時代に思いを馳せてしまう作品でした。


「邂逅の森」
熊谷 達也著

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「邂逅の森」について
「邂逅の森」について 大いなる自然の道理に導かれている存在。山、森、谷、川、そのものがそうであり、そこで息づいている草木や熊、カモシカ、ウサギなどの獣がそうだ。それらは自然の恵みをあるがままに受け入れる。しかし一方で自然の過酷な試練にさらされ、しかも生きつづけることもまた道理なのである。 人間はそうではなかった。人間は常に自然を征服しようとする。それが人類の進歩であり、文明発展の歴史であり、合理主義を真理とする近代化である。そして現代の繁栄がある。ただその延長にある未来に栄光が待って... ...続きを見る
日記風雑読書きなぐり@WebryBlog
2005/05/25 21:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
読んだ事ないなぁ…
とてもいいお話しみたいやねぇ
今度図書館で探して読んでみまぁす(*'ー'*)/
ばぁ
2005/05/25 22:57
■ばぁ
2004年の直木賞受賞作ですよ〜\(^0^)/
とてもいい本だと思った。・・・けど性描写も結構過激よ!!
大丈夫〜〃o(〃^o^〃)o???
たぶん、図書館ではすぐに借りる事が出来ないかも。
私も図書館で予約してずいぶんたってから手元に来たの。
読んでいると、だんだん秋田弁になって行く自分がいる・・・(笑)!!
ルナ☆
2005/05/25 23:07
(((((((o≧∇≦)o キャハハハハハハハハハッ♪
大丈夫だよぉ〜
…と ルナサンから見てうちはどんなイメージねんろぉか????
ばぁ
2005/05/25 23:29
■ばぁ♪
そりゃ〜京人形のように可愛い女の子さ☆
私はエログロは全然平気なので普通の女の子がどこまでが
大丈夫なのかちょっと心配だったんであ〜る。
でもこの本にグロは全くないから安心してね〜(^∇^)
ルナ☆
2005/05/25 23:32
ウソォ━━━Σ(ロ゚|||ノ)ノ━━━ッ!? ほんまにぃ????
全然違ったりするカモカモ  グフフッ( ̄m ̄〃)
ばぁ
2005/05/25 23:36
■ばぁ〜☆
そ・そんなに驚かなくても・・・(*⌒ー⌒*)
だってばぁはかわゆいもん!!へへへ。
ルナ☆
2005/05/25 23:39
⊂((〃/⊥\〃))⊃ウキャ♪  全然やでぇ
そない褒めたら照れるやん…
ばぁ
2005/05/25 23:49
■ばぁ〜〜〜♪
ホントにかわゆいのぉ〜。うい奴じゃ。ちこう寄れ。
↑あっ変態ぽくなってきた!!
それでは今夜はこの辺で☆
明日、耳鼻科なんだ〜やだな〜。。。ファイバースコープ痛いんだ〜!!
ルナ☆
2005/05/25 23:57
ハ━(*゚▽゚)ノ━イ! 
(*'▽')ノ'・*:。・* おやすみぃ ・*:。・*ヾ(^▽^*)マタネェ
耳鼻科 頑張ってね!!!!
ばぁ
2005/05/26 00:20
うふ(^-^)ばぁさん&ルナさん、いい味だしてますねぇ♪お二人のコメントに、和みますよ〜(´д`)~゚ その本はまだ読んでないです〜。私も比較的グロは平気なほう(←好むわけではないですが(@_@;))なんで、機会があったら読んでみたいなぁ♪
あき
2005/05/26 00:41
■ばぁ
耳鼻科、痛くて涙ぽろぽろ。頑張ったけど、ぐったりだよ〜(x_x;)
ルナ☆
2005/05/26 15:16
■あきさん
味出てるぅ〜?(・ー・)ノ何味かなぁ〜?な〜んて。
あっ、かえって期待して読んでしまう人がいるかもしれないけど
この本はエロでもグロでもありませ〜ん!!
性描写は文学表現の範囲内ですから安心してお読みください♪
でもあきさんがグロは平気なほうだとはちょっと意外!!
本は読み始めると時間がかかるから気をつけてねぇ〜!!

ルナ☆
2005/05/26 15:25
姫様。酔っ払って帰ってきてブログを見てます。マタギもいいけど、新田次郎の強力伝って読んだことありますか?
ぽんぽこ
2005/05/26 23:00
■ぽんぽこさん
あら。お帰りなさ〜い\(^0^)/
新田次郎氏と言えば「八甲田山死の彷徨」ですね。
「強力伝」読んだことないですね〜。読みたいです〜!!
山好きのぽんぽこさんは、新田次郎ファンですか?
ああ、読みたい本が果てしなくあって時間が足らない〜!!
死ぬまでにどれだけ本が読めるのか勝負だわ☆
ルナ☆
2005/05/26 23:07
お疲れさんどしたぁ(*- -)(*_ _)〃
ばぁ
2005/05/26 23:27
■ばぁ
ん?何が?あ、耳鼻科のことかな(笑)?
ルナ☆
2005/05/26 23:41
(゚д゚(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )スペシャルウンウン 
そぉやでぇ!!!!!
だって ぐったりだよぉ〜 って言ぅてはったし(*´-`)ネー
ばぁ
2005/05/26 23:51
マタギって、やっぱり秋田の阿仁のね。
秋田出身なのに全然解ってないな、私。
秋田弁はね、「あ」でも「え」でもない発音だったりするんで、
文字にすると違和感があるんだよ。
地域によって「単語」も違ったりね(^_^;)
すかんく
2005/05/27 00:37
■ばぁ
どうもありがとう\(^∇^)/
鼻の中に棒を入れられるのが痛くてね〜。
たぶん隙間が狭いんだと思うんだけど。鼻の奥のほう、(喉の上のほう)に炎症があって治りにくいんだって。
来週は粘膜を焼く軽い手術をして来ま〜す!!
今回二度目なんだけど、これも痛いから嫌なんだよね〜。
ブルー(´Д`υ)
ルナ☆
2005/05/27 13:24
■すかんくさん
すかんくさんだったら、絶対に食いついて来てくれると
信じてたよ〜\(^0^)/阿仁って知ってらっしゃるのね〜!!
阿仁のマタギって有名なの?
確かに文字で表記できないんだよね〜。方言って。
発音が難しいもんねぇ〜。でもリズム感があってあったかみが
あっていい感じ♪
能代出身の子がこっちの学校にいたんだけど
全然なまってなくて不思議だった!!
私達の年代の人はもう、標準語がペラペラの世代なのかなぁ〜?
それとも能代が特別なのかな〜?
ルナ☆
2005/05/27 13:29
マタギと言えば阿仁、それ位しか解らない。
能代は北なんで、また違う方言だと思うけど(地域で微妙に違う)
若いからか、その家であまり使わないとか…
うちも両親が標準語だったんで、秋田弁をたくさん覚えたのは
高校位からだよ。
TVだと方言には字幕が出ちゃうんだよね(^_^;)
すかんく
2005/05/27 23:51
■すかんくさん
え!?すかんくさんのご両親て標準語だったの?
もしかして秋田以外の土地のご出身なのかしら?
秋田の人って古い時代の白人種の血が混ざってるらしいよね。
それで抜けるように色白なのね〜!!
でもちょっと反則って感じだな〜。秋田美人は〜(笑)!!
ルナ☆
2005/05/28 21:03
父は秋田出身だけど東京で暮らした事も有ったそうだし、
母は東京出身で、商売の為に、わざと秋田弁使ってるみたいだけど、
まさに文字を読んでるみたいな発音で、不自然なんだよ。(^_^;)
秋田美人はコーカサスの血が混ざってるとか、前にTVで見た。
あと、年間の日照時間が少ないから色白…ってのも聞いた事あるけど。
もやしの原理ね(≧▽≦)
私も白いけど、シミ・ソバカス体質で困ってるよ(ToT)
すかんく
2005/05/29 14:34
■すかんくさん
東京出身のお母さんに秋田弁は難しかったでしょうね〜。
きっと秋田生まれじゃないってすぐにばれちゃうんだろうなぁ〜!!
じゃあ、すかんくさんちはお父さんが秋田美男だったんだね!!
秋田の人は綺麗な顔立ちしてていいよね〜。
シミ・ソバカスでもいいよ〜!!すかんくさんはこれから日焼け注意ね!!
ルナ☆
2005/05/29 22:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
邂逅の森☆感想文 月色はらっぱ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる